山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2007年12月04日

新しい皮袋には、新しい酒を

新しい皮袋には新しい酒を、ということでしょうか。一新された当社のホームページに、社長の日記というか、ブログを載せたいと、HP担当者の声。前から、もっと親しみやすい、動きのある、楽しいホームページにと注文をつけていた身として、いやとは言えず、そんなものは毎日でも書くと、大見得を切ってしまったのです。後の祭り。

11月17日(土)、第40回YBC読書感想・体験「本の森たんけん」の表彰式が、山形市中央公民館大会議室で行われました。当社も主催者であり、YBCの前川局長さんのあいさつに続いて、私が表彰状を手渡しました。特選、入選に輝いたお子さんは、晴れやかな中に、緊張した面もちで賞状を手にしていました。付き添いの保護者の方々や先生方も、誇らしげに写真を撮ったり、ビデオを回したりしていました。

10月25日、この4月に行われた全国学力調査の結果が発表されました。予想どおり、山形県の子どもたちの学力が高いことが明らかになりました。山形の子どもたちの学力は、なぜ高いのでしょう。それは、子どもたちが本を読み、自分の考えをしっかり持つ機会がたくさんあるからです。学校では、先生方自身が本を読み、本を読むことの大切さを指導し、読解力を育んでいるからです。そして、家庭や地域では、子どもたちの読書推進に意欲的な大人がたくさんいて、子どもたちが本に親しむ機会をつくっているからです。

%E3%81%95%E3%81%96%E3%82%93%E3%81%8B%20002-1.jpg

審査委員を代表して、日本国語教育学会山形支部会長の鈴木栄三先生の講評がありました。その中で、このコンクールに参加した子どもたちは、とても大切な体験をすることができた、それは、前年度に出版された本の中から選りすぐった指定図書を読んだこと、その本を読んで、一人一人がじっくり考えたこと、その考えを、自分のことばで表現したことだと、お話してくださいました。そして、そのための機会を提供しているこのコンクールの役割と40回を数える歴史の重みをほめていただきました。

ほめていただくとうれしいもので、「よ~し、YBC読書感想・体験『本の森たんけん』、もっともっといいものにするぞ! 春の『学校図書展示会』や『子どもの読書活動推進セミナー』でも、山形の子どもたちがたくさん本を読むことができるようにするお手伝い、がんばるぞ!」と、拳を握ったのでありました。

2007年12月13日

「楽しく」、「若々しく」、「心を合わせて」演奏する

10月末、大正琴の東北大会参加のため、郡山に行ってきました。といっても、当社と大正琴の関係を知らない方もおいでかと思いますので、若干、ご説明しましょう。

昭和61年2月、山形教育用品のカルチャー部門として、大正琴の山形教室が開設されました。以後、上山、村山、新庄、酒田、南陽と、県内全域に教室が開設され、翌年、昭和62年8月には、琴城流大正琴山形県愛好会の第1回発表会が、山形市中央公民館(アズ七日町)で開催されました。14の教室から156名が参加しました。

もっとも会員の多かったときは2000人近くでありましたが、21年目をむかえた現在、会員の方は約1200人です。月に2回、教室に集い、大正琴の音色を楽しみ、仲間と語り合い、楽しいひとときを過ごしています。県大会も行われますが、毎年、東北大会にも、たくさんの会員が参加します。昨年は仙台市、今年は郡山市と、バス4台を連ねて旅行をするのも大きな楽しみなのです。

今年は、山形支部は、4つのステージ。置賜地区の「あずま」グループが「碑(いしぶみ)」と「くちなしの花」の2曲、山形地区から新庄地区までのグループ「ラ・フランスの香り」が「大脱走のマーチ」と「花の首飾り」の2曲、山形地区の「ピープルやまがた」が「恋のしずく」と「ダイアナ」の2曲を演奏しました。県内の指導員がつくるグループ「鈴木家の人々1代目2代目」は、「愛のメモリー」と「YOUNG MAN」を演奏しました。

%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E7%90%B41-2.jpg

「鈴木家の人々1代目2代目」とは妙な名前だと思うでしょう。大正琴では、「名取」という指導者になりますと、「名取名」をいただきます。それがたとえば「鈴木琴晶(すずききんしょう)」のように、すべて「鈴木」の名前をいただきますから、その「鈴木」の名前をいただいた1代目と2代目のグループです、という意味なのです。

4つのステージはどれも見事な演奏でした。特に最後の指導員の皆様の演奏は、「YOUNG MAN」に黒田章久さんの歌も入り、大観衆の手拍子と身振り、手振りも加わり、大いに盛り上がりました。観客と一体となったステージは、「楽しく」、「若々しく」、「心を合わせて」演奏するという、山形の大正琴愛好会が目指すものでありました。

それにしても、皆さん、本当にたくさん、おみやげを買いますね。つられて私も「薄皮まんじゅう」を買いました。大正琴を、あなたも始めてみませんか?

2007年12月17日

「師走」には「師」のために走っています

この季節になると、「いよいよ師走で、先生方もたいへんですね」なんていう会話が聞こえてきたりします。私も学校に勤めておりましたので、よく言われて、「そうなんです、忙しくて」などといっておりました。12月に、先生方は本当に忙しいのですが、でも、先生はあまり走らないのです。「師走」の「師」を「先生」と考えてそう言うのでしょうが、学校の先生のことではないようです。では、だれが走るのかと調べてみると、お坊さんの意味の「師」ではないかという説がありました。

お坊さんは、お盆と正月前には檀家をまわってお経をあげます。たくさんの檀家をまわるものですから、師が走るということで、師走となったというのです。なるほど、確かにこの時代ですから、足で走ってはいませんが、車で走ったり、中には、ヘルメットをつけて、衣をたなびかせて、バイクで走っておられる師も、お見かけします。でも、それならどうして、8月は師走ではないのと言う声が聞こえてきそうです。

%E3%81%95%E3%81%96%E3%82%93%E3%81%8B003-1.jpg

いろいろインターネットを探していたら、仕事が終わる、「為(し)が果(は)つ」が語源だというものがありました。なるほどと思いました。我が社は、1月から12月までの1年を事業年度としております。したがって、毎年、12月が「為(し)が果(は)つ」となるのです。そうなのです。走るというなら、我が社の社員こそが走るのです。

昔の人は本当に偉いというか賢いというか、歳の終わりの節目に特別の思いを込めました。その節目のはじめには、「さあ、師走だ、目標どおり良い結果となるように仕事を終わすぞ!」と気合いを入れます。そして、その終わりには、「今年は、良い仕事ができた。よくがんばった。でも、もっとできる、来年は、ここをがんばるぞ!」と振り返るのです。

師走のこの時期、教育用品の社員一同、今年一年の締めくくりに、それこそ「為(し)が果(は)つ」、「為(し)が果(は)つ」と走りまわっております。山形の子どもたちのために、山形の学校、先生方のために「最高のものを、優れたものをお届けする」、そういう気持ちで、師のために走っております。

2007年12月19日

月山はきれいだ!

昨日、今日と、月山がとてもきれいに見えています。あんまりきれいなので、今日はカメラを準備してきたのです。格好の場所がありました。内緒で教えますが、済生病院の駐車場です。目の前に広がるたんぼの向こうに、月山が見事に見えます。

この時期、空気が澄んで、遠くの山々がくっきりと見えます。月山も、もう麓まで雪をかぶって、ゆるやかな美しい曲線を見せています。インターネットでは、「月山、標高1984m、楯状火山」と出てきますが、私が知っている月山は、「標高1980m、アスピーテ式火山」です。知識というものは、かわるものなのです。

%E6%9C%88%E5%B1%B101.jpg

山岳信仰の山として、昔は、15歳になると、元服の儀式の一つとして、月山登山が行われたそうです。その名残なのか、私が勤めておりましたある学校では、毎年、月山登山をしていました。6年の主任をしていましたある年、登山の前日から猛烈な雨が降り、これは中止かというような朝、やっと小降りになりました。天気予報ではこれから晴れるかもしれないという一縷ののぞみにすがって、「月山登山に出発!月山は行くと晴れ!」と大きな声であいさつをしました。その当時、月山は1980m(イクトハレ)だったのです。そして、登山は見事に晴れた青空の下で行われたのでした。

月山は、昔からアスピーテ式火山という名前で覚えてきました。中学校だったのか、高校だったのか忘れてしまいましたが、火山には、コニーデ式火山、トロイデ式火山、アスピーテ式火山がある、それぞれこのような形ということで、コニーデ式火山は富士山や鳥海山、トロイデ式火山は昭和新山、アスピーテ式火山は月山、と覚えたものでした。

ところが、です、なんと、今はこの横文字のアスピーテなどの言葉は使わないのだそうです。コニーデ式火山は成層火山、トロイデ式火山は鐘状(しょうじょう)火山、アスピーテ式火山は楯状火山というのだそうです。せっかく覚えていた私の火山についての大事な知識をどうしてくれるのだ、どうして使わないのだ、誰が決めたのだ、などと息巻いてみてもしかたがありません。形からの名付けより、形とでき方をも考えた名付けがよいとする学会によるとか。

夕日に染まる月山を撮りたくて、済生病院の駐車場に車をとめて、刻々とかわる月山を眺めていました。残念ながら、今日は夕日に染まる前に、雲に隠れてしまったようです。自然(事実・事象)はかわらないけれど、それについての知識は変わるのですね。知識って、いつまでたっても、事実を示すことはないのかもしれません。

2007年12月21日

あきんど魂

新しい皮袋といえば、このたび、学校と教育用品をつなぐ小冊子「教育フロンティア」も、装いを新たにします。「教育フロンティア」は、めでたく51号を迎えることになりました。昭和61年9月の創刊号以来、平成8年12月の32号まではA5版で年3回の発行でした。表紙は県内の美術の先生に、まさに描きおろしの作品で飾っていただきました。

平成9年5月の33号からは、大きくなってB5版で年2回の発行、表紙は、「学校美術館」として、学校所蔵の絵画で飾っていただきました。その後、新年号のみの、年1回の発行となっておりましたが、このたび51号を迎えるにあたり、学校、そして先生方と私たち教育用品とのつながりがより豊かなものになりますよう、「教育フロンティア」の紙面を一新し、年3回発行することといたしました。

%E6%A8%B901.jpg

過日、その51号の特集の座談会を行いました。テーマは『山形の教育と教育用品・半世紀の歩み』です。石垣貞次郎社長、村越拓功会長、逸見亮社長、村上恒昭社長、佐藤俊助会長、佐藤尚宏社長の歴代の会長、社長に集まっていただき、それぞれの時代における教育界の出来事、教育用品の事業、その苦労話などをお話しいただきました。

石垣貞次郎社長は、当社第5代社長です。昭和46年から50年までお勤めいただきました。その当時を振り返り、「当時は、何とかして先生方とのつながりをつくろうと、商売は二の次にして、ある者は先生とピンポンをする、またある者はテニスをする、野球をする、そういう社員の必死の姿を見て、これこそ『あきんど魂』と、感動したものです。」と話してくださいました。

そういえば、私も、教育用品チームとソフトボールをしたことがありました。地区の教育関係団体や学校とのレクリエーション大会のソフトボール大会でした。私は教育事務所チームで、教育用品チームには負けるものかと戦ったのです。今思えば、某支店長や某課長もいたなと思い出すのですが、その試合で、私は見事に右足アキレス腱を切り、病院に担ぎ込まれたのでした。教育用品の選手は、本当に必死でしたね。

石垣社長の話を聞いて、私たちが、今、学校におじゃまさせていただき、先生方とお話しさせていただくことができるのは、先輩が培った先生方からの信頼があるからなのだと、つくづく思ったのでありました。先生方、先輩の皆様、ありがとうございます。ついでながら、新しいフロンティアも、よろしくお願いします。

2007年12月28日

どうぞ、よいお年を!

今日は我が社も御用納めです。お昼、ささやかに年越しそばを食べて、社内をきれいにして、年末の休みに入ります。そばを食べながら、こんなお話をしました。

来年は子年です。ある雑誌を見ていたら、ねずみは大国主命(オオクニヌシノミコト)のお使いという記事を見つけました。「日本書紀」に、大国主命が野火の危機にあい、それをねずみが救ったという神話があるそうです。それで、大国主命を祀る京都の大豊神社は、狛犬ならぬ狛鼠(こまねずみ)を鎮座させているのです。その狛鼠は、右は学問を表す巻物を持ち、左は豊穣や薬効を象徴する水玉(酒器)を抱え、子宝を育んでいる形も表しているそうです。その狛鼠の土鈴(どれい)を販売しているというのです。

土鈴収集家の私は、即座に、大豊神社に電話をしました。なかなか出ない、ついに留守電。2回目。なかなか出ない。1時間後の3回目。無事つながって女性の方。「お送りします。FAXで申し込んでください。」それはそうだなと、すぐFAX。

%E7%8B%9B%E9%BC%A001.jpgそして、なんと、次の日、宅配便で届いたのでありました。狛鼠土鈴1組、狛鼠絵馬1枚、「大豊神社由緒略記」まで送っていただいて、少々送料は高かったけれど、こんなに早く。感激!
狛鼠はもちろん、大豊神社もすっかり気に入って、京都の哲学の道にあるその神社、来年は必ずお参りに行くと決めたのでありました。

この狛鼠を手に入れたからには、来年は、学問成就、商売繁盛、健康増進、子宝に恵まれ子孫繁栄…、間違いありません。皆様にも、おすそわけ。写真をご覧ください。

どうぞ、よいお年をお迎えください。

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
どうぞ、よいお年を!
あきんど魂
月山はきれいだ!
「師走」には「師」のために走っています
「楽しく」、「若々しく」、「心を合わせて」演奏する
新しい皮袋には、新しい酒を
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650