山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年01月05日

あけましておめでとうございます

あけまして おめでとうございます。
%E5%8D%97%E5%A4%A901.jpg

今日は、山形教育用品の第53期の始まりの日です。全社員、一堂に会して、仕事始めの儀を、にぎにぎしく執り行いました。私たち山形教育用品社員一人一人が、今年の目標を明確に語り、その実現を誓い合いました。

中央教育審議会より、いよいよ学習指導要領改訂の答申が出されます。11月26日の日本経済新聞に、中央教育審議会、梶田叡一教育課程部会長の寄稿がありました。

これからの学校教育が目指すものは、「確かな学力」を基盤とした「生きる力」だ、学校は、一人一人の子どもに、その力を責任を持って育成していく場にならなくてはならないと述べています。そして、基礎的基本的な事柄について体系的な知識と理解を持ち、それを基盤として思考し判断できる力を身につけると同時に、自分なりに探求し追求していって、自分で納得できる結論を獲得できる態度と能力を持つ子どもを育てて欲しいと述べています。

これだけ読むと、現行指導要領(平成10年告示)と同じだなあと思ってしまいます。そうなのです。学力の基本的な考え方がそう簡単に変わるはずはないのです。

具体的に変わるのは、国語や算数・数学、社会、理科など、授業時間数が増えること、小学校では、英語学習が入ること、国語に易しい古文や漢文が入ること、中学校では、体育でダンスと武道が必修になること、高校で理科や地歴公民などの科目構成が変わることとあります。

「教育改革の波に動じることなく、目の前の子どもたちに着実に力をつけていきます」という年賀状をいただきました。

山形の教師の底力を感じ、山形の子どもたちの幸せを思い、うれしくなってお屠蘇がすすみました。

今年も、よろしくお願いします。

2008年01月11日

今年の抱負

1月5日、仕事始めの儀のあと、全社員で今年の抱負を語り合いました。

会社としての目標達成のため、具体的な活動をどう工夫し、どう展開するか、たくさんのキーワードが出されましたが、それを私なりに大きく三つに分けてみました。

一つは新しいシステムのもと、アイディアを出し合い、連携して目標を達成しようというものです。「教育の振興と発展に寄与する」という我が社の大目標は当然変わりませんが、日進月歩、日々変わらないものはない世の中です。社会の変化に対応して、会社も変わらなければなりません。今年、我が社は大きくシステムを変えました。目標達成のために、今年、私はどうするかというとき、去年と同じ私ではだめなわけです。「私を変えます」「私たち、変わろう!」という熱い思いが語られ、頼もしく感じました。

%E6%A8%B902.jpg二つ目は、子どもたちの未来を応援する会社として、学校に、先生方に信頼される会社、社員になろうということです。学校におじゃまし、先生方のお話を聞かせていただく、先生方に話を聞いていただく仕事です。先生方のお役に立つため、しっかり勉強して人間力を高め、万全の準備をして訪問するというていねいな仕事をしようと、本当に前向きで、うれしくなりました。

三つ目は、何をするにもまずチームの和を大切にし、明るく楽しい雰囲気の職場をつくろうということでした。それぞれの個性を大事にし、互いの立場を理解し、補い合うなかで、創造的な仕事への意欲やチャレンジ精神、そして団結心を持ち、目標を達成しようというものです。やる気十分な社員です。

「初詣に行って、自分のこと、家族のことをお願いしたついでに、会社の繁栄をお願いしました。おみくじを引いたら、私は小吉で、夫は末吉、ついでに引いた会社の分は、大吉でした。“儲かります!”とありました。」

正月そうそう、うれしい話でした。今年は良い年になりそうです。いや、良い年にしなければ!

2008年01月17日

大正琴は総合学習

庄内地区大正琴新春お弾き初めのため、酒田に行って来ました。山形発7時の高速バスで行きました。順調に眠って、月山第二トンネルを過ぎた当たりで目を覚ましたら、なんと、猛吹雪。一寸先も見えない。一瞬、月山道の悪夢が頭をよぎりましたが、見事な腕前の運転手さんで、なんの心配もいりませんでした。
 
バスは、鶴岡で高速道路をおりるのですが、町中は除雪の真っ最中で大混乱。バスはなかなか進みません。今年はじめての大雪の日に、庄内を訪れたのでありました。1時間遅れて会場に到着。会場には、何事もなかったように、大正琴の調べが流れていました。

%E5%BA%84%E5%86%85%E5%BC%BE%E3%81%8D%E5%88%9D%E3%82%812.jpg

大正琴の新春お弾き初めは、県内、19の会場に分かれて行われます。どの会場にも行きたいのですがそうも行かず、今年は4つの会場で勘弁してもらっています。そのうちの1つ、庄内会場では、富樫春夫先生が教えてくださって、お弾き初めの真っ最中でした。今年のお弾き初めの練習曲、『おぼろ月夜』『牧場の朝』の2曲、あっという間にアンサンブルができました。さすが、庄内地区のみなさん!

「大正琴は総合学習です。弾き方を理解するにも、歌の歌詞を理解して演奏するにも、国語の力が必要です。数字譜はまさに算数、数学。音程や音の長さを正しくとらえるのは算数。曲の背景や時代を知らないとよい演奏はできません。それは社会科です。音の強弱や振幅、弦の押さえ方など、理科の知識も必要です。リズム感は体育です。大正琴を弾いていると、そういういろんな勉強ができて、頭が訓練されてかしこくなるのです。情操教育という側面もあります。ほんとうにいいですね。」と、富樫先生。

会員のみなさんも、うんうんと頷きながら聞いていましたが、ほんとうにそうなのです。大正琴は、頭を活性化させる、とってもよいものなのです。大正琴を楽しむ庄内の会員のみなさまは、その後の懇親会で、活性化された姿、若々しい姿を十分に発揮して、総合活動を楽しんでおりました。

「会長!庄内さ来たら、歌うだて、踊りおどらねばならねもんだ!」という声で、私も、『きよしのズンドコ節』を踊らせていただきました。たのしかったなあ。

2008年01月24日

おかげさまで、表装部門、大忙し!

書き初め展を間近にして、表装部門は大忙しです。
当社マーケティング開発部に、表装部門があります。表装、表具というと「職人」という感じがしますが、そうなのです、まさに当社の「職人」が、心を込めて制作しているのです。
子どもたちの作品が多いのですが、一般の表装・表具も行っております。書道家の作品の掛け軸、書や絵画を額に入れる額装もあります。学校では、ほかに、校歌や標語の額、卒業記念の巻物、掲示用の校章、黒板、掲示板、案内板など、大小、素材にかかわらず、ご要望をお聞きして制作にあたっております。
%E8%A1%A8%E8%A3%850801.jpg
さて、表装室はおかげさまで、これから仕上げる仮巻きと子どもたちの作品でいっぱいです。「職人」だけでは足りなくて、マーケティング開発部の部員が総出でお手伝い。仮巻きの補修など、「職人」の手がなくてもできる仕事を手伝います。
書き初め展用の表装は、まず、子どもさんの作品のしわ伸ばしと裏打ちから始まります。このとき、作品に霧吹きをするのですが、使われている墨汁によっては滲んでしまって霧吹きできないことがあります。作品を見て、使われている墨汁を見抜くのも「職人」の仕事です。次に、仮巻きに貼り付ける「あし」をつけて、裁ち落としをします。
%E8%A1%A8%E8%A3%85%200801-2.jpgいよいよ仮巻きに張ります。ここからが「職人」の職人たるところ。1ミリ違っても「なんかへんだなあ」と思う感性がなければつとまらないのがこの仕事。佐々木小次郎のようになが~い定規を、宮本武蔵のように2本使って、それでも足りなくて、宍戸梅軒のように曲がり尺まで使うのです。1枚の仮巻きに4枚の作品を貼る位置をそうやって決めて、専用アイロンで「あし」をちょんちょんと、仮にとめます。定規をはずして「職人」の目で見て、「よし!」とアイロンをかけます。完成。
こうやって3人の「職人」は今日も、子どもたちの作品がより輝くようにと、心を込めるのです。

完成した掛け軸の子どもたちの作品、どの作品もそれぞれ見事に違っていて、いいなあ。低学年の硬筆の作品、小学校の3年生から中学校の『真理の探究』まで、誰よりも先に見せていただいて、山形の子どもたちの書写はすごい!と、うれしくなりました。

2008年01月28日

新学期に学校にお届けする商品の研究会が盛んです

我が社は学校と共にありますから、実に季節感のある職場です。あまり当たり前すぎて、教員をやっておりましたときには感じられませんでしたが、学校はほんとうに季節と共に動いています。今はさしずめ、スキー学習やスキー教室、そしてまもなく高校入試、そして卒業に向けた取り組みと続きます。

あるとき、教育事務所に勤めましたら、それがない、入学式も、卒業式も、春の遠足もプール開きも、春も冬も関係なく、仕事だけが進んでいきます。せいぜい、仕事始めと納め、そして辞令交付式くらい。昼休みには、事務所近くの学校の周りをせっせと散歩したものでした。

我が社にはあるのです。学校からは、季節感のある問い合わせをいただいて、季節感のある注文をいただいて、季節感のあるお届け物をさせていただけるのです。それがうれしいのです。

1月26日は、新学期、子どもたちが心躍らせて取り組む新しい学習のお手伝い、力の付く楽しい学習になるように、選びに選んだ小学校教材の研究会です。先生方に聞かれたら、喜んでお話できるように、ロールプレーイングもやりました。

ロールプレーイングは学校でも、教育相談などで取り入れられています。企業では、特に営業スキルを高めるために行われます。ねらいは、お客様との良好な人間関係をつくること、特に、お客様のニーズを理解し、満足を提供できるようにすること、そのためのコミュニケーションのとりかたを学ぶことです。

%E3%81%B2%E3%82%88%E3%81%A9%E3%82%8A01.jpg

大勢のギャラリーの前で役割演技をするわけですが、これがなかなか勇気が要るもので、私なんかは、少人数のグループでもはずかしくて、うまくできませんでした(学校の研修会でよくさせられました!)。特に一番バッターはたいへんです。26日の我が社の一番バッターはたいしたものでした。注文がたくさん出されましたが(課題を引き出すためにやるのだから、出てきて当たり前!)、みんな、とても勉強になりました。その成果をもって学校におじゃまします。よろしくお願いします。

堂々たる一番バッター、ギャラリーがあんなにたくさんいても、あんな見事なショットを打てる石川遼君みたい。6億円もゆめではない!

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
新学期に学校にお届けする商品の研究会が盛んです
おかげさまで、表装部門、大忙し!
大正琴は総合学習
今年の抱負
あけましておめでとうございます
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650