山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年02月04日

「福は内、鬼も内」

今日は立春。暦の上では、今日から春です。それなのに、今日は格別寒い!米沢ではマイナス11度だって! 置賜地方のみなさん、お見舞い申し上げます。

早く暖かい春が来るといいなあと、そういう思いを持ち続け、必ずくる春を信じてひたすら待つ、それが雪国の人。自分自身の力ではどうしようもない大きな自然の力をいつも感じて、自分にできることをこつこつとねばり強くやり続けるのです。

立春といえば、その前日は節分。節分といえば豆まきです。みなさん、豆まきをやりましたか。鬼をしっかり追い出して、福を内に招き入れましたか?

ところが、「鬼は外!」といわないところがあるのだそうです。「福は内、鬼も内。」というところもあるそうですが、山形でも、高畠町では、「鬼は外!」と、いわないのかも知れません。浜田廣介記念館の入り口では、「こころのやさしいおにのうちです。どなたでもおいでください。おいしいおかしもございます。おちゃもわかしてございます。」と『泣いた赤鬼』が迎えています。

%E3%81%93%E3%81%B6%E3%81%9701.jpg

立春とか節分の豆まきとか、何をのんきなことをいっているのかと怒られそうなのが、東京あたりのお受験。2月1日が中学入試のピーク。その日から、発表、受験、発表、受験…、と続くのだそうです。1日受験の発表が2日の午前中で、それを見て午後からまた受験…。なんと、2月1日(金)、「杉並区内のある小学校では6年生の半数が受験のため欠席。教室は閑散としていた。」(毎日新聞)とのこと。登校している子どもたちの気持ちは…。

山形では考えられないことが起こっている東京あたり。その東京あたりのことが常識となって進められる教育改革。それでいいのかなあ。

雪が降ったら雪にあわせて暮らし、すべって転んだりせず、立春には春を思い、節分には「福は内、鬼は外。」と豆をまきながらも、「福は内、鬼も内。」と思う子どもをつくる山形の教育の方が、まともなように思うのだけれど、どうでしょう?

『強く やさしい 男の子  やさしく 強い 女の子』 浜田廣介先生のお言葉です。

2008年02月13日

冬芽はつやつや、準備万端怠りなく

あんまり天気がよくて暖かいので、樹木の冬芽の写真を撮りに行きました。もう春ですと言いたくなるような陽ざしと青空。この暖かさはこたえられないなあ。
%E5%86%AC%E8%8A%BD01.jpg

冬芽とは、寒い地方の樹木に見られる越冬戦略の一つだそうです。ようするに、次の年の新しい葉や花になる芽を寒さから守るための工夫の一つが冬芽なのです。そのための仕組みに、「芽鱗(がりん)」と呼ばれる芽を包むものがあります。

楊枝に使われるクロモジの冬芽は、二つの玉がついた西洋の短剣のようです。春になると短剣のさきが割れてみどりの葉が伸びてきます。それを合図に、二つの玉もそれぞれ割れ、中からは、たたみ込まれていた10個ほどの黄緑色の小さな花が、そろそろと顔を出します。

ミンクのしっぽの先のような冬芽は、コブシです。やわらかなそれこそ上等な毛皮のコートを着て、暖かそうです。これから、どんどんふくらんできて、やがてコートを広げて中から真っ白なドレスをのぞかせます。

まさにうろこのような芽鱗を何枚も重ねたようなのがトチノキの冬芽です。何枚も重ねているうえに、とろとろの油を出して光っています。これはあったかそうです。一体何枚のうろこがあるのでしょう。

ということで、持ち帰った冬芽をカッターで解剖して、冬芽の中の様子と芽鱗の枚数を調べてみることにしました。我ながら物好きだなあと思いながら。

クロモジ、短剣(葉)の芽鱗は3枚、玉(花)の方の芽鱗は1枚、冬芽の中は、葉も花もすっかりできあがって、葉と花のミニチュアのようです。

コブシ、芽鱗は毛皮のもの1枚、でも中にもう一枚毛のないものがありました。それも芽鱗でしょうか、またはがくでしょうか?花びらもしっかりできていて、茶筅(ちゃせん)のようなおしべとめしべもはっきりしていました。
 
ところで、トチノキですが、ものすごく苦労しました。カッターでも切れないほどのべたべたの樹脂に、カッター1本台無しになり、私の手もべとべと。それでも悪戦苦闘の末、なんとか調査結果が。芽鱗は12枚、中は真綿だらけで、まだ葉らしきものはなし。

雪国の木々たちは、それぞれ自分に合った冬支度をして、花を咲かせる日のために、豊かな実りの日のために、準備万端整えているのです。

2008年02月20日

「東京あたり」の教育???

「東京あたりのことが常識となって進められる教育改革。それでいいのかなあ」と、2月4日に書いたら、2月11日(月)日経の19面、教育欄。

まず「数字は語る」で、「首都圏小6、6人に1人受験」と題して「四谷大塚」のグラフを載せていた。「受験者1人当たり併願校数は6.08校」「国・私立中への進学熱は加熱する一方だ」 という記事。………なんか変じゃない? 6.08校も志願するってことは公立中でなければどこでもいいってこと? 残る6人のうちの5人はどう思っているの?

同じ面の「まなび再考」、ベネッセ教育研究開発センターが実施した第4回学習指導基本調査の結果について、お茶の水女子大耳塚教授が書いている。「5年前に比べ、年間授業時数は増加し、また毎日宿題を出す小学校教員が86%から94%に増えた」「自分で調べることを取り入れた授業を心がける小学校教員は、54%から35%へと激減、表現活動を取り入れた授業を心がける中学校教員も1割減った」………どうしてそうなるの? 山形の先生方はそんな風には変わらないと思うよ。

%E3%81%A8%E3%81%A101.jpg

さらに同じ面の「挑む」。塾の関係者が書いているコラムなのか、最後に(橋)とサインがある。「高2の受講相談」「将来左右、責任を痛感」の見出し。「東京の高校生は複数の塾・予備校を使い分けている場合が多い」「平日は近所の塾に通い、土曜は都心まで出てくる」「塾によって受験を奨める大学が異なることが少なくない」「進学したい学部・学科、将来つきたい職業も含めてじっくり話した」とのこと。………だれが責任者なの? 学校の先生は何をしているのかなあ。業者テスト廃止なんていう以上のひどい状態になっているような気がするのだけれど。

さて、教育欄のメインは「早大、小学校教員を養成」です。「私立大学として最初の教育学部を設けた早稲田大学にとって、教員養成の焦点は中等教育、中学・高校の教員養成にあった」「中等教育における問題の原因をたどると、その多くが初等教育、小学校教育にある」だから小学校教員の養成に乗り出すという。教職大学院も認可されたとか。………小学校教育に原因があるのではなく、大学の在り方、入試制度に原因があると思うのだけれど、文部科学省、認可するの? それに、教員養成大学が多くて再編を迫り、教育学部をなくした県、大学があるのに、私大に認可するの? 教職大学院まで?
 
と、まあ、「東京あたり」のことを目標にして、地方ももっとがんばりなさいと言わんばかりの新聞記事であります。ほんとうにそうなのだろうか? 「山形あたり」の教育、子どもたちの方が、ずっとまともな気がするのだけれど。

2008年02月26日

倚(よ)りかからず

所用で鶴岡に行きました。天気がよくて月山道は快適です。路面はかわいていてなんの心配もありません。もっとも、運転していたのは私ではありませんが。

月山第2トンネルを抜けたあたりから、周りの雪が急に多くなってきました。朝日インターでおりて鶴岡に向かうと、雪が降り出し、家々の周りにもたくさんの雪があり、「内陸よりも多い! こんなこともあるんだ」と、へんな感心をしてしまいました。ときどき雪が風に舞い、庄内地方はどんよりとした雲に覆われていました。

%E7%99%BD%E9%B3%A501.jpg

庄内地方といえば、詩人とか、作家とか、文学者が育つところなのでしょうか。その作品が教科書にも登場する吉野弘さんや、今も人気の藤沢周平さん、佐高信さん、昔は、『三太郎の日記』の阿部次郎さん、その甥の名随筆家、阿部譲さん、さかのぼって学者、文人を数え上げたらきりがないでしょう。

私の好きな詩人、茨木のり子さんは大阪生まれですから、庄内で育ってはいませんが、お母さんが庄内三川町のご出身、ご主人は鶴岡出身のお医者さんだそうです。いまは加茂の海を見下ろす高台のお墓で、ご夫婦で安らかに過ごしておられるそうです。

茨木のり子さんの作品に、『倚りかからず』があります。この詩の中で、茨木さんは、できあいの思想や宗教、学問には倚りかかりたくないといい、そして、次のように言います。

もはや
いかなる権威にも倚りかかりたくはない
長く生きてきて
心底学んだのはそれぐらい
じぶんの耳目
自分の二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある
倚りかかるとすれば
それは
椅子の背もたれだけ

庄内の雪空を見上げながら思ったのです。茨木さんも、根っからの庄内人なんだと。庄内の人は倚りかからないのです。地吹雪ふきすさぶ庄内の地に生き、歴史の荒波を乗り越えて心底学び、庄内の人が倚りかかるとすれば、それは、椅子の背もたれだけなのです。

2008年02月28日

円周率は3.14か?

昨日は株主総会でした。寒い中、またお忙しいところをお出でくださった株主の皆様に心からの感謝を申し上げます。ありがとうございました。

そのときの挨拶で、新学習指導要領の話をしました。2月15日に案として公表され、次の日の新聞に取り上げられました。日本経済新聞では、1面に「理数系、最大3割授業増」の見出し、3面に「脱ゆとり路線くっきり」の見出しの後に、「『円周率3.14』やはり徹底」の小見出しがありました。

円周率については、現行学習指導要領5年算数に、次のように書かれています。まず、指導内容として、「円周率の意味について理解すること」「円の面積の求め方を考え、それを用いること」とあります。そして、「内容の取扱い」というところに、「円周率としては3.14を用いるが、目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮するものとする」とあります。

これだけのことだったのですが、当時の新聞各紙は、「これからは円周率を3と教える」と書き、一部の教育学者が、それを鵜呑みにし、指導要領を読むこともせずに、ゆとり教育の象徴として批判したのでした。

私はその頃学校に勤めておりましたので、保護者の皆様に、このマスコミと一部教育学者の誤りをただしておりました。指導要領には「円周率としては3.14を用いる」と書いてあるのだから、子どもたちには「3.14」と教えます、その上で、たとえば、グラウンドに巻き尺2メートルを半径にして描いた相撲の土俵のおおよその面積を求めるときは、2×2×3=12、およそ12平方メートルだということを教えるのです、と。

%E7%99%BD%E9%B3%A502.jpg

3.14という数も実はおよその数であって、円周率は永久に続く無理数です。それで「3.14を用いる」というように、「~を用いる」と、この場合決めているだけです。どんな場合でもこの3.14でなければならないものではありません。ですから、そんなに吟味するものでなければ「3」として計算してもよいわけです。「目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮する」とはそういうことを教えるという意味で、広がりのある教え方なのです。

このたびの改訂では、「円周率は3.14 を用いるものとする」だけの記述となり、「目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮する」という記述が消え、逆に硬直した教え方になることが危惧されます。円周率は正確に3.14ではないのです。

もっとも、山形県の先生方は、3.14の持つ意味を丁寧に教えますから、心配はいらないのですが。

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
円周率は3.14か?
倚(よ)りかからず
「東京あたり」の教育???
冬芽はつやつや、準備万端怠りなく
「福は内、鬼も内」
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650