山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年03月07日

兄の一言

山形県教職員組合刊行の『山形の子ども』第35集をいただきました。毎年、楽しみにして読ませていただいております。山形の子どもたちの優れた作品が載っています。各学年の扉の版画に始まり、巻頭の詩、作文と、どれも見事な作品です。読み応えがあります。

この作品集には、巻末に特集として、教育文化資料館収蔵の文集が紹介されています。これも楽しみの一つです。今年は、田中新治さんの「山の子 1」が紹介されていました。

「山の子 1」は、昭和12年7月に発行された、田中新治先生ご指導による吉野高等小学校高等科一年男女組の文集です。鈴木実先生の解説から引用します。

「この文集は、3つの学校から集まった生徒たちを一学期間かけて、これからどんな勉強をどんな風に一緒にやっていくかを、田中新治という担任が実践し、それをこれからの教育に活かしていくためのスタートとしてまとめた、貴重な実践の記録です」

「冬の夜」という作文があります。「冬のことでした。母のゐない夜兄がこたつにあたって何か本を讀んでゐました。弟はもう寝てしまった。私が戸棚をあけてみると………」と続きます。宮沢賢治を思わせるような書き出しです。

「私」は戸棚の砂糖を見つけて食べます。それを、帰ってきたお母さんに気づかれ、叱られ、弟のせいにしますが、それも気づかれて叱られます。その様子を見ていた兄が弟を諭す、作文の最後のところはこうです。

うそかたったことをなさけけなく思ひ、こたつにもぐると兄は「なー二男、高等科一年になると『人知れず思ふこころのよしあしもてらしわくらん天地の神』といふのを一番はじめにならふぞ」といってくれた。私は自分の悪かったことを後悔しながら目をとぢた。    

%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A6020.jpg

兄の一言がいいですね。また、「後悔しながら目をとぢた」弟の二男君もいいですね。山形には、こんな清らかな、美しい、そしてあたたかい『冬の夜』がありました。温風ヒーターなんかのない、こたつにもぐり込むくらしがありました。お母さんだけで、お父さんは今は家にはいないというくらしがありました。家族の心が通い合うくらしがありました。

田中新治は、文集の「あとがきに」こう書いています。「自分の家で蚕でいそがしい時に遊んでゐたり、働くのをいやがってゐたりするのは山の子ではない。自分の家のくらしのことも考へず、品物を丁寧に使わないのも山の子ではない。自分が生きてゐる生活の土台のことを心に刻んでおかなければならない。文集をとほして」

道徳教育の教科化を叫ぶ人たちは、知らないだろうなあ。この、山形の教育の伝統を。

2008年03月10日

世界中の人がエイミーなら、戦争は起きないのに

スペシャルオリンピックスの山形大会が終わりました。今日の山形新聞には、「力を出し切り喜び満開」の見出しのもと、はち切れんばかりの笑顔が、それこそ満開でした。

スペシャルオリンピックスを題材にしたドキュメンタリー映画、『ホストタウン エイブル2』を見たことがありました。2003年6月、アイルランドのダブリンで、第11回夏季世界大会が行われました。そのとき、スペシャルオリンピックス日本の名誉会長細川佳代子さん(山形大会でもあいさつ)が製作総指揮となり、小栗謙一監督が製作・編集した映画です。

日本の選手のホストファミリーとなったのは、ダブリン郊外のニューブリッジという小さな町の人たちでした。映画は、その町に住む18才のエイミーとその妹のリンジー、そして家族を、日本選手との交流を通して描きます。

エイミーは知的障がいを伴うダウン症です。いつも笑顔で元気いっぱいのエイミーは、自分の意志で養護学校から普通学校に編入し、将来はセレクターになるという夢を持ち、電話受付の勉強をしています。

電話が来ます。エイミーは、張り切って電話に出ます。「ハロー!」すかさず先生の声が飛びます。「エイミー、ハローだけでは駄目でしょ! 私は~です、でしょう!」何度も繰り返します。泣きながら、何度も繰り返します。できるようになります。笑顔になります。

次は、電話の保留の仕方です。電話が来ます。エイミーは、張り切って電話に出ます。「ハロー! 私は~のエイミーです。」受話器を置いて立ち上がるエイミーに、すかさず先生の声が飛びます。「エイミー、ハロー、私は~のエイミーです、だけでは駄目でしょう! ~先生をお呼びします。少しお待ちください、といってから、保留ボタンを押して、それから迎えに行くのでしょう!」何度も繰り返します。泣きながら、何度も繰り返します。できるようになります。笑顔になります。

%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%A202-1.jpg

この映画は、毎日、少しずつできるようになるエイミーと、毎日少しずつできるようになってスペシャルオリンピックスにやってきた世界中のスペシャルアスリートたちへの讃歌です。映画の終わりに、エイミーのお父さんが言います。

「世界中の人がエイミーなら、戦争は起きないのに」

山形大会でも、たくさんの「できる(able)」が生まれたことでしょう。参加したアスリートたち、そして上山高等養護学校の生徒をはじめとするたくさんのボランティア、その一人一人の「できる(able)」に心からの拍手をおくります。

2008年03月17日

去来と芭蕉、義仲

京都の新学社を訪ねました。ワークブックやテスト、ドリル、問題集、資料集などの小中学校用の学習教材や月刊の家庭学習教材、幼児向けの学習絵本などを刊行している会社です。我が社では、主に中学校の教材を扱っており、たいへんお世話になっております。

新学社には文化承継室というものがあります。そこでは、京都嵯峨にある落柿舎を管理・運営しているのです。落柿舎には、以前訪れたことがありました。私の好きな京都の一つでありました。落柿舎を案内していただきました。

落柿舎は、元禄の俳人、向井去来の庵として有名です。去来は芭蕉の門人で、その芭蕉に、「洛陽に去来ありて、鎮西に俳諧奉行なり」と称えられたといわれています。芭蕉がもっとも信頼した高弟でした。

この去来の庵に芭蕉が訪ねてきて、そこで書いたのが『嵯峨日記』だそうです。なんか、国語か日本史で習ったような気がします。また、去来が、師匠の俳諧の神髄を伝えるために書いたのが『去来抄』です。この中に、師の句「行春(ゆくはる)を近江(おうみ)の人とおしみけり」を解釈した一文があります。

あるとき、芭蕉が、この句について、「弟子の尚白が、この俳句の近江は丹波でもいいし、行春は行歳でもいいんじゃないと言っているけど、おまえどう思う?」去来は「尚白のいうことはおかしい。近江だから琵琶湖が朦朧として、その今日だから、行春を惜しむでなければならない。まさに先生のこの言葉、行春、近江が感動をよぶのです。」といいます。芭蕉は「去来、おまえほど風雅を語ることができるものはいないなあ。」とことのほか喜んだそうです。

%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9E01-1.jpg

芭蕉のこの句「行春を近江の人とおしみけり」の句碑が、大津の義仲寺にあります。義仲寺は木曽義仲が討ち死にしたところにつくられました。木曽義仲は平氏討伐の挙兵後、日の出の勢いで平氏の大軍を破り、京都に入って『朝日将軍』と呼ばれました。これは歴史で習いましたね。その後、義仲は、源頼朝、義経らと戦い、討ち死にしてしまいます。

討ち死にした地に「無名庵」がつくられ、巴御前がねんごろに供養したので、そこは、巴庵や義仲寺と呼ばれるようになったそうです。やがて、江戸時代になり、芭蕉は木曽義仲の生涯にいたく感動し、無名庵を時々訪れました。そして、そこがすっかり気に入って「骸(から)は木曽塚におくるべし」と遺言し、義仲寺に葬られました。

この義仲寺も、じつは、新学社文化承継室が管理・運営しているのだそうです。芭蕉と去来、そして芭蕉と義仲、二つの関係を結びつける「行春を近江の人とおしみけり」。

「行春」のころ、きっと「近江」に行くぞ!

2008年03月26日

卒業式に行って来ました

前に勤めた学校の卒業式に行って来ました。見事に晴れて、暖かい、絶好の卒業式日和。このごろ、年のせいでめっきり涙もろくなり、まずこの好天に、校長先生はどんなにうれしいことかと、目頭が熱くなりました。

今年の卒業生は、私が赴任した年に入学した子どもたちです。私も一緒に入学したことになります。そのことはとても大きなことで、卒業証書をいただく子ども一人一人の1年生の頃が浮かび、それだけで涙が出てきます。あの時のあの子がとか、まったく話すことができなかったあの子がとか、もう涙、涙です。困ったものです。

この学年が6年の総合学習で、「カンボジアを助けたい」という活動を展開しました。カンボジアに行った中学生からの話や、カンボジアの写真から受けた衝撃を語り合い、子どもながらに何かしたい、カンボジアの子どもたちを助けたいという気持ちになったのでした。できることから始めようと、募金活動と、ベルマーク集めに取りかかりました。

%E3%82%AD%E3%83%96%E3%82%B701-1.jpg

「欽ちゃんの仮装大賞」で優勝すれば200万円もらえると、それに挑戦して、みごと、2次予選までは通過しました。カンボジアについて学んだことの発表と、資金を集めるためのフリーマーケットを行うフェスタを、七日町で行いました。そして、なんと、17万円も集め、寄付したのでした。

卒業式の中で、校長先生の励ましの言葉に、来賓の祝辞に、そして卒業生の呼びかけにも、人のために、あきらめずに、今できることを、仲間と力を合わせて取り組んだ姿が語られていました。式場は、すがすがしさと感動でいっぱい。私はまた涙したのでありました。

そのような、最後までなげださずになにかに取り組んだ子どもたちの卒業式が、山形県のたくさんの学校で行われて、子どもたちは巣立っていきました。
子どもたちのりりしい姿を見ながら、鎌田實さんの本『なげださない』(集英社)の「あとがきにかえて」の一節を思い出しました。

この国の最高責任者が、この国をなげだしても、ぼくたちは、なげださない。
防衛省の偉い人が、ゴルフをしたいためにこの国をなげだしても
ぼくたちはこの国が好きだから、この国をなげださない。

なげだしてはいけないものがいっぱいある。
家族も友達もなげださない。とても大切なものだから。
現実の世界だけで生きていくのは寂しいから、夢や希望や志をなげださない。
子どもたちが安心して生きられるように、この国をなげださない。
教育をなげださない。
いのち、環境、平和をなげださない。
かけがえのないものをなげださない。

「なげださない」子どもたちが着実に育っている山形の未来は、明るい!

2008年03月31日

ショウジョバカマとハナゾロ

3月17日のブログに、ショウジョウバカマの写真を載せました。日曜日、とあるところで、白花のショウジョウバカマを売っていましたので買ってきました。純白の美しい花で、これはこれで気品があるなあと思いました。

%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%81%AA%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%81%B0%E3%81%8B%E3%81%BE01-1.jpg

ショウジョウバカマは、「猩々袴」と書きます。「猩々」は、中国の伝説上の動物で、人のように言葉を話し、赤い顔をした人間のようで、とても酒が好きだといわれています。花を、その赤い顔に見立て、葉の重なり具合が袴で、「猩々袴」と名付けられました。私と似ているところがあります。

植物の名付けには、ほんとうに優雅なものがあります。ショウジョウバカマと同じ頃、カタクリが咲き出します。このカタクリは、その昔、カタカゴと呼ばれていました。大伴家持の有名な歌に、「もののふの 八十娘子ら(やそおとめら)が 汲みまがふ 寺井の上の かたかごの花」があります。

「もののふ」は「八十」の枕詞で「たくさんの」の意味。大勢の娘たちが水をくんでいる、その井戸ばたに咲いているかたかごの花がなんと美しいことか、という歌。「かたかご」は花の様子を籠に見立て、それが傾いていることから「片籠」と名付けたといわれています。

ちょっと傾けたかごみたい、なんて、ほんとうにすてきな名前です。私たちのご先祖様の感性にうれしくなります。同じように、「ショウジョウバカマ」も、あの花の様子を、見たことはないのだけれど(想像上の動物だから)、こんな感じに違いないと、「猩々袴」と名付けたご先祖様に、まさに乾杯です。

ところが、買ってきた白花のショウジョウバカマには、なんと、「白花少女袴」と名札が付いていたのでした。「う~ん」と思わずうなってしまって、「そうなんだ、こうやって、植物の名前って、変わっていくんだなあ」と感心したのでした。

ずうっと昔、技能技師さんが入学式の飾り花にするといって、たくさんの桜と「ハナゾロ」の枝を校庭から切ってきて水につけ、花を咲かせました。それは見事な飾り花でした。まだ枝だけの「ハナゾロ」がなんの花なのか、私には全く分かりませんでした。見事に咲いたその花は、「ハナズオウ」でした。

「ハナズオウ」を聞き誤って「ハナゾロ」となり、それが広まってしまったのでしょう。でも、あの花の付き方は「ハナゾロ」です。その昔、その花の色が「蘇芳(すおう)に似ていることから名付けられたのですが、「蘇芳」があまり使われなくなった今では、「ハナゾロ」もいいかな、と思ったものでした。

「白花少女袴」も、見れば見るほど、少女のような愛らしい、そして清らかな気品をたたえていて、いい名前だなあと思ってしまいます。

これからは、白花に限り、「少女袴」ということにしません? 赤花は、これまでどおり、「猩々袴」ということで。

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
ショウジョバカマとハナゾロ
卒業式に行って来ました
去来と芭蕉、義仲
世界中の人がエイミーなら、戦争は起きないのに
兄の一言
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650