山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年04月04日

雪とけて 村いっぱいの 子どもかな

「県教育の独自性出そう」
新学習指導要領が告示された次の日、3月29日、山形新聞社説の見出しです。「学校現場への影響は考えたのだろうか。改正案公表からわずか一ヶ月での修正」で始まり、告示間際のどさくさに紛れての修正を、厳しく指摘しています。

新学習指導要領は2月15日に案として公表されました。案に対して公に意見を求めたところ、それをパブリックコメントというのだそうですが、寄せられた意見は5,679件だったそうです。そのうちの94件について、意見とそれに対する回答が示されています。

その94の中に、確かにありました。山新社説が取り上げている、「我が国と郷土を愛し」との文言を加えること、君が代を「歌えるよう指導する」こと、という修正がありました。ほかに、たとえば、移行措置、30人以下学級の実現、図書館の充実、学校5日制、大学入試の改革、総合的な学習などについて意見と回答がありました。

この修正について、渡海紀三朗文部科学相は、「総則に(愛国心を)書いた方が教育基本法改正の趣旨が生きるとの意見があったので(修正を)判断した」「バランスを欠く意見は排除したつもり」と述べたそうです(毎日新聞)。パブリックコメントに対する意見と回答、これは文部科学省のHPにありますが、その回答そのものが「バランスを欠いている」ように思うのは私だけでしょうか。

山新社説では、「新指導要領を丸のみして、そのまま現場におろすのでは、教育の軽視だ」といっています。「指導要領の押しつけでは、子どもたちときちんと向き合えない。何を教えて、何を引き出すのか。本県独自の教育行政が強く求められる」として、第五次山形県教育振興計画の目標、「知徳体が調和し、『いのち』輝く人間の育成」、や「やまがた教育『C』改革」に期待をよせています。

%E3%82%AD%E3%82%AF%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%82%A4%E3%83%81%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%82%A607-1.jpg

さすが山形新聞です。そうなのです。学習指導要領が、どう修正されようとも、我が山形県の教育は、少しもゆるがないのです。もうすぐ入学式。学校では、新しい子どもたちを迎える準備とともに、新しい、平成20年度の教育活動の計画、準備に余念がありません。今年度一年間、ともにすごす子どもたちを思いながら、胸をどきどきさせて。山形の先生方はみんな、そうなのです。

子どもたちと出会う日がもうすぐやってきます。一人一人の子どもとのきちんとした向き合いの中で、教えること、引き出すことを判断した教育活動が展開されていくことでしょう。学校は、また、子どもたちの笑顔と元気な声でいっぱいです。

雪とけて 村いっぱいの 子どもかな     一茶

2008年04月08日

「小学校外国語活動」と「C」改革

文部科学省ホームページに、「小学校外国語活動サイト」なるものが登場しました。新学習指導要領に登場した「外国語活動」は、「音声を中心に外国語に慣れ親しませる活動を通じて、言語や文化について体験的に理解を深めるとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育成し、コミュニケーション能力の素地を養うことを目標」とすると書いてありました。

このサイトには、『英語ノート』の試作版として、5年生と6年生のそれぞれ9レッスン分の指導計画や授業の資料がのせられており、ダウンロードして使うことができるようになっています。なお、「指導要領第4章外国語活動」には、「外国語活動においては、英語を取り扱うことを原則とすること」とあります。

6年Lesson 3では、「カレンダーを作ろう」というタイトルのもとで、第1時には「日本の行事や特徴を確認し、行事の行われる月の言い方を知る」第2時「自分の誕生日を言う」第3時「月日について訪ねたり応えたりして、誕生日カレンダーを作成する」第4時「作成した誕生日カレンダーをもとに、誕生月を紹介する」という計画が示してあります。
「使用表現等」という欄には、「When is your birthday? My birthday is March third. 」

このようなレッスンが、全部で18示されています。一つ一つとても楽しく、またどう展開すればよいか分かりやすくて、先生方は便利だろうなと思います。これに合わせて、絵カードやCDもあります。完璧です。もう、4月から授業できる!

でも、これでいいのかなあと思ってしまいます。「今日はカレンダーを作ります! 日本の行事で、何か知っているものはありませんか?」「お正月です」「七草です」「節分の豆まきがあります」………。楽しそうですが、子どもたちは、「あれ、今、どうしてカレンダーつくらなければならないのかなあ」とは、思わないのでしょうか?

指導要領第4章外国語活動「指導計画の作成と内容の取り扱い」には、「児童や地域の実態に応じて」や「体験的な理解を図る」「児童の興味・関心にあったもの」「外国語の堪能な地域の人々の協力を得る」「国際理解に関わる交流等を含んだ体験的なコミュニケーション活動を行うようにする」などの表現があり、子どもたちが学ぶ必要感を持ち、実感や感動が行き交う授業となり、生きる力が育まれることを求めています。

%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%82%BD%E3%82%A601-1.jpg

4月7日の山形新聞、「山口常夫県教育長インタビュー」は『「生きる力」はぐくむ 培うコミュニケーション力』の見出しで、まさに、新しい外国語活動が目指すものを我が山形県は、「C」改革として行うのだということを謳っていました。

「C」改革を実践する山形の先生方は、このたびの英語ノート(試作)もこのまま教えるのではなく、地域の実態や求めに応じて、子ども一人一人としっかり向き合い、子どもたちが求める学びとなるように単元を構成して授業を行うことでしょう。

外国語活動のねらいは、あくまでも英語にあるのではなく、「コミュニケーション能力の素地を養う」ことにあるのですから。

2008年04月10日

入学式に行って来ました

4月9日は、たくさんの小学校で入学式が行われたようです。天気にも恵まれ、暖かな春の陽ざしが、新入生を祝福しておりました。入学式の主役はもちろん新1年生です。体育館正面に緋毛氈のひな壇が作られ、新1年生はそこに並び、在校生と対面します。

新1年生の後ろ、体育館のステージの背面には国旗、そして、校旗と大きな飾り花。演壇はステージを降り、ひな壇の左右に一つずつ置かれています。正面に向かって左側には校長先生はじめ学校の先生方、右側には来賓が並びます。挨拶は、新1年生を見上げる形で、フロアーに置かれたそれぞれの演壇で行われました。

%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%9301-1.jpg

新1年生が主役です、ということを形にすればこうなるという式場です。開式の言葉に続いて、「国家を歌いましょう」という司会の言葉、オーケストラが重々しく前奏を奏で、国歌を歌いました。一生懸命に歌う在校生、保護者、来賓と好対照に、驚いたような顔でじっと聞き入る新1年生の顔が印象的でした。

4月4日のブログに、『君が代を「歌えるよう指導する」こと、という修正』について書きました。主旨は、パブリックコメントとして一部の意見により書き換えられたいくつかの項目は、本当に全国の実態に即したものなのだろうかということでした。山形の学校の入学式では、まさに、しっかり歌う在校生の姿とこれから歌えるようになる新1年生の姿とがありました。

私が担任したずっと昔の新1年生に比べ、今の新1年生は大人だなあと改めて思いました。ちょろちょろ動き回る子どももいませんし、おしゃべりもしませんし、もちろん、泣いたりわめいたりする子はいません。そのわけを、私は知っています。

それは、伝統なのです。山形の学校では、学校生活で行われるあらゆることを、人との関わりの中で心を込めて行うように、具体的な関わりの場で、繰り返し、厳しく指導されます。入学式は、新1年生を心を込めて迎える式であり、お辞儀をするのも、国歌や校歌を歌うのも、お話を聞くのも、すべて、新1年生のためだということを、在校生はもちろん、保護者も、地域の人も分かっているのです。

そういう雰囲気、君たちを待っていた、とてもうれしいというたくさんの人々の思いが、式場にあふれ、新1年生をつつみこみ、新1年生は一人でにしっかりするのです。

最後に、在校生が見事な合唱をプレゼントしました。去年の新1年生だった2年生は、それこそ元気いっぱい、そして上級生と心を合わせて歌っていました。1年間、たくさんの人との関わりの中で生活して成長した姿です。新1年生を迎える喜びにあふれ、心を込めている姿です。

ますますしっかりと歌に聴き入る新入生を見ていて、歌うということはこういうことなのだ、子どもが育つということはこういうことなのだと、改めて思いました。

2008年04月15日

桜が咲きました!

春の遅い山形でも、いよいよ開花宣言。とうとう桜が咲きました。開花を宣言するには、標準木という桜の木があって、その木で判断するのだそうです。山形地方気象台の方が12日9時ころ、敷地内にあるソメイヨシノ、これが標本木、これを見たところ、5、6輪咲いていたので、開花宣言となったそうです。

担当の方は、あちこちからくる開花情報にやきもきしながら、毎日、そのソメイヨシノを見ていたのでしょうね。山形市でも、ある幼稚園の桜は早いとか、そういえば、我が社の社員も、大の目から二口橋の通りの桜はもう満開のようだといっていましたが、そういう話を聞くたびに、その担当の方は焦ったでしょうね。気象台のこの桜、今年はひょっとして咲かないのではないか、私の立場はどうなる、なんて。よかったですね、咲いて。

桜といえば、花の様子を表す昔ながらの言葉がいいですね。つぼみ、咲き始め、三分咲き、五分咲き、満開、散り始め、花ふぶき、葉ざくら。いにしえの我がご先祖様の豊かな感性を、またまた誇りに思うのです。

満開まではほかの花でも当てはまるのですが、散り始めとなると、もうほかの花ではいけません。ましてや花ふぶき。ほかの花でもあり得ないことではないのですが、花吹雪は桜でしょう。あらかた散ってしまう頃には葉っぱも出てきて、ああ、もう桜は終わるのかと、そんな気持ちも表して、葉ざくらという。ほんとうに、ご先祖様、にくい!

桜が咲くのを待ちわびる日本人の心を味わいたくて、会社の帰りに、馬見ヶ崎川のほとりを歩きました。このあたりは新興住宅地で、堤防の桜もまだ若いのですが、それでも元気よく咲き初めです。いずれ上流の桜堤のように、みごとな桜ロードとなり、ライトアップもされるかしらと思ったとたん、「ピー」と一声。

%E3%81%B2%E3%82%88%E3%81%A9%E3%82%8A%EF%BC%90%EF%BC%92-1.jpg

ヒヨドリがこれまた元気よく飛んできて、咲き初めの桜の枝にとまりました。とまってすぐに、むしゃむしゃと、それこそおいしそうに、咲き初めも、つぼみもお構いなしに食べ始めました。ヒヨドリは、そうなのです、我が家にもやってきて、大事にしていたシデコブシのつぼみを食べ尽くし、今は、塀際の一輪だけが、さびしく咲いているのですが、春の花が大好きなのです。

ヒヨドリも、桜の咲くのを待ちわびる日本人、いや日本鳥だったのです。ちょうどカメラを持っていましたので撮ろうとしますが、それはちゃんと見ていて、とっても迷惑そうに「チッ」と鳴いて、隣の桜に移ります。追いかけてまたカメラを構えると、「チッ」。とうとう高い電線に飛んでいきました。

同じ日本人として、悪いことをしたかなあと思って振り返ると、もう桜に戻って食べていました。さくらを愛でる日本人、さすがです。私たちのためにも、少しの桜、残しておいてくれよ!

2008年04月25日

変換ミス

山形の春は百花繚乱。遅い春を待ちわびて、桜前線が北上し、桜が咲いたと思ったとたん、ほかの花も、一斉に咲き始めます。

遠くに雪をいただく山々、その前の山々は木々の若芽がいくようにもみどりをつくり、そのあいまに、こぶしが目にもあざやかな白を、山桜がうす桃色を置いています。道の土手には、スミレがいくつかの紫を、イチリンソウは濃い紫から純白まで、パッチワークのように色を置いていきます。美しい季節です。

20日は穀雨でした。次は早くも立夏です。インターネットで調べてみましたら、「田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ」とありました。畑仕事にはよい季節ということで、喜々として鍬をふるうS先輩の姿が浮かびます。

それはそれとして、「こくう」と打って変換キーを押したところ、はじめに出てきたのが「虚空」でした。よくありますね、変換ミス。これが公文書だったりすると悲劇です。この変換ミス、なんと、「変換ミスコンテスト」なるものがあると新聞に出ておりましたので、これまた、さっそく調べてみました。

日本漢字能力検定協会というところで募集したものだそうです。「年間変漢賞」は、「遅れすいません。回答案です」を、「遅れすいません。怪盗アンデス」だそうです。会議の資料をあわててメールで送ったときのタイトルだそうです。遅れた上に、何をふざけてと、怒られたでしょうね、さぞかし。

そのほかに、「リスト表を送ります」が「リスとヒョウを送ります」に、「お客様用トイレ」が「お客彷徨うトイレ」などがありました。私も「リスト表を送ります」を打ちましたが、「リスとヒョウ」と変換になりました。みなさんも試してみてください。

「お客様用トイレ」は、「彷徨う」とは変換されませんでした。「お客」としてから「さまよう」と打ちますと変換されます。意図的変換ミスでしょうか。

%E3%83%9C%E3%82%B102-1.jpg

意図的といえば、あるラジオ番組で、無着成恭さんが、意図的変換ミス、洒落として「コウキコウレイシャ」を、「私の場合は『高く貴い』の『コウキコウレイシャ』だ」と言っていました。そういえば、光輝高齢者も、香気高齢者も、興起高齢者も、PCではでてくるなあとうれしくなりました。

悪名高き「後期高齢者」であります。「私もついに後期高齢者になりました」と、肩を落としておっしゃる先輩の言葉を何度となく聞きました。そうおっしゃる先輩には、「いやあ、高貴高齢者になりましたか。さすがに光り輝いていますね。おめでとうございます」と言いましょう。そして、光り輝く先輩には、金一封が出て当然です。

そういう制度こそ必要なのにとおっしゃっているのですね、無着さん。

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
変換ミス
桜が咲きました!
入学式に行って来ました
「小学校外国語活動」と「C」改革
雪とけて 村いっぱいの 子どもかな
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650