山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年05月02日

「答え探し屋」

連休で暇をもて余しているわけではありませんが、4月22日に行われました全国学力調査第2回目の問題を見てみました。文部科学省ホームページには、「全国的な学力調査」というサイトがあって、そこに、20年度のテスト問題(A、Bとも)、正答例、どんな問題か、出題の主旨、学習指導要領との関連、評価の観点、問題の形式が分かる「調査問題一覧表」、採点の仕方が分かる「解答類型」が載せられています。

まず、小学校国語を見てみました。全部の問題をさらっと見て、「あれ、なんか変だな」と思いました。A問題とB問題が似ているなあ、確かにB問題は記述式が多いけれど、でも、なんか変だなあ。

去年のB問題にこんな問題がありました。二つの資料、資料1は8段落の読み物資料、資料2は帯グラフの資料ですが、この資料をもとに4つの設問があります。その最後の問題は、いわゆる正答のない、自分の「見たり、聞いたり、読んだり、体験したりしたことなどをもとにして」書く問題でした。

同じ出題意図と思われる今年の問題では、「図書館だより」の資料を提示して4つの設問がありました。記述式の問題として、2番目の問題、「80字以上100字以内」で「あなたの発表」を書きなさいというものがありました。

ところが、「あとの条件に合わせて書きましょう」とあり、その条件に、「話し合いのテーマに合わせて、グラフから分かったことと、それをもとにして考えたことを書くこと」と「木村さんの発表の内容と同じにならないこと」とありました。

「あなたの発表」とあるのに、この条件では、解答例にあるとおり、「一日に読書を全くしない6年生は、約20%もいるので、・・・」と書くしかないではありませんか。それでは、「あなたの発表」にはなりません。

「読書時間を増やすこと」という話し合いのテーマから、木村さんの発表と重ならないようにして、自分の体験をもとに考え、書く力を見る絶好の機会なのに、どうして、昨年の出題のようにしなかったのでしょうか。

%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%82%AD01-1.jpg

なんとなく変だなあと感じたのは、こういうことでした。きちんと答えがある問題になったのだなあということです。おそらく、昨年度は、こういう問題の採点で相当苦労をしたのでしょう。だから、あんなに遅くなってしまったのでしょう。

でも、だからといって、内容としての正解のある問題だけの調査にしてしまったら、AとBは同じになってしまいます。全国の教室では、それこそ指さしではありませんが、「答え探し屋」をつくる授業ばかりになるでしょうね。

山形県の国語教室は、秋保光吉先生以来、「言葉」と「言葉を発する主体」を育てることを大事にしてきたので、「答え探し屋」はいません。だから、国語学力が高いのです。

2008年05月08日

夏です!

5月5日は立夏でした。暦の上では夏なのです。どうりで暑いなあと思いました。今、我が家の庭ではタカネバラがやさしい花を咲かせています。夏です。

この花は、親戚のOさんからいただいたものですが、むかし、千歳山や龍山にはたくさんあったそうです。今もおそらく、ひっそりと咲いているかもしれません。千歳山にたくさんあったといえば、ヒメサユリも、たくさんありました。

千歳山は、私の小さい頃の遊び場で、夏の日盛りには、昆虫網を片手に走って行って、たくさんの昆虫を捕まえてきたものです。そのついでといってはなんですが、手に抱えられないほどのヒメサユリを、得意げに母に差し出したものでした。

ヒメサユリは、千歳山のお稲荷さんの左右に分かれる山道の、その斜面にいやになるほどたくさん、咲き乱れておりました。だから、私が抱えられないほどのヒメサユリを、数回とったとしても、今の千歳山のヒメサユリの絶滅とは無関係であります。

それは、他のヒメサユリの群生地が、ことごとくなくなってしまったことを見れば明らかです。上山の西郷二小の裏山とか、忠川池のまわりの山々とか、高瀬地区とか、西山形地区とか、本当に、近くの山々の斜面の明るい樹陰には、どこにも咲いていたのです。

私が思うに、これは、たくさんの心ある人々が絶滅を心配していろいろ手を尽くしても、なんともならなかったのです。そうです。地球温暖化のせいです。地球全体がまだまだ寒かった頃、ヒメサユリはふつうにあったのです。そして、私たちのふるさとがまだまだまともだった頃、最後の花を咲かせていたのです。そして、ついに、・・・。

%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8D%E3%83%90%E3%83%A903-1.jpg

タカネバラも、同じ運命をたどりつつある植物に思えてなりません。まだ我が家で、それでも元気よく葉を伸ばし、つぼみをつけ、花を咲かせてくれています。タカネバラは、すぐに花びらを落としてしまいます。やっと花を開き、虫たちを呼び寄せる甘い香りを発し、日中せいいっぱいに花びらを伸ばし、伸ばしたついでにはらりと落ちてしまいます。

あの淡紅色の色といい、一重の花びらといい、そしてはらりと落ちるその姿といい、えに言われぬ優美さを感じます。バラといえば色とりどりの、豪華絢爛たるイメージです。それは西洋のバラです。日本のバラは違います。ノイバラといい、ハマナスといい、このタカネバラといい。

タカネバラを見ていると、日本人でよかったなあと、しみじみ思うのです。もちろん、西洋のバラはバラですてきです。でも、あのバラを見ても、日本人でよかったなあとは思わないではありませんか。

我が家には西洋バラもあるのですが、Oさんは見向きもしません。そういえば、Oさんは、娘さんに「たかね」という名前を付けたのでありました。 

2008年05月13日

羅生門のような

立夏も過ぎて、暦の上では夏だと書いた次の日から、毎日寒い日が続いております。みなさま、風邪など引いていないでしょうか。気温の変動がこうも激しくては体が追いついていきません。みなさま、お大事に!

タカネバラとヒメサユリのことを書きましたが、またまた花の話。この時期、とても変わった花が咲いています。「ラショウモンカズラ」という植物です。漢字では、「羅生門蔓」と書きます。「蔓」は「つる」のことですから、「羅生門のようなつる性の植物」ということでしょう。でも、「羅生門のような」とはどんなものでしょうか。

%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A901-1.jpg

植物の名前の由来を説明している図鑑として、『牧野新日本植物図鑑』が有名です。それによれば、「羅生門蔓の意味で、太い花冠を京都の羅生門で渡辺綱(わたなべのつな)が切り落とした鬼女の腕になぞらえていったものである」とあります。

「なぞらえていった」とありますが、誰がそう言ったのかは今となっては分かりませんが、この花を見て、羅生門の物語を思い出し、切り落とした鬼女の腕を連想した人の想像力に感嘆します。

羅生門のお話はいろいろあります。有名なものは、芥川龍之介の『羅生門』、黒澤明監督の映画『羅生門』、そして、この植物の名前の由来となった渡辺綱の『羅生門』があります。
渡辺綱は平安時代の武将で、大江山の酒呑童子や羅生門の鬼を退治したという逸話が残されています。

渡辺綱の武勇は、昔から謡曲や本になったりしてずっと語り継がれてきたのでしょう。今の子どもたちがイチローに憧れるように、昔の子どもは渡辺綱が羅生門の鬼とたたかう錦絵なんかを宝物にしていたのでしょう。だから、昔の人は、「羅生門のような」といえば、「ああ、渡辺綱の鬼退治か、なるほど、そう言われればその腕にもみえるなあ」と思うのでしょう。

でも、今の人は違うのです。「羅生門のような」といえば、「羅生門的アプローチ」なのです。この言葉は、アメリカ・イリノイ大学の教育学者、アトキン先生が、黒澤明監督の『羅生門』をみてつくり出した言葉だそうです。

「ああ、ものごとはクロサワのごとく多様に見なければならない。羅生門は一つだけれど、前から見たり、後ろから見たり、上から見たり、下から仰ぎ見たり、見る角度によって全く違うものに見えてくる。子どもも、見る者の立ち位置や見る角度、見る視点等によって見え方がちがうのだ!」

「羅生門のような」見方による教育、「羅生門のような」見方でいっぱいの学校、「羅生門のような」見方のできる教師。そうです、山形の子どもたちは幸せです。

2008年05月15日

「学校図書展示会」に行ってきました

三川町の「文化館なの花ホール」に行って来ました。現在、当社の「第38回学校図書展示会」を、県内4会場で開催しております。そのうちの庄内会場です。

「学校図書展示会」は、昭和46年に始められました。当時の社長石垣貞次郎先生は「そのころは本自体がありませんでした。よい本を図書館に入れたい、そういう思いが学校にはありましたが、本を手にとって内容を見て選ぶということはできませんでした」と話しておられます(当社PR誌「教育フロンティア」51号)。

tenji08-1.jpg

会場いっぱいに展示された本を、先生方はほんとうに真剣に見て、メモして、またメモを見て本を見て…。先生方は、本を見ている一方で、子どもたちの顔をうかべ、今ある図書館の本を思いうかべ、予算の額を思いうかべて必死なのです。

メモしてきた本の値段を調べて欲しいとメモを手渡す先生もいます。今年どんな本を入れたいか、学校で先生方にたずねてきたのでしょう。担当の者が急いで調べます。子どもたちに、楽しい本、よい本を1冊でも多く届けたいという先生方の気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

そんな先生方のお姿を見ていましたら、5月12日の新聞記事を思い出しました。「財政難学校図書費を“浸食” 全自治体交付金の2割流用」という山形新聞の記事です。

「学校図書館を充実させるため、2007年度に国が全国の市町村などに交付税として財務措置した図書購入費約200億円のうち、実際に自治体が本の購入に予算化したのは78%にとどまり、20%超に当たる約44億円がほかの目的に使われていたことが10日、文部科学省の調査で分かった」

子どもの給食費や教材費をほかに使ってしまって払えない、そんな親が増えているそうですが、なんか、似ているなあ。国は図書館の図書を買いなさいと200億よこした、そのうち44億をほかのものに使ってしまった、そんなことしていいのかなあと、子どもたちは素直に思うでしょう。子どもたちに、うそをついているような気がするなあ。

%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%82%A603-1.jpg

13日の新聞には、「教材費も3分の1“流用”」という記事が載りました。「教材費、おまえもか」と言いたくなるような、そんな憤りを感じたのは、私だけではないでしょう。

道路は「特定財源」なのに、図書費も、教材費も「特定」ではありません。どうやら、教育は、道路よりも大事ではないようです、この国では。

図書費では山梨県が139%、教材費では東京都が165%と、国の予算を上回っているところがあります。我が山形県は、図書費は58%、教材費にいたっては39%です。教育なんか金のある人のものよ、と言わんばかりです。それでいいのかなあ。

夕方の展示会場には、たくさんの本と出会い、子どもたちに届ける本を選び終わり、にこやかに話す先生方の笑顔がありました。

2008年05月20日

久しぶりにのんびりと

久しぶりにのんびりと過ごす土曜日。庭の草取りなんかをしていたら、イトトンボが飛んできました。ずっと以前から、このあたりに毎年飛んでくるクロイトトンボです。といっても、毎年同じクロイトトンボが飛んでくるはずはありませんから、どこかこのあたりで毎年発生するところがあるのでしょう。

イトトンボは、見るからにきゃしゃな体で、つうい、つういと飛んではとまり、飛んではとまりをしています。それだからでしょうか、私には、かわいいというイメージがしっかりと定着していたのです。

オニヤンマなんか見てみなさい。あの大顎ときたら、指なんか食いちぎりそうです。あのくるくる回る大きな目玉にしても、潜水艦の潜望鏡のようで、どんな敵でも餌でも見逃さないという風体です。

そのイトトンボが、よく見ると口に何かをくわえているのです。それは彼の頭より大きなガガンボでした。それとばかり家に飛び込んでカメラを手に取ると、「ガガンボを食べるクロイトトンボ」の撮影会を始めました。

%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

ガガンボはこの時期、庭のあちこちをふわふわと飛び回っています。ガガンボもなにか食べて栄養はつけているのでしょうが、どうにも力が入らないような飛び方ですから、こんな小さなイトトンボにも捕まってしまうのです。

このイトトンボ、よほどお腹が減っていたのでしょうか、すごい勢いで食べ始めました。ガガンボの長い羽や足に苦労しながらも、瞬く間に胴体は飲み込んでしまいました。500ミリの望遠をマクロにして覗いていると、かわいいはずのイトトンボの顔はオニヤンマと同じでした。

もう30年以上も前になるでしょうか、写真家の柴田文夫さんに、今神御池(いまがみおいけ)に連れて行ってもらいました。今神温泉から山道を登り、急に開けた御池。うっそうとした森の中、しんと静まりかえる池、深い緑の水面は鏡のようでした。ほとんど日の光も差し込まない、風も流れない、そんな鏡の水面を、何かが飛んでいました。

あざやかなコバルトブルーのイトトンボが、私たちのまわりをたくさん飛びまわっていたのでした。ちょうど産卵期だったのでしょう、中には2匹つながったものもいます。その中に、なんとハート型の2匹がいました。

オスはメスの首筋をしっぽの先でぎゅっとはさみます。メスは腹部をくるりと曲げて、その先をオスの腹部にしっかりつなぎます。それがルリイトトンボの交尾だったのです。即座に、「ハートをつくるルリイトトンボ」撮影会が行われたのでした。

今神御池では、今日も、ルリイトトンボがハートをつくっているのでしょうね。

2008年05月23日

一括りし差別

「75歳以上一括りし差別 後期高齢者医療制度 無神経な官製政治」と、久しぶりに胸のすくような見出しの記事に出会いました。5月21日の山形新聞夕刊です。北沢栄氏の「思考の現場」の論文です。

4月25日のブログで、無着成恭さんが「後期高齢者」を「高貴高齢者」と言っていたということを書きました。そうしたら、北沢氏も、「なにより『後期高齢者』という呼称が、この制度の官製ぶりを照らし出す。本来なら、もっと人間的な法律の呼び名が考えられたはず。どうせなら『後期』ではなく、長寿を称え『高貴高齢者』とでも呼ぶべきであった」と。

氏は続けて、「官僚が無神経に人の意気を挫く法律用語を考え、その不快な響きの役所用語を平気で採用した政府を、高齢者はどう受け止めるであろうか。福田内閣は同制度施行前にその反応すら、想像もしなかったのだろう。驚くべき“鈍感内閣”と言うほかはない」と厳しいのです。

氏は、この制度の問題点は、「老人を若い層から隔離して一括りに扱う『差別の考え』と『厄介者視』に基づいていることだ」と言います。その「一括り」は、「高医療費世代」という括りであり、その意味からでしょうか、65歳から74歳までの重度障害者もこの括りに入れられています。重度障害者をも一括りで差別する制度なのです。

%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%82%AD03-1.jpg

「一括り」と言えば、教育界にも、「不快な響きの役所用語」がたくさんあります。その筆頭が「指導力不足教員」でしょう。文部科学省は、『「指導力不足教員に関する人事管理」に関する調査研究事業』というものを、平成12年度から始めたのです。

この調査研究事業を通して、平成16年度にはすべての都道府県、政令指定都市で「指導力不足教員に関する人事管理システム」というものが作られました。今では、各県ごとのシステムで、指導力不足教員の「認定」、指導力不足教員に対する「措置」が行われています。

なんか、一括りして、こういう人たちだ、何とかしなければと差別しているようで、なんか似ているなあ。制度があるから何とかして「指導力不足教員」を「認定」しなければ、なんてならないでしょうね。

なお、山形新聞声欄に、大阪市の浜野義四郎氏が「新医療制度の名変更は粉飾」の題で投稿していました。国民の非難にあわてた厚生労働省が「後期高齢者医療制度」を「長寿医療制度」と名前を変えたのは「本質的な問題から国民の目をそらそうとする一種の粉飾」と断じています。

85歳の浜野さん、本当にお元気で、見事な論理の展開、たくみな表現力、まさに高貴高齢者です。

2008年05月26日

フェニックス君、がんばれ!

「火星探査機『フェニックス』が着陸成功」というニュースが飛び込んできました。私は、こういうわくわくするようなニュース、好きなんです。

フェニックスは、昨年8月4日に打ち上げられました。新聞には「6億8千万キロの旅」とありますが、地球と火星の距離は、もっとも近いときは5,500万キロですから、そうとう寄り道して飛んだことになります。

これは、打ち上げられたロケットがまっすぐ火星に向かうのではなく、まず地球の周りを回る軌道に乗り、それから再び飛び立って火星の周りを回る軌道に乗り、それから火星の大気圏に突っ込むなんていうとても面倒なことをするからです。

地球と火星がもっとも接近する頃に、その距離や地球の軌道、火星の軌道、それぞれの自転や公転の速度などを考えて計算して、9ヶ月と22日目、きちんと着陸させるなんて、本当にすごい!

この着陸のさせ方がまたすごいのです。実は前回の着陸の時も、新聞記事やインターネットの記事を読んで興奮していました。なんと前回(2004年)はエアーバッグ方式で着陸したのです。

火星の軌道を回っている探査機を着陸させようとすると、火星の引力によりものすごい速度で火星に落下します。それで、まず、火星の大気との摩擦による1,500度近い高温をしのがなければなりません。それで、パラシュートを使い速度を落とします。

いよいよ地表に近くなったら、なんとかふんわりとやさしく着地したいものです。なにせ、コンピュータなど、精密な機械をたくさん積んでいるのですから。それで前回は探査機をエアーバッグでくるんでゴムまりのように弾ませて着陸させたのです。1キロも先まで転がりましたが、うまくいきました。

このたびは、積んでいる機械が重いため、エアーバッグでは間に合わなくて、飛行機のような、逆噴射によりふんわりと着陸することにしたのです。それらの動作の指示はすべてNASAからするわけですから、うまくいくのか、「魔の7分間」と言われていました。

%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%E3%83%A4%E3%82%AF04-1.jpg

それがうまくいったのです。パラシュートで速度を落としながら落下して、着陸用の3本の足を出し、パラシュートを捨て、レーダーで地面との距離を測りながら小刻みに逆噴射。見事着陸。

人間のやることって、すごいですね。また、その通りにしてくれる探査機のフェニックス君もえらい!さっそく太陽電池パネル、高さは2.2メートル、大きさは5.5メートルもあるそうですが、それを広げ、仕事を開始したそうです。フェニックス君、がんばれ!

遠く離れた火星でがんばるフェニックス君を思いながら、山形の子どもたちに、地球の謎の解明に挑戦する人間、人類の夢の実現に挑戦する人間目指して、しっかりと学んで欲しいと思います。

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
フェニックス君、がんばれ!
一括りし差別
久しぶりにのんびりと
「学校図書展示会」に行ってきました
羅生門のような
夏です!
「答え探し屋」
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650