山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年06月02日

お名前でお呼びする

社友会がありました。年に1度の総会、懇親会があり、我が社OBの方々と顔を合わせることができます。最高齢はこの6月で100歳を迎えられる石垣貞次郎元社長です。石垣社長を筆頭に、先輩のみなさま、本当にお元気で、仕事に、趣味にご活躍でありました。

さて、社友会のような場では、「あれ、この先輩、お名前は…」と、思い出せない方がいらっしゃいます。こうなるともう一種のパニックで、何とかして思い出そうとしたり、お声をかけられたらどうしようと考えたり、もう大変です。先輩に対して大変失礼です。

人様をお名前でお呼びするのは当然のことで、人間関係、コミュニケーションの基本です。このことを最初に教わったのは、実は幸田文さんの文章でした。幸田文さんは、お父さんの幸田露伴に連れられて、よく散歩をしたそうです。

「植物にも名前がある。植物の名前が分かれば、どうしてそのような名前が付いたのかとか、その植物に興味がわいてくる。きいたり調べたりして、その植物のことがもっと分かり、その植物が好きになる。第一、ちゃんと名前があるのに名前で呼ばないのは、その植物に対して失礼だ」

そう言って、幸田露伴は娘に植物を教えたそうです。幸田文が名作『木』を書いたのはそのためでしょう。幸田文は、樹木や植物が大好きなのです。幸田文にあやかって、私も子どもたちにこんな話をしたことがありました。

春に飛び回る白いチョウがいます。ふつう、「あ、モンシロチョウだ」といわれます。でも、山形では、4種類の白いチョウが飛んでいるのです。モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ツマキチョウ、ウスバシロチョウです。

モンシロチョウとスジグロシロチョウがいちばん普通に見られますが、ちょっと郊外に出るとツマキチョウも飛んでいます。ウスバシロチョウも畑のまわりや雑木林の近くにたくさんいました。「いました」と過去形にしたのは、どんどん減っているからです。

%E3%81%86%E3%81%99%E3%81%B0%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%86%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

ウスバシロチョウはモンシロチョウなどのシロチョウ科ではなく、アゲハチョウ科です。氷河期からの生き残りと言われ、繭を作るチョウとして知られていました。ウスバシロチョウの幼虫はムラサキケマンという植物を食べます。ですから、ムラサキケマンがなくなると生存できないのです。

この4種類の白いチョウが飛んでいるとき、いつも「あ、モンシロチョウだ」と言っているとしたら、それはチョウに対して失礼です。ちょっととまった姿を見て、筋があるからスジグロシロチョウだとか、羽の先にきれいな模様がある、ツマキチョウだとか、羽が透きとおっている、ウスバシロチョウだなんて、名前で呼んであげたいものですね。

チョウを名前で呼ぶと、もっとそのチョウを知りたくなり、好きになります。そう言えば、うちの社員、先生方のお名前をよく知っていて、先生方をお名前でお呼びし、お話をさせていただいているから、先生方を好きなのだなあ。納得!

2008年06月04日

答えが一つでない授業を増やすこと

1ヶ月ほど前、5月2日のブログに「答え探し屋」を書きました。「そうだ、そうだ」という声をお聞きしました。そうしましたら、「そうだ、そうだ」のとても大きな声が聞こえてきました。6月2日付け山形新聞、「対話の力どう育てる」と題する平田オリザさんのインタビュー記事です。

平田さんは、まず、「現代の子どもはコミュニケーションが苦手、と多くの人が考えている」という記者の問いかけにきっぱりと言います。「子どものコミュニケーション能力が低下したと言われるが、そんなことはない。場が失われ、経験が足りないだけだ」

地域社会や家庭生活の変貌によりコミュニケーションの場が失われたこともあるけれど、平田さんがいちばん問題にしているのは学校、それも授業なのです。コミュニケーションの場を奪い、その経験を駄目にしているのは授業だというのです。

平田さんは対話劇の授業をしているのだそうですが、平田さんでもスムーズに進まないクラス、「そんなクラスでは子どもが授業している私の顔色をうかがっている。私が正しいセリフを持っていると思っているからだ」「日本の子どもには、先生が正解を下ろしてくる授業スタイルが染みついている」

対話力をつけることを狙いとしているフィンランドの教育を紹介しながら、「先生が与えた知識の歩留まりをチェックする日本と大きな違いだ。対話の場をつくるには、答えが一つでない授業を増やすことが必要だ」

そして最後に、「先生が一つの答えを隠しておいてそれを当てさせるやり方は子どもをコントロールしやすいだろうが、そうした学校文化を全面的に変えないと世界から取り残される」と、平田さん。

そこで思い出しました。今を去ること30年前、2年生の国語の授業。灰谷健次郎さんの『ろくべい まってろよ』。とってもおもしろい童話で、穴に落ちた子犬を助ける子どもたちの話。

長新太さんの挿絵が教科書にも載っていましたが、穴の中の「ろくべい」の絵と、穴の上の子どもたちの絵が交互に出てきます。私は考えました。穴の中の「ろくべい」の挿絵では、ふつうは「ろくべい」の気持ちを考えさせます。穴の上の子どもたちの挿絵では、子どもたちの気持ちを考えさせます。それでは答えは挿絵にあります。

%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A6%E3%83%AA03-1.jpg

挿絵にはない、穴の中の「ろくべい」の挿絵では、穴の上の子どもたちの気持ちを考えさせ、穴の上の子どもたちの挿絵では、穴の中の「ろくべい」の気持ちを考えさせることにしました。そうなのです。「答えが一つでない授業」を考えたのです。我ながらすごいなあ。

教室が子どもたちの知的コミュニケーションで沸きたっていた時、アキちゃんが突然手を挙げて、「先生、答え知っているのなら早く教えてください!」。

アキちゃんは、私の授業改造の先生です。「答えが一つでない授業」は、すべての教育活動でなされていなければ、子どもたちのものにはならないのだ! と。

2008年06月06日

イネの花

きのう、6月5日は「芒種(ぼうしゅ)」でした。二十四節気のなかでもあまりメジャーでないものの一つです。「芒種」の「芒」は、ボウ、ノギ、ススキなどと読むそうです。「ノギ」はイネ科の植物の花の外側の殻の先端についているとげのことで、そのとげがある植物、つまりイネ科の植物を総称する言葉だということです。

「芒種」の「種」は文字通り「たね」であり、「芒種」は「イネ科植物の種をまく頃」の意味だそうです。二十四節気は中国から伝わってきたものですから、言葉と季節が合わないものがあります。中国では、昔、この時期にイネの種まきや田植えをしたのでしょうか。

またまた昔話ですみませんが、私が教員採用試験を受けたときのことです。当時は教員採用の超氷河期といいましょうか、凍りつくような寒いころで、採用はないのではないかとさえ言われていました。かなり多くの仲間が、東京都、神奈川県、千葉県、横浜市などの教員になりました。

なんとその山形県の採用試験に、私は合格したのでした。運がよかったとしか言いようがありませんが、それでも、わたしは勉強したのです。家にいては勉強できないと、いとこの家に泊まり込み、そこで勉強しました。一般教養、教職教養、教科教育・・・、参考書をもとにがんばりました、1週間。

ところが、試験当日。なんと「イネの花をかけ」という問題が出たのです。そんなの見たことも聞いたこともない、いくら思い出そうとがんばっても、何も出てきません。仕方がないので、花びらを4枚、おしべ数本とめしべを描いて出しました。家に帰って調べてみてびっくり。

イネの花は、穎(えい)という2枚の殻のようなものが割れて、中からおしべが出てくるだけで、別にきれいな花が咲くわけではないのです。しかも、夏のある日、10時頃、1時間だけ穎が開くのだそうです。そんなもの、見たことがないのは当たり前だ、花じゃないじゃないか、そんな問題、などといくらぼやいても後の祭り。

イネの花が描けないと教員になれないのはおかしいと八つ当たりをしながら、小学校の入学テストを思い出しました。小学校の入学テストに「金魚の絵を描きなさい」という問題が出ました。迷わず普通の尾びれの魚を描いて、落ちました。もっとも、その年に学級増があり、追加で合格できたのです。だから、イネの花は描けなかったけれど、きっと、追加合格でだいじょうぶと、たかをくくった私でありました。

%E3%82%AB%E3%82%B6%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%9E01-1.jpg

ここ十数年、山形県の教員採用は厳しいものがありました。児童生徒数の減少と、退職者数が少ないことから、採用数はとても少なかったのです。また、教員の不祥事があったりして、採用試験の在り方が繰り返し改善されました。筆記試験も改善され、作文が科せられたり、面接、実技も取り入れられるようになりました。

そういう中で見事採用となる方々は、本当に優秀なのです。イネの花なんか、当然描けるのです。今年は少し広き門のようです。作文も面接も、実技もクリアした優秀な人材がたくさん採用されることは大変うれしいことです。

採用試験まで、あと1ヶ月と少し。ファイト!

2008年06月10日

フードマイレージ

もうすぐ、みなさまに当社の情報誌“教育フロンティア”52号をお届けすることができます。今回の特集は「食育」です。ぜひご覧ください。

その中で、高畠町立二井宿小学校の食農教育をご紹介いたしました。学校給食の50%を「自給」するというユニークな実践です。そうしましたら、6月5日付け山形新聞、環境月間にちなんだ特集の中、「実践 フードマイレージ」の見出しで、二井宿小学校が取り上げられていました。

%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B203-1.jpg

恥ずかしながら、私はこれまで「フードマイレージ」という言葉を知りませんでした。「マイレージ」はよく聞く言葉で、「飛行機に乗ってマイレージを貯める」などと言います。マイレージを貯めて、航空券や商品と交換することができます。ですから、マイレージのポイントは多いほど喜ばれるのです。

ところが、「フードマイレージ」は、多いほどよくないもののようです。ウイキペディアによれば、「食料の輸送距離の意味。重量×距離(トン・キロメートル t・km)で表す。食品の生産地と消費地が近ければフードマイレージは小さくなり、遠くから運んでくると大きくなる」。

2001年の農林水産省の試算が出ていましたが、驚くべき数字です。日本は9002億800万t・kmで、ダントツ世界一。韓国は3171億6900万t・km、アメリカは2958億2100万t・km。そして、農水省幹部が、「現代の日本人が歴史上どの時代における、どの国の王侯貴族よりも贅沢な食事をしている」と解説しているそうです。

日本のフードマイレージがこんなに高いなんて知りませんでした。考えてみれば、あれだけ日本の農業を台無しにして、食料を外国から運んできているのですから、当然といえば当然でしょう。その中でも、アメリカからの輸入によるマイレージが65.7%です。

日本でこれだけ環境によくない食べ物を食べている時、山形県はがんばっています。学校給食の半分を自給する二井宿小学校のように、フードマイレージを減らそうとする取り組みが盛んであり、そうして育った子どもたちが、これからの日本の環境を、いや地球環境を変えていくのです。

そう思っていたら、フードマイレージの考え方には、輸送にかかるエネルギー消費だけの問題ではないことが分かりました。我が山形のサクランボ、ビニルハウス内で暖房し、早い時期に出荷しているものがあります。それはそれで、フードマイレージは高いのです。

サクランボづくりも、子どもたちに叱られないように、適地適作、適時適作、さらには無農薬、有機栽培など、できないのかなあ。

2008年06月13日

本物はうまい!

出勤の車中、ラジオを聴いています。武田鉄矢の「今朝の三枚おろし」。今週のまな板の上は「発酵道」でした。もうおもしろくて、すぐその本、寺田啓佐著『発酵道』(河出書房新社)を取り寄せました。

寺田啓佐さんは、25歳の時、酒造りの寺田本家に婿入りし、23代目の当主となりました。そのころ寺田酒造は、添加物いっぱいの日本酒造りをしていたそうです。自分自身の病気の体験から、何か大切なものを見落としているのではないかと考え、本格的に酒造りの勉強を始めました。

いろいろ調べているうちに、微生物の働きに気づき、微生物は互いに支え合って生きており、その働きによって発酵が始まりお酒が出来ることが分かりました。そして、自然の摂理に従った、生命力のある命の宿った酒造りをしようと考えました。

%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%83%8E%E3%82%AD01-1.jpg

研究に研究を重ねできあがったお酒が「五人娘」です。山形県新庄産の無農薬米を使い、いっさいの添加物を使わない生(き)もと造りをはじめ、微生物たちの働きを助けるような酒造りの結果、昔ながらの“百薬の長”たるお酒ができました。

そうまで言われると飲みたくなるもので、早速取り寄せて飲んでみました。まさに、うまい! その上に、体によいということで、これは毎日飲まなければ。

お酒の宣伝に努めているのではありません。大事なところはこれから。寺田さんは言います。「生命(いのち)の視点でお酒づくりをしたいとずっと考えてきました。(そうしたら)いつのまにか昔ながらのお酒造りに帰っていました」

そうなのです。昔の造り方で造った酒がいいのだそうです。戦争時代、酒造りどころではなく、発酵して造った酒を水で3倍に薄め、アルコール濃度を高くするために醸造アルコールを入れ、風味がないので、糖類や化学調味料などを添加していたそうです。それが今も続いているのです。

食の安全が叫ばれる今、知らなかったなあ、日本酒の80%近くが醸造アルコールやいろいろな物を添加しているなんて。ドイツでは、「麦芽」、「ホップ」、「水」以外の何かが入っていると、それは「ビール」だとは認められないというのに。

そういえば、ドイツのビールはうまかったなあ。ワインもうまかったなあ。本物はうまいのだなあ。ところで、寺田啓佐さん、「お酒も変わり続け『熟成』することで美味しくなっていく。変わらなければ腐ってしまう」と書いています。いい言葉です。このお話、「つづく」ということで、もう少し考えてみたいと思います。

2008年06月17日

発酵行きの列車に乗り換える

前回の続きをと思いましたら、14日、大地震が東北地方をおそいました。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げます。また、山形県の方々を始め、まだ救出されない方々がおられます。少しでも早い救出をお祈りいたします。けがをされたり、被害に遭われた方々もたくさんいらっしゃいます。一日も早い回復と復旧がなされるようお祈り申し上げます。

地震は恐ろしいですね。現代科学をもってしても予知することがままなりません。自然の力の前に、人間の非力さを痛感します。

自然の力の偉大さ、これを発酵ということから考えたのが寺田啓佐さんでした。彼は言います。「人工的に作られた乳酸で発酵させて、確実に大量の酒を作る。もともと琥珀色の酒を、どこまでも無色透明に変えてしまう。米のうまみを雑味として、できる限り取り除いてしまう。アルコールを添加して、または初期段階で米の熱風処理などをして生産性を追求する。こういった酒造りの原動力となるものは、いったい何なのか? それは、競争に勝つことにほかならない」。

そして、世の中全体が「『奪ったもん勝ち』の弱肉強食の世界」であり、「利己主義と能力主義が横行する闘争の世界」となっていると指摘します。「エスカレートした競争社会の裏側には多くの犠牲が存在」するとし、汚染された空気、水、土壌、人々の体と心、そして、なによりも子どもたちの犠牲をあげています。

「競争の重圧がいじめにつながり、校内暴力に発展」し、「毎日のように報道される親子間の殺人事件も、原因を調べてみれば、ほとんどが競争にある」と言います。「視野を広げれば、地球上にいたるところにある紛争」も、「生命というものを無視してきた経済優先の考えが引き起こしてきた」ものであり、「社会をすっかり腐らせてしまった」と嘆きます。

いやあ、まったく同感です。この間の秋葉原の事件の後、さっそく、親のバッシングと学校歴を根ほり葉ほりほじくり出すマスコミ、そして「教育の問題」とまたぞろ言い出す「識者」といわれる人々がありました。寺田啓佐さんは今頃、怒っているでしょうね。

%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%84%E3%83%90%E3%82%AD01-1.jpg

そういう世の中ならどうする、寺田さん。彼は、「自然に還ることが、社会の腐敗を止める」といいます。「『自然に還れば、また発酵していくよ』と酒蔵の微生物が教えてくれる」「自然界は、競争原理よりも協調原理のほうが強く働いている」「人としての生き方を微生物に学び、自然に還れば、腐敗した社会はまた発酵し、争わずとも活かされる道が開かれていくはずだ」。

最後まで寺田啓佐さんの引用ですみません。「競争から共生へ、奪い合いから分かち合いの世界へと、今こそ大きく転換するときが来た。腐敗行きの列車から降りて、みんなで発酵行きの列車に乗り換えるのだ」。

2008年06月23日

沖縄慰霊の日に

今日は6月23日、沖縄慰霊の日です。先週の会議で沖縄学校用品の福山さんに会いました。沖縄学校用品では、沖縄を訪れる修学旅行の生徒たちのおみやげに、「沖縄から『平和・人権』を考える日」というクリアホルダーを作っていました。それをいただきました。

6.23「慰霊の日」はもちろんですが、なかに4.28「屈辱の日」というのがありました。「サンフランシスコ講和条約発効。日本の独立とひきかえに、沖縄が日本から切り離された」。そして、もっとも新しいのが、9.29「歴史教科書問題を考える日」です。

去年の今日、会議で石垣島にいました。島の人たちは花を携えて町内毎の慰霊祭の会場に向かっていました。帰りの石垣空港ロビーのテレビで、慰霊祭の中継をみました。ちょうど、沖縄尚学高校付属中学2年の匹田崇一朗君が、自作の詩を朗読していました。

写真の中の少年

何を見つめているのだろう
何に震えているのだろう 写真の中の少年
周りの老人や女性、子供は
身を寄せ合って声を殺しうずくまっている
後ろでは逃げ出さぬようにと鋭い眼光で見張るアメリカ兵
その中で少年はひとり一点を見つめている
何を思っているのだろう

写真の中の少年は、匹田君のおじいさんでした。米軍の砲撃から逃れるために座間味島の防空壕に隠れていたおじいさんたちは、とうとうアメリカ兵に発見されました。母親の後ろについて入り口まで出ていったその時、その写真は撮られたそうです。2年前に亡くなったおじいさんに聞いたことをもとにして、この詩は作られました。

僕がいる
必死で生き抜いてきた少年がいたから
僕がいる
僕はその少年から受け継いだ
命のリレーを大事に絶やすことなく
僕なりに精一杯生きていこう
また少年から聞いた
あの忌まわしい戦争の話を風化させることなく
語り継いでいこう

%E3%83%84%E3%83%A6%E3%82%AF%E3%82%B501-1.jpg

今年の128人を加えて、沖縄戦犠牲刻銘者は24万734人となったそうです。匹田君の言葉のように、「あの忌まわしい戦争の話を風化させることなく語り継いでい」くことを誓う日が「慰霊の日」です。

沖縄では、今年は戦後63年となる「慰霊の日」でした。そうなのです、昭和20年生まれの私は、いつも終戦の年を背負って生きていくのです。

2008年06月30日

新庄に行って来ました

新庄市の「雪の里情報館」を井上館長さんに案内していただきました。「雪の里情報館」は、昭和8年、雪害救済運動によって設置された旧農林省の「積雪地方農村経済調査所」、これを「雪調」と呼ぶのだそうですが、その跡地に建てられたということです。

展示されているたくさんの資料の中で、松岡俊三(としぞう)の短歌の前で足が止まってしまいました。
  かかげずば千代も八千代も埋づもれん かかげて照らせ法の燈

松岡俊三は楯岡出身の国会議員でした。大正15年の冬、肺炎になり山形の済生館に入院したそうです。病室にいると、次々と子供が運ばれてくるのが聞こえる、そして若い母親のすすり泣く声が聞こえる、その惨状の原因はなんだと考え、そして叫んだそうです。

「それは、この長い寒い冬のせいだ、雪のせいだ!」

それから、松岡俊三の大きな目標を掲げての戦いが始まりました。雪国の暮らしを自分の足で調査し、積雪地と雪のない地方との比較、雪害の実態について講演会を開いて訴えて歩きました。そして昭和4年には「雪害調査機関設置に関する建議案」を国会に提出して可決。つづいて、税制上の措置など雪害に対する救済措置がなされるようになり、北海道・東北・北信越市町村長より感謝状が送られました。

松岡俊三の雪害救済運動は、特に新庄市を中心とする最上地方で燃え上がり、同8年に「積雪地方農村経済調査所」が新庄市に設置されました。これは「雪調」と呼ばれたとありましたが、特に新庄の町中の子どもたちは、この建物を「セツガイ」と呼んだそうです。井上館長さんと当社最北支店担当の小関参与は大の仲良しで、「よくセツガイで遊んだもんだ」と昔を懐かしんでおりました。

松岡俊三は言います。「歴代政府は東北を遇するにいかなる方策を執りたるか。一方において東北民性の去勢政策をとり、他方においては、資源の搾取政策をしいたのである。かくして鈍感にして、よく、為政者に忍従する東北民が生まれ、見渡す限りの山野が国有という奇現象をていするにいたったのである」。

  かかげずば千代も八千代も埋づもれん かかげて照らせ法の燈

%E3%83%A4%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%93%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%AF%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

「雪害救済」という大きな目標を掲げ、リュックサック一つで飛び回って訴えてきた講演の回数、昭和5年11月から半年だけで83回、聴衆2万5千人。松岡俊三のような、郷土の偉人を持ったことを誇りに思います。郷土の発展に命をかける政治家がいる、それがわが山形です。

松岡俊三については、当社刊行の『少年少女 やまがた人物風土記 2』に、「雪国の訴えをきけ」として収めています。浅草浅草寺の大わらじは村山市の奉賛会が奉納していますが、そもそもは、昭和16年、松岡俊三が、雪害問題が解決したお礼に奉納するようにしたのが始まりだそうです。

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
新庄に行って来ました
沖縄慰霊の日に
発酵行きの列車に乗り換える
本物はうまい!
フードマイレージ
イネの花
答えが一つでない授業を増やすこと
お名前でお呼びする
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650