山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年07月02日

せんこう花火

「雪の里情報館」では、特別企画展として、「世界初! 人工雪を作った科学者 中谷宇吉郎の『雪害』宛ての手紙」というものをやっていました。

%E3%83%9B%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%AF%E3%83%AD-1.jpg

中谷宇吉郎といえば、思い出すのです。ずっと昔、国語の教科書に『せんこう花火』という教材がありました。勤めて5年目、6年生を担任したときに、「よし、この教材で公開授業するぞ!」、早速教材研究に取りかかりました。

教材研究は楽しいものです。教材についていろんな角度から調べ、子どもたちにどう指導するか、ああでもない、こうでもないと、ぐずぐずしているのです。その、ぐずぐずが、楽しいのです。

国語科の場合、まず、教材文を読むことから始まります。『せんこう花火』の作者は中谷宇吉郎です。さっそく「中谷宇吉郎」を調べます。今みたいにインターネットどころかパソコンなんかもない時代です。図書館に行って著作者カード「な」から始めます。

中谷宇吉郎は科学者で、先生は寺田寅彦、「雪博士」とも言われている、はじめて人工雪を降らせた人などと、少しずつ分かってきます。少しずつ謎がとけていくようで、それが何ともいえないのです。それでも、教科書の文章の原典にはなかなかたどり着けません。

そんなある日、おもしろいことに気がつきました。彼の先生の寺田寅彦の随筆集を読んでいたら、教科書の文章そっくりの『線香花火』という随筆を見つけたのです。もしかしたら、教科書に載っているのは、師の寺田寅彦の文章をもとに、中谷宇吉郎が書きおろしたものではないかと思ったのです。

寺田寅彦が『線香花火』に書いているように、彼は弟子の中谷にも線香花火を研究するようにすすめたのです。中谷は、それに従って、線香花火の研究をやったのでしょう。そうしてできたのが教科書にある『せんこう花火』なのでしょう。

こんな風に考えていると、この文章、二人の科学者の執念が乗り移ったようで、なんか、ものすごく重たいものになってきて、子どもたちに伝えたいものがどんどん大きくなってくるのでした。おもしろくてどきどきしながら、反面、授業に組み立てるのに、苦しくなってくるのでした。

そんな時には考えるのをやめて、即実験。せんこう花火をしこたま買い込んで、理科室にカメラをセットして、撮影開始! 教科書には11枚の写真が載っています。せんこう花火に火がついてから、「火花のエネルギーをはきつくした火の球」がぽとりと落ちるまでの11枚です。

実験用スタンドのクリップにせんこう花火をぶらさげ、カメラの高さを調節、ピントを合わせ、着火! せんこう花火撮影会は夜遅くまで続いたのでありました。

つづく

2008年07月05日

せんこう花火 2

教科書の写真に負けない写真を撮ったぞ! と、元気に写真屋に行ってみたけれど、残念。どうにも使えない。改めて撮影会。繰り返すこと数回。

そのうちに、火をつけると「火はすぐ紙に燃え移って、ぷすぷすといぶりだす」の「ぷすぷす」を写真に撮れないだろうかと思いました。「火の球をよく注意して見ると、全体がぐつぐつとにえたっていて」の、「ぐつぐつとにえたっていて」の写真は撮れないだろうか。

写真を撮りながら、子どもたちに気をつけさせたい言葉、読みとらせたい事実が見えてきたのです。中谷さんの、本当に美しい詩のような表現が、見えてきたのです。

「何か強い力が、火の球の中で渦巻いている」「小さいほうだんが、目に見えぬ空中の何ものかにしょうとつして、くだけ散るように爆発する」「松葉火花は、その美しい姿の頂点に達する」…。

昔の教科書を物置から探し出して見ているのですが、構成も見事なのです。大きなまとまりが3つあり、1つ目は、書き出しです。2つ目が花火の説明、3つ目が、日本独特の花火とそれを作り出した日本人への賛辞です。

美しい詩のような表現、見事な構成、ここまでくるともう決まりました。こうして、ああして、こうしてと、やりたいことがどんどん出てきて、これはおもしろい授業になるぞと、うれしくなりました。

何回かの夜仕事の末に完成した写真を黒板の上部に貼って、それに対応させて表現を書き出し、写真を使いながらその表現を子どもたちに豊かに捉えさせていく、…、黒板の使い方も見えてきました。うまくいくぞ! そして、授業の最後は、こうです。しゃれているのです。

花火に火をつけてから消えるまでの様子が分かるように、写真と表現の板書が完成したところで、黒板全体を示しながら、子どもたちに言うのです。「これを、中谷さんは何と言っているのですか?」。子どもたちは言うのです。「せんこう花火の音楽です」と。

2つ目の段落の最後に、中谷さんは、「それで、せんこう花火の音楽はおしまいになるのである」と書いています。中谷さんの師、寺田寅彦はこう書きます。「実際、この線香花火一本の燃え方には『序破急』があり、『起承転結』があり、詩があり、音楽がある」。二人とも、せんこう花火を、音楽にたとえているのでした。

%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A301-1.jpg

公開授業がうまくいったかどうかは、秘密です。でも、それ以来、私はせんこう花火が大好きになり、毎年必ずやることにしているのです。そして、中谷宇吉郎の名を聞けば、せんこう花火を思い出し、寺田寅彦を思い出し、「せんこう花火」の授業を思い出すのです。

教材研究は、こんな風におもしろいのです。教材研究の仕方を教えてくれた先輩の顔が浮かびます。感謝です。山形の先生方は、みんな、教材研究が大好きなのです。

雪の里情報館の中谷宇吉郎特別展は、21年3月15日まで開かれているそうです。

2008年07月09日

クールアース・デー

7月7日はいそがしい日でした。まず七夕です。それに、二十四節気の小暑が重なりました。別に重なっても忙しくはないのですが、なんとなく。さらに、洞爺湖サミットが始まった日です。これも、私は別に忙しくはないのですが、なんとなく。

その上にというか、それでというか、その日は「クールアース・デー」なのだそうです。「クールアース・デー」、政府広報によれば、「ライトダウンに参加して地球の未来に想いをはせよう」という日だそうです。

文部科学省HPに、「『七夕ライトダウン』への学校関係者の協力について」というお知らせが出されました。「洞爺湖サミットの初日でもある7月7日(月曜日)の七夕の夜8時~10時の間、全国のライトアップ施設や各家庭のあかりを一斉に消灯する取組です」

あれ、「ライトアップ施設」と「各家庭」が消灯する日なのかなあ。サミット会場のホテルは「七夕ライトダウン」はしないのかなあ、官庁はしないのかなあと思っていたら、関係資料「クールアース・デーに向けた政府の取組」というものがありました。

それには、7月7日を「定時退庁日及びノーカーデーに設定」「業務に支障のない限り20時までには業務を終了し、執務室の照明を消灯」とありました。

そうなのです、霞ヶ関では、各庁舎はすべて定時退庁となり、執務室のあかりは消え、ハイヤーなんかは一台もいないのです。サミットも定時退庁して、みんな部屋に戻ってキャンドルナイトを過ごしているのです。

文部科学省HPには、「昨年は、東京タワーなどの観光施設、百貨店、コンビニエンスストア、遊技場施設など、約6万3千施設の参加を得て、約3百万kWhの電力(CO2排出削減量約1,100t余り。これは、約200世帯の年間電力使用量に相当)を削減することとなりました」とありました。

%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

一年間に200世帯の家族が必要とする電力を、ライトダウンが生み出すのです。すごいですね。今年は、環境省から「政府広報」として、「7月7日はクールアース・デー」の広告も、連日新聞各紙に登場しました。きっと大きな成果をあげたのでしょう。

文部科学省HPの最後では、「全国の学校関係者」が「七夕ライトダウン」の趣旨を「児童生徒や保護者」に伝え、「子どもたちが地球環境の保護について広く学ぶきっかけ」となるようにすることを求めています。

サミットについての報道がしきりです。不夜城のような豪華ホテルと、フードマイレージの高い豪華な夕食会の映像が流れています。

2008年07月11日

「人事は愛」と「だめなものはだめ」

今、大分県の教育が大変なようです。教員採用や管理職登用における不祥事のようです。弁明の余地がありません。真実を明らかにし、一日も早く信頼回復がなされることを祈ります。それにしても、まじめに仕事をしている大方の先生方、かわいそうです。

私も人事行政に携わりました。そのスタートの時に、人事の神様といわれた先輩から、こう言われました。「人事は愛だ」。

「何よりも、子どもたちへの愛から人事は始まる。子どもたちを考えて、この先生を採用していいのか判断する。子どもたちのことを考えて、この人が教頭でよいのか、この人が校長にふさわしいのか、あらゆる角度から考える」

「次は、先生方への愛だ。その先生が子どもたちにいい仕事をするために、その学校にとどめるべきか、異動させるべきか考える。異動するとすれば、その先生にとってもっともいい仕事ができるのはどこか、先生をあらゆる角度から考える。それが、人事だ」

%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F%EF%BC%90%EF%BC%92-1.jpg

あるとき、人事案が固まりかけたとき、先輩は、「どれ、ちょっとドライブに行こう」といいました。なにをのんきなことをと思いましたが、先輩を乗せて運転開始。「A先生の家に行ってみよう」といいます。家の前につくと、「トリップメーターを0にして」。

異動予定の学校に着いて、距離をメモします。遠距離通勤になる異動候補者の通勤距離を調べるのでした。「人事は愛」とはこういうことだと、身をもって教えてくれたのでした。その距離を、毎朝、そして勤務を終えて、車を走らせるA先生が見えてきたのでした。

「だめなものはだめとはっきり言う」、この言葉も、強烈に教えられました。人事の神様にも、また人事の神様がいて、先輩はあるとき、先輩の先輩に、こっぴどく叱られたそうです。

何か要望をきく電話の最中でした。とつぜん後ろの課長席から大声が飛んできて、「電話を置いてすぐ来い!」。課長の机の前にかけつけると、「だめなものはだめだ。だめなものをだめだとはっきり言えないのはクビだ!」

教員人事は、国、県の予算の枠内できっちり決まっています。なにか要望があっても、あちらをたてればどこかを削らなければならなくなります。要望に期待を持たせるような発言は極めて危険なのです。だめなものはだめなのです。

「人事は愛」と「だめなものはだめ」は、いつも私の頭の中を駆け回っていました。今も、山形では、「人事は愛」であり、「だめなものはだめ」なのです。

2008年07月17日

アオスジアゲハ

このあいだの写真のチョウはなんだという声がありましたので、チョウの話。あれは、アオスジアゲハです。3年前、沖縄で撮ったアオスジアゲハです。名前の通り、あざやかな青いスジのある、アゲハチョウ科のチョウです。

%E3%82%A2%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%B2%E3%83%8F%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

アオスジアゲハをはじめて見たのは、象潟の蚶満寺(かんまんじ)でした。昆虫少年として、捕虫網を手に、来る日も来る日もチョウを追いかけていた頃、家族で、象潟に海水浴に行きました。汽車(もちろん国鉄、電車ではなかった)に乗って、延々半日かかって象潟駅に。

象潟ですからまずは蚶満寺にお参りと、境内に入ったとたん、樹木を飛び回る、黒いチョウ、でも、クロアゲハでもない、カラスアゲハでもないチョウが。駆けだして近づくと、それは図鑑でしか見たことのないアオスジアゲハでした。

捕虫網を持たない私は、悔しさの余り、かぶっていた帽子を振り回して追い回しました。そんなことで捕まるチョウではありません。花で蜜を吸っているかとおもうと、すっと真上に矢のように飛んで。私は、ただただホコリまみれになるだけでした。

図鑑では、アオスジアゲハはミカドアゲハのとなりに載っており、そのミカドアゲハはなんと、国の特別天然記念物だったのです。どちらも南方系のチョウであり、ましてや特別天然記念物のとなりに載っているチョウ。それだけで、アオスジアゲハは、私の手にとどかないあこがれのチョウになったのです。

海水浴から戻っても、頭の中はアオスジアゲハ。夢の中でもアオスジアゲハが飛び回る日々が、ひと夏続いたのでした。

南方系といっても、アオスジアゲハは庄内地方にはけっこういて、特に、秋田との県境、三崎公園では、タブの林を飛び回るたくさんのアオスジアゲハを見ることができます。そうです、アオスジアゲハの食草はタブノキなのです。

タブノキのあるところ、アオスジアゲハは毎年発生するのです。でも、タブノキは暖かい地方の植物ですから、山形では庄内地方の、冬でも暖かい海岸線の近くにしかありません。したがって、アオスジアゲハは、内陸にはいないのです。

ところがです、上山の三吉山でアオスジアゲハを見つけたという人が現れたのです。上山の中学校理科のM先生です。そんなことはないだろうと、彼に話したけれど、見たものは見たのだと。理科の先生の彼がいうと、説得力があるのです。

飛翔力の強いチョウですから、アサギマダラのように風に乗ってやってきたのかもしれません。または、三吉山に、タブノキと同じ仲間のクスノキやその仲間の樹木があり、そこで毎年発生しているのでしょうか。

温暖化で、南のチョウが北上しているそうです。山形でも、少しはあるタブノキや神社のクスノキで、アオスジアゲハが周年発生して飛び回ったら、それはそれで、うれしいなあ。

2008年07月23日

てぃんさぐぬ花

3年前、沖縄に行ったのは、教え子の結婚式によばれたからでした。Mさんは、かしこくてかわいくて、ヴァイオリンを弾く、心優しい子です。もうこれはいかなければと、仙台空港から那覇まで飛んで、その日は那覇のホテルに泊まり、次の日、恩納村のホテルへ駆けつけたのでした。

ホテルまでの道中は、これがまさに沖縄のおばあだというハイヤーの運転手さん、Gさんのガイドで、楽しいものになりました。「どこからきたね? それなら時間はあるね。少し案内しようかねえ?」

万座毛など、案内してもらったいくつかもとてもよかったけれど、なによりおもしろかったのが、車中でのおばあの話でした。そのなかで、歌付きで話してくれたのが「てぃんさぐぬ花」でした。

むかし、「みんなの歌」なんかでも登場し、よくきいていた歌でしたが、おばあの歌が、心にしみるのです。車窓をすぎる景色もそうさせるのです。そしてなにより、おばあの解説がいいのです。

「『てぃんさぐぬ花』は、ホウセンカの花、それで『ちみざち』、爪の先を染めたということね。『うやぬゆしぐとぅ』は、親の言うことね、それは『ちむに』だから、肝に、まあ、心に染みるということね。ほんとに、親の言うことは大事さねえ」

「『天ぬぶりぶしや ゆみばゆまりゆい うやぬゆしぐとぅや ゆみやならん』、いい言葉だよ。天の星はかぞえることができるけど、親のいうことはかぞえきれん、ということね。私にも親がいるけれど、その私がもう親さあ。親のいうことは、数えきれんさあ」

おばあに無理を言って、沖縄言葉の歌詞と意味を何度も言ってもらって書きとめました。なんという柔らかな言葉だろうと思いました。それを、おばあの声で、おばあの抑揚できくと、涙が出るほどやさしいのでした。

%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%93%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%B9%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

結婚式は、それこそ映画で見るような、十字架のうしろは大海原という、ホテルの教会で行われました。教会を出て、青い空と海を背に、真っ白い塔の鐘の前に立つ二人は、祝福のフラッシュに包まれました。離れて見つめる新婦のご両親の髪が、大きく風に吹かれていました。

祝宴で、お祝いの挨拶をしました。これがなかなか大変なことで、結婚式で、一番頭を悩ませることです。一応、恩師ということで、ありがたいことに、祝辞を述べなさいと言われるのです。でも、このたびは余裕です。すてきな言葉を手に入れたのですから。それは、次の機会に。

2008年07月25日

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も

教え子の結婚式での私の祝辞は、来る途中のおばあのこと、そして、おばあに聞いてメモした「てぃんさぐぬ花」のことから始まりました。おばあのようにはいかないけれど、2番の歌詞、『天ぬぶりぶしや ゆみばゆまりゆい うやぬゆしぐとぅや ゆみやならん』を読んで、その言葉で立派に育った『しまんちゅう』の新郎と、豊かな文化を持つ沖縄を称えました。

そして、親の愛を一心に受けて、それこそ大事に大事に育てられたMさんの幸せを祝し、4番の歌詞、『宝玉(たからだま)やてぃん みがかにばさびす 朝夕肝(あさゆちむ)みがち 浮世(うちゆ)渡(わた)ら』のように、二人で、心を磨き合って幸せに、と結びました。

ところで、この歌、「てぃんさぐぬ花」の6番には、聞いたことのある言葉が出てきます。もっとも、「てぃんさぐぬ花」にもいろいろな歌詞があるのでしょうが、私がおばあから聞いた歌詞では、こうです。

「なしば何事(ぐとぅ)ん なゆる事(ぐとぅ)やしが なさぬ故からど ならぬ定み」

そうです、わが米沢藩の名君、上杉鷹山公の言葉、「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは 人の 為さぬなりけり」と同じではありませんか。おどろきました。

%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%A6%E3%83%AA05-1.jpg

「てぃんさぐぬ花」は、沖縄の教訓唄と呼ばれているそうです。親の言うことは素直に聞きなさい、親には孝行しなさい、親のように立派に成りなさい、いつも心を磨きなさい、誠実が一番大事、何事も努力すればできるものだ、という具合です。教訓は、どこも同じなのですね。

上杉鷹山は、故ケネディ大統領が尊敬する人物として有名です。一昨年、我が社の全社員研修会で、上杉季雄先生からお聞きしました。ケネディが鷹山を尊敬したのは、鷹山の「伝国の辞」、「三助」の精神に、真の政治家を見たからだそうです。

「伝国の辞」とは、上杉家代々の家訓であり、「国家は、先祖より子孫へ伝へ候国家にして、我私すべきものにはこれなく候」「人民は国家に属したる人民にして、我私すべきものにはこれなく候」「国家人民の為に立たる君にして、君のために立たる国家人民にはこれなく候」です。

「三助」とは、「自ら助ける、自助」「近隣社会が助け合う、互助」「藩政府が手を貸す、扶助」の3つです。盛岡藩で7万人、仙台藩で30万人の死者が出たといわれる天明の大飢饉でも、この「自助」「互助」「扶助」により、米沢藩は、一人の死者も出さなかったといわれています。

まさに、「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは 人の 為さぬなりけり」です。
来年、米沢は、その上杉家を支えた直江兼続で、熱く盛り上がるのです。

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
為せば成る 為さねば成らぬ 何事も
てぃんさぐぬ花
アオスジアゲハ
「人事は愛」と「だめなものはだめ」
クールアース・デー
せんこう花火 2
せんこう花火
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650