山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

« オリンピック、たくさんのドラマが  | 社長ブログトップ |  最上川、母なる川 »

「徳の交わり」は今も生きている

庄内に行って来ました。山形はひどい雨、楯岡の最北支店の仕事を済ませ、新庄へ。新庄に近づくと明るくなって、大雨注意報は間違いでは、と思わせる天気。きのうは大雨で崖崩れが起きたという47号線を、酒田に向かいました。覚悟した割には雨も降らず、ときおり陽が差したりして、鳥海山も見えました。

次の朝、庄内支店に向かう前に、南州神社に参拝しました。南州神社は、西郷隆盛を祀る神社です。「南州神社」の大きな看板を左に入り、石鳥居をくぐると、正面に、探していた「徳の交わり」の銅像が見えました。

「徳の交わり」の銅像は、以前、鹿児島を訪れたとき、武(たけ)町の西郷屋敷跡に建てられていたものを見てきました。それが、酒田にもあるというのです。左に臥牛翁(菅実秀)が座し、右に南州翁(西郷隆盛)が腕組みをして座っている2人の銅像です。

庄内藩は、戊辰戦争を最後まで戦いましたが、奥羽越列藩同盟は崩壊し、会津藩も破れ、庄内藩はついに降伏しました。江戸薩摩藩邸を焼き討ちしたこともあり、庄内藩は厳しい処分を覚悟していました。しかし、庄内攻めの総大将黒田清隆は公明正大、極めて寛大な処置をしました。その裏には、新政府軍司令官の西郷隆盛の指示があったのです。

藩主酒井忠篤(ただずみ)をはじめ、庄内藩はいたく感激し、以来、西郷隆盛を師と仰ぎ、たびたび鹿児島に藩士をおくり、教えを請いました。庄内藩の家老、菅実秀(すげ さねひで)も鹿児島を訪れて西郷と語り合い、2人は肝胆相照らす仲となったのです。

西郷隆盛と庄内藩の交流はその後も続きます。不幸にも、西郷隆盛は西南戦争に巻き込まれていきます。その時、庄内藩から勉強に来ていた、伴兼之20歳、榊原政治18歳の2人は、西郷の帰郷の勧めを断り、戦いに加わって戦死しました。2人は、鹿児島の南州墓地に今も眠っています。

%E3%83%9B%E3%83%88%E3%83%88%E3%82%AE%E3%82%B902-1.jpg

西郷隆盛に学んだことをまとめた本があります。『西郷南州翁遺訓』です。これは、庄内藩士が聞き取った西郷隆盛の言葉を、明治22年、菅実秀が一冊にまとめ、出版したものです。訪れた朝、資料館の方が私たちをみとめて、『西郷南州翁遺訓』をくださいました。

西郷隆盛を人生の師と尊敬する実業家がいます。京セラ、KDDIの設立者、稲盛和夫氏です。氏は、『西郷南州翁遺訓』二十四「道は天地自然の物にして、人はこれを行うものなれば、天を敬するを目的とす。天は人も我も同一に愛し給うゆえ、我を愛する心を以て人を愛する也」を座右の銘とし、『敬天愛人』を京セラの社是としました。

もうすぐみなさまにお届けする当社広報誌『教育フロンティア』秋号、「学校キラリ」に鶴岡市立第二中学校が登場します。西郷屋敷のある学校、鹿児島市立武中学校と姉妹校の交流を続けている学校です。「徳の交わり」は、今も生きています。

2019年07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近のエントリー
東京タワーは元気に立っていました
入院と子どもの泣き声
仏壇に水を供える…子どもの作文から
「令和」時代到来 山形市中心市街地の未来は…
旅立ちの季節
たまには歩いてみませんか
「平成31年」明けましておめでとうございます
年の瀬に思う
第51回YBC読書感想「本の森たんけん」受賞おめでとう
「つながり」と「間」
アーカイブ
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650