山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年09月01日

最上川、母なる川

新庄に全社員が集まり、研修会を行いました。郷土を知らずして、郷土のお役には立てないと、4年計画で、庄内、置賜、村山、最上を学んできました。その最終回、今年は、新庄の「雪の里情報館」を見学、名誉館長でいらっしゃる大友義助先生のご講演をお聞きしました。

新庄を中心に、最上地方の歴史をお話してくださいました。お話を通して先生からいただいたものは、郷土に学ぶ楽しさと、郷土を愛する心、そしてその郷土のために役立とうとする意志でありました。

最上の地もそうですが、山形は、最上川によって形づくられました。米沢の西吾妻山を水源とし、米沢盆地、山形盆地、新庄盆地、そして庄内平野をうるおして日本海に流れる川。まさに、母なる川、最上川なのです。

最上川を語る大友先生は、本当に幸せそうでした。一県一水の川であること、川の流れが緑の大地をつくり、流域面積は、山形県の75%になっていること、山形の人口の8割がそこに暮らし、最上川から恩恵を受けていること、…。

「この地に人々が暮らし始めた頃、縄文時代の中頃、最上地方は文化の中心地であった、見よ、あの『縄文のヴィーナス』を」と、もう、本当に誇らしいのです。私たちも、うれしくなりました。あの、舟形の西ノ前遺跡の土偶は、実に美しいのです。

先生のお話は、とどまるところを知りません。「世界の文化の中心は、北緯40度のあたり、新庄、最上は、まさに40度。西ノ前遺跡のあの土偶のように、私たちは、すばらしいものを生み出す力を持っている。これから世界に発信する文化の町にしていかなければならない」

%E3%81%AD%E3%82%80%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

江戸時代、日本中に山形の文化を発信したのも、最上川でした。最上川の舟運により、村山の特産紅花は、京都、大阪、江戸に運ばれ、まさに「山形セレクション」、引っ張りだこの超ブランド品でした。

もちろん、米や大豆など、食料供給にもおおいに貢献し、ついでに、京、大坂の人形なんかを運んできて、山形各地にそれが残っているのです。相互の文化交流に果たした最上川の役割は、極めて大きなものでした。

「今、山形には、この最上川と山々の美しい自然、人々の暮らしを豊かにしてきた伝統や文化、歴史的建造物や遺跡など、たくさんの私たちの宝を、『世界遺産』にしようという夢があります」と、大友先生は、ますます顔をほころばせてお話くださいました。

私たち、山形教育用品の社員一同も、ぜひ、そのお手伝いをさせていただきます。郷土山形の発展のため、私たちは、まず、子どもたちのため、先生方のため、学校のためにがんばります。大友先生、元気の出るお話、ありがとうございました。

2008年09月08日

全国学力調査結果が公表

全国学力調査の第2回目の調査結果が公表されました。1週間過ぎてしまいましたが、なんか、去年ほど盛り上がらないなあ、さびしいなあ。やっぱり、「政権投げだし」にはかなわないのかなあ。

%E3%81%8D%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%EF%BC%90%EF%BC%93-1.jpg

一番大きな反応は、「もういらない」というもののようです。8月30日の山形新聞の見出しにも、「学力テスト文科省は継続にこだわるが… 早くも無用論」「改善押しつけ現場に疲弊感 税金無駄の声も」というものがありました。

9月1日付け山形新聞社説には、「同じことを繰り返しては時間、費用、労力の無駄」「実施には今年も58億円」「子どもたちは貴重な授業時間を割いた」「自民党内からも、サンプル調査でいいとの声、税金の無駄遣い論、無用論すら出ている」

昨年度の調査結果の発表後、文部科学省は、各都道府県に、「学校改善支援プラン」を作成することを求めました。その報告を得て、その取組を「審査」し、その優れたもの26件を「採択」し、今年3月、「都心のホテルで」「成果報告会」を開催しました。

「審査の結果優れたもの」として上げられたいくつかを文科省サイトから拾ってみました。学力向上プランの作成、活用型ワークシートの開発、学力向上セミナーの開催、文部科学省学力調査官の講演、家庭学習推進計画の作成、学力向上サポーターの配置、「確かな学力」を育成するための実践研究の実施など。

8月30日の山形新聞のとおり、「模範的取組の報告は3時間以上。ただ多くの現場で実践されている内容も多く、居眠りする姿も目立った」。こんな内容を、3時間も聞かされたのでは、それは眠くもなるだろうなあ。

問題の難易度も問題になりました。文科省は「難易度を上げたことで正答率の低下を予測していた」そうです。本当に難易度は上がったのでしょうか。それとも、子どもの学力が下がったのでしょうか。

小学校のB問題で考えてみれば、5月2日のブログにも書いたのですが、残念ながら、そのどちらでもありません。問題の質が変わったのです。B問題を「活用」と言っていますが、その「活用」とは何かの考え方が、教科により違うのです。

国語は、5月2日に述べたように、去年の方がよりPISA型でした。全国平均正答率は62.0、山形県は64.0でした。今年はよりA問題に近くなり、全国50.7、山形県は52.0でした。
算数は逆に、去年の問題がA問題に近く、全国平均正答率は63.6、山形県も63.6でした。今年はよりPISA型に近く、全国51.8、山形県は51.2でした。

B問題についてはまだ揺れ動いており、調査結果を比較検討する資料には使えません。揺れ動く調査問題では、授業改善の手がかりにもなりません。山形県の算数Bは全国平均より低いなどと悲観する必要はありません。これまでどおり、着実に。一歩ずつ。

2008年09月17日

八勿の訓戒

また、食の偽装。それが、どうもよく分かりません。まず、「事故米」と呼ばれるものを輸入するということが分かりません。「事故米」が販売されるということが、分かりません。「事故米」が「食」に用いられたことが分かりません。

分からない人がたくさんいるのでしょうね。10日の山形新聞には、ていねいなQ&Aがありました。米が余って減反までしている日本が、なぜ米を輸入しているのか。これは、「関税及び貿易に関する一般協定(ガット)」(1993年)に合意したからだそうです。

「事故米」とは、輸入するときカビが生えたり、水にぬれたりしていたんだ米、残留基準を超える農薬などに汚染された米だそうです。協定により輸入しているのですから、「事故米」を輸入しているのは政府です。

その政府が、「事故米」と分かっていて業者に販売しています。それが分かりません。三笠フーズは、農水省の課長を接待してまで「事故米」を食として販売していました。新潟の島田化学工業では「新潟農政事務所から頼まれて…」と言っています。

「事故米」を買い取った業者は、他の業者に転売します。それを繰り返している間に、「工業用のり」に限定されていた利用が、変えられていきました。それが、食用まで、病院などの給食用にまで使われたというのですから、あきれてしまいます。

『「工業用糊に限り販売」 農水省の説明は大ウソだった』という記事(J-CAST)まで出てきました。工業用糊に、普通米は使わない、米を原料とした糊など聞いたこともないという業界のコメントだそうです。

輸入する米の値段は、1キロ70円~180円。「事故米」は1キロ10円以下で売るのだそうです。どうして、そんなに損をしてまで、事故米を輸入するのでしょうか。

なんか、もう、全く訳が分からなくなりました。「じたばた」の太田農水相が「輸入米から残留農薬などで汚染された米が出た場合、輸入国に返品することや廃棄することも含め、これを流通させないようにする」と。そんなこと、当たり前だろう! と思うのですが。

%E3%82%AA%E3%82%B1%E3%83%A9%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

三笠フーズは、事故米を1キロ3円で仕入れ、偽装して70円で販売したそうです。社長いわく、「経営が苦しくて」。ころころ変わる農水相や金儲けしか頭にない企業のトップ。日本の農業、米作りはどうなるのでしょうね。

天保年間、田原藩の用人真木重郎兵衛が大阪に行き、大阪御用商人と折衝するにあたり、家老の渡辺崋山は、真木に「八勿の訓戒」を与えました。その1つ目に、「面語の情に常を忘する勿れ」(人と話をするときは平静であって、調子にのって無責任なことを言ってはならぬ)があります。

2つ目には、「眼前の繰廻しに百年の計を忘する勿れ」とあります。そして、7つ目に、「人を欺んとする者は人に欺むかる不欺は即ち不欺己といふ事を忘する勿れ」があります。

2008年09月22日

基は心の実

前回、突然、渡辺崋山が登場してしまいました。それには訳があるのです。渡辺崋山はみなさんご承知のことと思います。寛政5年(1793年)、江戸麹町田原藩邸に生まれました。画家であり、蘭学者であった崋山は、天保3年(1832年)には、田原藩家老となりました。

田原藩といってもあまり有名ではありません。私は、ずっと、「田原坂」があるところが、田原藩だと思っていました。「田原坂」は、熊本県民謡『田原坂』で有名です。ちょっと変わった民謡で、若い頃、よく歌っていました。

 雨は降る降る 人馬は濡れる 
 越すに越されぬ 田原坂 

 右手(めて)に血刀 左手(ゆんで)に手綱 
 馬上ゆたかな美少年

田原坂は、西南戦争最大の激戦地です。西郷隆盛は、ここから逃れ、半年後に、鹿児島の城山で自刃します。でも、田原藩は熊本県ではありません。今の愛知県田原市、渥美半島にあった小さな藩です。なぜか、田原藩と「田原坂」が結びついてしまいました。

それは、「田原」が同じだけではないようです。どちらも自刃して果てた、私の好きな歴史上の大人物がいたからなのかも知れません。田原藩の渡辺崋山は、天保10年の蛮社の獄でとらえられ、天保12年に自刃してしまいます。

%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%87%E3%82%B7%E3%82%B3%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

酒田が生んだ偉大な儒学者、伊藤鳳山は、渡辺崋山に認められ、田原藩のお抱え学者となります。崋山は、鳳山より13才年上。自ら儒学も蘭学もできた男が惚れた学者が伊藤鳳山でした。渡辺崋山、伊藤鳳山、鈴木春山は、「田原の三山」といわれていました。

伊藤鳳山については、またの機会にお話ししたいと思いますが、鳳山は、崋山を慕い、蛮社の獄で蟄居を命じられた彼の面倒を見ます。食うにも困る崋山に絵を描かせ、それを金に換えて届ける、そんなこともやっていたようです。

家老であった渡辺崋山は、藩政改革に取り組みます。優秀な藩士の登用や田原の殖産振興につとめ、天保の大飢饉では、一人の餓死者も出さなかったそうです。その渡辺崋山の藩政改革こそが、「国民目線に立つ政治」であり、「国民の生活が第一」でありました。

政治を行う者、「国民目線に立つ政治」や「国民の生活が第一」と考えることなど、全く当たり前のことです。渡辺崋山にしても、上杉鷹山(7月25日号)にしても、国を治める基に、領民の命を守り、安全を守り、生活を守ることがありました。

『八勿の訓戒』の最後は、「基立て物従ふ基は心の実という事を忘する勿れ」。しっかりした基礎があれば皆安心してついてくる、基礎がしっかりしているということは心が誠実であるということだという意味。いつの時代でも、政治家は、いつも、自分のためではなく、人のためを考えている、誠実な人であります。

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
基は心の実
八勿の訓戒
全国学力調査結果が公表
最上川、母なる川
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650