山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2008年10月03日

大正琴をやってみませんか

先週の土曜日、9月27日、琴城流大正琴山形県愛好会の演奏会を行いました。年に1度の発表会、この日のために練習してきた会員が、県民会館のステージで演奏しました。たくさんの方々がきいてくださり、おほめの拍手をいただきました。ありがとうございました。

%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B001.jpg

春先、演奏会の大まかな構想の下、演奏曲目を決定し、練習します。今年は、いつものアンサンブルの曲も演奏しますが、邦楽の演奏を多くしたいと考えました。そこで、「小鍛冶」「娘道成寺」「連獅子」などの日本古来の曲、民謡や日本歌曲などが選曲されました。

大正琴は、弦楽器ですがピアノのような鍵盤を持った特殊な楽器です。鍵盤を数字譜に基づいて左手で押さえ、右手のピックで弦をはじいて音を出します。ピックではじくところは、エレキギターなどと同じです。ピックは、和琴の爪や三味線のバチの役目をします。

琴といっても種類がたくさんあるようです。日本古来の琴を、和琴(わごん)といいます。これは、奈良時代にはすでに使われ、現在でも雅楽で使われているそうです。現在の一般的な琴は十三弦ですが、ほかに、一弦琴、二弦琴、弦が多くなって、二十弦や二十五弦などもあるようです。

%E8%A6%B3%E5%AE%A201.jpg

このたびの音楽の学習指導要領改訂のポイントの一つに、「伝統音楽の学習の充実」があります。現行の学習指導要領でも取り上げられている伝統音楽の学習でありますが、さらに充実させることが求められています。

現在、文部科学省は、平成21年度の予算の概算要求として、「新学習指導要領の円滑な実施のための教材整備事業」として、154億8千万円を要求しています。これは国庫補助事業であり、市町村に1/2補助するものであります。

その中に、「和楽器整備」があり、対象は中学校であり、「箏、三味線等」とあります。この「箏」が、琴のことです。和楽器として、琴は多くの小、中学校ですでに整備されているようですが、3年間の中で1種類以上の和楽器で表現活動をすることとなる中学校の整備のためのようです。

近頃、和楽器の一つとして、大正琴を取り上げる学校も増えてきました。主に、総合学習やクラブ活動、部活動などですが、中には、選択音楽で取り上げる学校もあるようです。ピアノと同じ鍵盤があるので簡単に弾くことができること、手軽にアンサンブルを楽しむことができることなど、これからますます広がるようです。

%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B801.jpg

琴城流大正琴山形県大会の演奏会では、「家族のステージ」があり、おじいさん、おばあさん、おとうさん、おかあさんと一緒に演奏する子どもたちの姿がありました。家で練習しているうちに、子どもさんも加わって、楽しい音楽のひとときがつくられているのでしょう。そんな楽しい家庭づくりのお手伝いができることをありがたいとおもいます。

みなさんも、ぜひ、大正琴をやってみませんか。また、学校での大正琴の活動を、私たち大正琴愛好会が応援します。楽器持参で指導者を派遣いたします。どうぞ!

2008年10月09日

吾無隠乎爾

昨日の山形新聞夕刊にキンモクセイの記事が載っていました。「甘い香り深まる秋 『寒露』の県内」という見出しです。それで、5日の朝日新聞のコラムを思い出しました。

%E9%87%91%E6%9C%A8%E7%8A%80%EF%BC%90%EF%BC%92-1.jpg

「詩人の薄田(すすきだ)泣菫(きゅうきん)は〈ぢぢむさく、古めかしい〉と哀れんだ。一方で〈高い香気をくゆらせるための、質素な香炉〉と見立てているのは、ロマン派文人の感性だろう」

薄田泣菫のこの表現の意図を知りたくて、さっそく調べてみました。すると、便利ですね、インターネットで「木犀」と入力したら、「薄田泣菫木犀の香り」が出てきました。これが原典でした。中国宋代の詩人、書家、黄山谷を描いた短い文章で、こうです。

黄山谷は初秋のある日、晦堂老師を訪ね、論語の『吾無隠乎爾』の意味をたずねました。『吾無隠乎爾』は、「子曰、二三子以我爲隱乎、吾無隱乎爾、吾無所行而不與二三子者、是丘也」で、意味は、「先生が言われた、諸君は私が隠し事をしていると思うか。私は隠しだてなどはしない。私はどんなことでも諸君と一緒にしないことはない。それが丘(きゅう)[この私]なのだ」

黄山谷は、『吾無隠乎爾』(私は隠しだてなどはしない)の意味をたずねたわけですが、もちろん、文字通りの意味は分かっています。どう生きることが『吾無隠乎爾』なのか、常々考えて考えてたずねたのでした。

老師の答えがあまりすてきなので、原文を引用します。


 晦堂は客の言が耳に入らなかつたもののやうに何とも答えなかつた。寺の境内はひつそりとしてゐて、あたりの木立を透してそよそよと吹き入る秋風の動きにつれて、冷々とした物の匂が、あけ放つた室々を腹這ふやうに流れて行つた。
 晦堂は静かに口を開いた。
「木犀の匂をお聴きかの」
 山谷は答へた。
「はい、聴いてをります」
「すれば、それがその――」、晦堂の口もとに微笑の影がちよつと動いた。
「吾無隠乎爾といふものぢやて」


薄田泣菫はこうしめくくります。「木犀の花はぢぢむさく、古めかしい、金紙銀紙の細かくきざんだのを枝に塗りつけたやうな、何の見所もない花で、言はばその高い香気をくゆらせるための、質素な香炉に過ぎない」。でも、その香気は、「木犀の枝葉にたゆたひ、はては靡(なび)き流れて、そことしもなく漂ふうちに、あたりの大気は薫化せられ、土は浄化せられようといふものだ」

私は木犀が好きです。角を曲がる前から、「ああ、木犀が咲いている」とわかる、その姿が好きです。

2008年10月21日

電照菊

沖縄に行って来ました。全国地方教育出版協議会出席のためです。地方において、教育にかかわる図書や教材などを出版している会社や法人が集い、研究協議を行う会です。毎年持ち回りで、今年は沖縄が開催県でした。

「地方教育界への奉仕」と「地方教育振興への寄与」を目的に、昭和34年に発足した歴史ある協議会です。児童生徒数の減少などの厳しい環境にありながら、子どもたちに優れた教材や図書を届けたいとがんばる仲間の姿に、互いに刺激され、元気になって帰ってくるのです。

沖縄はちょうど修学旅行シーズンのまっただ中、たいへんなにぎわいでした。空港もホテルもどこも修学旅行の学生さんでいっぱいでした。今どきの修学旅行って、飛行機に乗って遠くまで来て、すごいホテルに泊まるのですね。

このシーズン、修学旅行で沖縄を訪れるのは、平和学習が中心だそうです。沖縄は、地上戦の行われた唯一の地です。昭和20年、これは私が生まれた年でありますが、3月、「南方から押し寄せてきた約1500隻の米艦隊」が一斉に海から艦砲射撃を開始、沖縄地上戦が始まりました。

「3月26日、慶良間に強行上陸した米軍は、4月1日、読谷から北谷一帯にかけての西海岸から上陸を開始し、4月3日には島を東西に分断」しました。米軍は、「実戦部隊で18万余、後方支援部隊も加えると54万8000人にも及ぶ大部隊」、これに対して、「日本守備軍の兵力(本土正規軍6万5000)はきわめて劣勢でした」。

この沖縄戦は、6月23日、守備軍司令官の自決により、組織的な抵抗は終わりました。この日が沖縄慰霊の日です。「戦死者約20万余のうち県民の犠牲者は12万余」で、「正規の軍人より非戦闘員である住民の犠牲が多い」「戦史上きわめてまれなできごと」だそうです。

沖縄地上戦の前年、10月10日、アメリカ空軍の空襲により、沖縄は大きな被害を受けますが、特に那覇は市街地の9割を焼失しました。「4月1日に撃ち込まれた砲弾は、12センチ砲以上が5万4000発、ロケット弾が3万3000発、曲射砲弾が2万2000発」でした。以上、引用は、『沖縄をどう教えるか』(解放出版社)です。

%E3%82%AD%E3%82%AF%EF%BC%90%EF%BC%92-1.jpg

沖縄は、かけがえのない多くの命とともに、豊かな土地も奪われたのでした。会議のあったホテルの部屋の窓から、豊かに広がる沖縄の大地と東シナ海が見えました。少しずつ暗さを増す中に、たくさんの小さな灯火が見えてきました。

沖縄は、今、「電照菊」づくりが盛んなのだそうです。日が短くなり始め、ちょうど花芽を持つ時期に夜間光を当て、開花を遅らせ、正月用に出荷するのだそうです。沖縄の未来を拓く灯火が、少しずつあざやかになり、やがて大きな輝くグスクに見えてきました。

2008年10月24日

メタ言語活動

ある学校で授業を見せていただく機会がありました。子どもたちは4人だけで、それに複式学級でしたが、言葉の力が身に付く質の高い国語の授業でした。

「本の世界を広げよう」という単元で、「読書クイズを出し合う」という活動でした。「本の世界を広げる」ことは、国語科の目標の一つです。本のおもしろさを知り、幅広く読書する習慣が身に付くことはとても大切なことです。

そのため、教科書(教育出版)では、全学年に読書の単元を設定しています。学年により、具体的な活動は、当然ですが、すべて異なります。3年生では、「読書クイズを出し合う」という活動を取り上げています。

国語科は、言葉を教える教科です。国語科では、言葉を教えるために、言語活動を行います。「読書クイズを出し合う」という活動は、「本のおもしろさを知り、幅広く読書する習慣が身に付く」という目標を実現するための活動です。

教科書では、「読書クイズ」の例として、「物語に出てくる会話文の順番を並べる」「わざとかえて読んだ物語の部分を当てる」「本に出てきた物がだれの持ち物か当てる」「自己紹介した本の登場人物を当てる」「本についての問題に答える」の5つをあげています。

授業者は、まず『のらねこ』という童話でこの5つの読書クイズの仕方を指導し、5つ以外のクイズも考えさせながら、他の本を読んで読書クイズをつくり、クイズ大会をするという単元を考えました。読書のアニマシオンによる指導法です。

教科書には、『のらねこ』のほかに、「本のしょうかい」として『セロひきのゴーシュ』『長くつしたのピッピ』など6冊の本もあげてあります。この授業では、『白いぼうし』『王さまばんざい』など、子どもたちが選んだ本も加えて、読書クイズづくりが行われました。

見せていただいた授業は、一人一人が読書クイズをつくり、出し合う場面でした。こどもたちは本当に楽しそうに本を読み、クイズをつくり、得意げに出題していました。子どもたちの活動を見ながら、なるほど、これが「メタ言語活動」だなと思い出しました。

%E3%81%8D%E3%81%98%E3%82%87%E3%81%86%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

『中等教育資料』の5月号は「言語活動を重視した指導の充実」が特集で、国立国語研究所の杉戸清樹所長の提言、「言語活動についての言語活動を」がありました。この「言語活動についての言語活動」を、「メタ言語活動」といいます。

子どもたちはすべての本を読み、その本についてクイズを出し合い、クイズを出し合うという言語活動を楽しみ、ひいては、本を読むという活動を楽しんでいます。子どもたちは、クイズを出し合う活動を楽しんでいますが、指導者は、その仕方に目を向けさせます。

国語科として大切なことは、本を読むこと、そこからクイズをつくること、そして、その活動を楽しむことです。この授業に、杉戸所長の言う「言語活動に『のめりこむ』だけでなく」「言語活動についての言語活動」についての指導を見た思いがしました。

2008年10月28日

金木犀(キンモクセイ)酒

会社の会合があったので金木犀酒を持参しました。少しばかりですが、これがとてもうまくできたのです。3年ものの古酒です。金木犀は、「吾無隠乎爾」でも書きましたように、私の大好きな花の一つです。と同時に、大好きな果実酒の材料です。

50年以上も前に、庭の片隅に植えました。ところが、何年たっても花をつけません。北風が通る、その場所がだめなのではないかということで、南西の角に移植しました。それがよかったのか、2年後に花をつけ、それから毎年、たくさんの花をつけます。

金木犀を植えたのは、今は亡き父でした。県庁つとめの父は、県庁、今の文翔館ですが、その正面玄関の両側にあった金木犀を忘れられず、あのように、薫り高い大木になることを夢見ていたのだと思います。今、旧県庁の、その金木犀はありません。

旧県庁の金木犀と同じくらい見事なものが、山形大学の金木犀でした。我が家の金木犀がまだ軒にも達しない頃、数本の、それこそ屋根をも越える金木犀の大木が藪をつくり、黄金の館となっていました。大学北門近くのこの金木犀も、今はありません。

次に驚いたのが、山家の金勝寺の金木犀でした。ある年の秋、訪れた境内は秋の日をいっぱいに浴びて、垣のお茶の花が真っ盛りでした。山門をくぐり、本堂の前近く、えもいわれぬ香が漂っていました。本堂の脇に、それこそ金と銀のタワーが、並んで立っていました。

金木犀の華やいだ香とはひと味も違う、おとなしい気品のある香の銀木犀、その二つの木犀の香りが交じり合って漂っていたのでした。しばらく見とれて、香をかいで、そして決めたのです、「金木犀のとなりに、銀木犀をうえるぞ!」

%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%A4%EF%BC%90%EF%BC%92-1.jpg

その後、街中にもたくさんの木犀があることに気づきました。市民会館北側の金木犀の垣根、市庁舎の金木犀、山大附属小の中庭の柊(ヒイラギ)木犀、もみじ公園(旧宝幢寺庭園)の柊木犀などです。柊木犀の香りは、銀木犀よりもっと上品で、うっとりします。

我が家の金木犀が屋根を越え、たくさん花をつけるようになってから、金木犀酒をつくるようになりました。つくり方は、果実酒と同じです。金木犀の華やかな香をとじこめて、かぐわしいお酒ができるのです。ものの本によれば、「精神安定、鎮静、滋養強壮、便秘、健胃、整腸、疲労回復、安眠、強壮、美容」などに効果があるそうです。

銀木犀は、ようやくたくさん花をつけるようになったので、来年は、銀木犀酒もつくってみようかと思っています。どんなお酒になるか楽しみです。これまで、ほかに、サンシュユ酒、ナツメ酒、ザクロ酒などをつくってみました。楽しいものです。

金木犀酒をおちょこに半分くらい入れて、氷を入れ、オンザロック。香りを楽しみながらいただく食前酒は、最高! 食もすすむのが、ちょっと…。

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
金木犀(キンモクセイ)酒
メタ言語活動
電照菊
吾無隠乎爾
大正琴をやってみませんか
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650