山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2009年01月05日

明けまして おめでとうございます

明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。今年も、お引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

我が家では、元日の朝は、元朝参りに行こうと、明け方までテレビを見ていようとも、家長が前の晩に言い渡した時刻に、神棚のある部屋に集合することが習わしでした。家長の合図で四方拝の儀を執り行い、終わって向かい合い、「明けましておめでとうございます」と挨拶して、それが一年の始まりでした。

それから母は餅を焼き、雑煮や餡を温め、おせちを取り分けたりして、元旦の食卓の準備をします。父は徳利に酒をつぎ、杯の用意をします。それぞれ子どもたちが手伝い、準備万端整えて食卓を囲みます。お屠蘇をいただいてもう一度「明けましておめでとうございます」。その後が、いよいよお年玉だったのです。

父と母がその場にいなくなり、四方拝の主催者は私になりました。仏壇へのお参りが加わって、二人だけの四方拝の年もありますが、それでも今も続いているのが不思議です。そんなに信心深いわけでもないのですが、なぜかそうなってしまいました。

今年も我が家では、にぎにぎしく四方拝の儀を執り行い、晴れやかな気持ちで新しい年を迎えることができました。年末に積もった雪もまぶしく輝き、世の中がまさにまっさらになったようでありました。

暮れの30日に、正月飾りをしました。干支人形は、今年は、米沢の相良人形「牛乗り天神」を飾りました。相良人形「牛乗り天神」には、「七代さがらたかし作」とあります。相良人形は、米沢藩主上杉鷹山が藩士相良清左衛門厚忠に命じて作らせたものが起源であり、東北三大土人形の一つといわれています。「天地人」の今年、「天の時、地の利、人の和」のもと、郷土山形を豊かな学びの地にするのだと、決意を新たにしたのでした。

%E7%9B%B8%E8%89%AF%E4%BA%BA%E5%BD%A2%EF%BC%90%EF%BC%91%20002-1.jpg

山形教育用品の新しい年、私たちは、今年も、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願い、幼稚園、保育園から、小学校、中学校、高等学校、そして大学までのすべての教育機関の充実・発展を応援します。

子どもたちに真に役立つ、優れた教材をお届けします。学校や先生方、教育にかかわるすべての方々に、最先端の教材や教具、設備・備品、そしてその情報をお届けし、教育活動のお手伝いをします。

また、豊かな地域づくりと生涯学習に少しでもお役に立つことができますように、大正琴愛好会の充実・発展のためのお手伝いをします。今年も、山形教育用品株式会社を、よろしくお願いいたします。

2009年01月09日

山形県の明るい地域社会づくりと音楽文化の発展のために

大正琴愛好会の指導員の方々にお集まりいただき、新春の会を行いました。現在、愛好会は200近くの教室に分かれて日常の活動をしています。日頃の練習は月2回、教室毎に行われます。教室は、そのほかに地区のいろいろな行事に参加して活動します。新春の会では、その活動も報告されました。

「20年近くも続けて地区のカラオケ大会に参加しています。去年は、地区のデイケアセンターから演奏会をして欲しいと依頼され、地区の回覧板の呼びかけもあり、たくさんの方が聞きに来てくれました。『荒城の月』など10曲を演奏、心に染みる音楽だったと大好評で、毎月して欲しいと云われて困りました。今年も6月に行う予定です」

「老人ホームなど、いろいろなところで活動をしていますが、去年は、養護学校での体験学習を行いました。5曲くらい演奏した後、生徒にも体験してもらいました。ベッドに寝たままの子どもさんなど、いろいろな子どもさんがいるのですが、私たちが手を取って楽器にふれさせ、音を出す練習をしました。ほとんどの子どもさんが音を出すことができるようになりました。心を開く喜び、心がふれあう喜びを私たちも体験し、感動しました」

「地区の文化祭で毎年演奏しています。去年ははじめて立奏(りっそう)でやりました。大正琴イコール正座というイメージがあるのですが、立って弾く大正琴に、みんな驚いていました。ただ、トラックの荷台の上での演奏だったので、不安定で大変でした。教室の生徒さんが一生懸命弾いてくださったことに感謝です」

%E3%83%94%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

「3つの教室が声を掛け合って地区の行事に参加しています。敬老会や文化祭、施設訪問などで、尺八の方とも一緒に活動しています。私たちも立奏で演奏しましたが、立って演奏するため、みんなでロングスカートを新調しました。当日はイヤリングやネックレスなどもして、華やかに、見た目も刺激的に演奏しました。皆さんにも喜んでもらいましたが、衣装もよく似合うと褒めていただいて、私たちもうれしいひとときでした。やみつきになったので、この2月に、またこの衣装で演奏会をします」

「地区の会長さんにビア・パーティーをするので手伝ってくれといわれて演奏をしました。大正琴の音がこんなにいい音だとは知らなかったと、たくさんの方に褒めていただきました。中には私も大正琴をやってみたいという方もあらわれ、今一緒にやっています。やはり、地区に出ていって、多くの方に大正琴の音を聞いていただくのが一番だと思いました」

各教室の地域における活動の報告を聞きながらうれしくなりました。会員のみなさま、自分で大正琴を楽しむだけではなく、地域のお役に立つことができる幸せも実現しておられるのだなあと。琴城流大正琴山形県愛好会は、かくのごとく、山形県の明るい地域社会づくりと音楽文化の発展に貢献しているのです。

2009年01月14日

オリオンがきれいです

オリオンの美しい季節になりました。きのうの夜の9時頃、大きな十六夜の月の右手に、くっきりと、冬の星座オリオンが見えました。真ん中の三つ星があざやかに見え、むかし、この三つ星にまつわる教材で授業をしたことを思い出しました。

それは『ラクダイ横丁』という物語です。当社でかつて出版していた「やまがた小学生の読書」の5年生にのっていました。岡本良雄作の児童文学です。大まかならあらすじはこうです。

山で生まれたイノキチ少年は、大学近くのラクダイ横丁のオリオン軒というミルクホールで働いています。ミルクホールにはたくさんの学生がやってきますが、その中のヨシムラさんと親しくなります。

ヨシムラさんは働きながら大学に通っているのですが、出席日数が足りずにラクダイします。ラクダイ横丁に通いつめてラクダイする学生と同じラクダイだということに腹を立てるイノキチに、ヨシムラさんはこう言います。

「なあに、ラクダイはラクダイ。もう一年やり直し。のんびりやるさ」、そして向かいのカフェーの上の空をさして、「あの三つ星は、五百光年、つまり、あの星の光が、あそこから、ここまでとどくのに五百年もかかっているんだ。そいつを思えば、なあに、一年や二年のラクダイなんか、なんだっていうんだ。なあイノ公」

この物語にはイノキチの三つの「おどろき」がでてきます。第一番目は「山で見たしものおどろき」、二番目は「日本海の丸い石のおどろき」、そして三番目は「オリオンの五百光年のおどろき」。おどろきを通して、人は成長するのです。

イノキチの三つの「おどろき」には、それぞれ、イノキチにとって大切な人がかかわります。山で見たしものおどろきには「ミヨコ」が、日本海の丸い石のおどろきには「先生」が、そしてオリオンの五百光年のおどろきには「ヨシムラさん」が。

%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%A4%20028-1.jpg

物語の最後はこうです。「五百光年、アテネ、ローマの古都、そんなことばが三つ星のあいだにキラキラして、山で見たしものおどろきや、日本海のまるい石よりも、なお新しいおどろきの心をかきたてたのであった」、本当にいい教材です。

この物語の授業をする前、ちょうど東京出張があり、東大赤門前の本郷会館に泊まりました。夜、夕食に宿を出たら、なんと、そこは「ラクダイ横丁」だったのです。とある一軒に入り、杯を傾けながら「ラクダイ横丁」の由来をきき、「ラクダイ横丁」の文字の入ったマッチをもらってきました。ネットで見る限り、それは今もあるようですね。教材研究って、楽しいですね。

2009年01月16日

「どっぺり」のこと

入試のシーズンなのですが、「ラクダイ横丁」の続きです。現実の東大赤門前の「ラクダイ横丁」で飲んでいましたら、その店のおかみさんは赤湯出身の山形県人でした。もう盛り上がってしまって、教材『ラクダイ横丁』の話をしました。

「いるいる、ヨシムラさんみたいな学生、たくさん。飲み歩いて落第するのは、ここでは少ないけど、アルバイトが本業になっちゃったり、どうしても学費が続かなくなったりしてさ」「ラクダイ横丁はほかにもありますかね?」

「大学のある街には、みんなあるんじゃない? 山形にもあると思うよ、ラクダイ横丁」というおかみさんのことばに、思い出しました。山形にもあったのです。山形市の七日町、済生館をまっすぐ東に上った通りがそうでした。私が学生のころにも確かにあり、「どっぺり」と呼ばれていたのです。「どっぺり」とは落第のことです。

カウンターばかりの小さな店が所狭しと並び、その1軒1軒に、客があふれていました。学生もいましたが、大学の先生や県庁、市役所の役人が多かったようです。私も、ゼミのT先生によく連れて行ってもらいました。今は駅前に移った居酒屋Hです。

山形の文化人が集まるというその居酒屋で、T先生は遅くまで飲んでは語り、語っては飲んでいました。小さな店なので、お客が来ると、「もう君たちは帰りなさい」といいながらカウンターの奥に引っ込み、また飲み始める先生でした。店の脇の小道の先は小さな流れであり、それが御殿堰だったのですが、今もその流れだけは時々夢に出てくるのです。

東京のラクダイ横丁で山形のラクダイ横丁を思い出しながら、山形のラクダイ横丁、つまり「どっぺり」の教材研究をしなければと、飲みながら考えたのでした。帰り際におかみさんに、「授業で子どもたちに見せたいのでマッチをください」とたのみました。おかみさんは山ほど持たせてくれましたが、子どもたちに見せるものは1つしかいらなくて、残りは理科室のマッチとなりました。

%E9%9B%AA%E3%81%AE%E6%96%87%E7%BF%94%E9%A4%A8%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

山形に帰って、さっそく「どっぺり」の教材研究にでかけました。もうみなさまご存じの通り、「どっぺり」は今はなく、きれいな町並みとなりました。夢に出てくる流れも見えなくなりましたが、暗渠(あんきょ)となり、今は済生館の北側で顔を出し、そこは御殿堰中央親水広場になっています。

さて「どっぺり」です、居酒屋Hのママさんは、「ほんとによく来てくれていましたね、T先生は。K先生(私のことです)もおぼえていますよ。それから、O君も。うらの川で立ち小便をする人がいて、困ったもんでした。ところで、先生、うちの息子…」

居酒屋Hの息子S君は、私が教育実習にいったクラスの子どもだったのです。

2009年01月20日

きんいろのしずく きらきら

大学四年生になった私はI小学校で教育実習をしました。当時、教育実習は5週間でした。配属になった2年2組の教室にS君はいたのでした。担任の先生はベテランの女の先生で、「お任せするから、好きなようにやってみなさい」と言ってくれました。

もう毎日が楽しくて仕方がありませんでした。朝早く学校に行き、子どもたちがいる間は一緒に遊び、子どもたちが帰ってしまうと、次の日の授業の準備と教材研究をするという毎日でした。一緒にI小学校に実習に行ったみんながそうでした。

それでも、楽しい日々はあっという間に終わるものです。子どもたちにお別れ会をしてもらって、教育実習は終わりました。終わった次の日からが大変でした。毎日子どもたちと過ごした学校には、もう行くことができないのです。行ってはいけないのです。

朝になると自転車に乗って学校の近くまで行き、グラウンドで遊ぶ子どもたちを垣根越しに見る日々が続きました。そんなある日の午後、ランニングシャツに半ズボンの男の子が自転車で、びゅんびゅんとやってきました。S君でした。

私を見つけると大きな声で、「せんせー!」、そして急ブレーキ。自転車から飛び降りるやいなや、籠から何か取り出して、にゅっと左手を差し出しました。その手にはアイスキャンデー。自分も右手のアイスキャンデーをなめながら、「せんせー、とけてしまう!」、左手のその先から、きらきらと、きんいろのしずくがこぼれていました。

%E3%83%84%E3%82%BF%E8%90%BD%E3%81%A1%E8%91%89%EF%BC%90%EF%BC%92-1.jpg

「先生うちの息子、大学に入りました。もう、うれしくてうれしくて」、小学2年生だった彼が、大学に入ったのです。詩人であったご主人を早く亡くされ、女手一つで育ててきた、それが報われた瞬間でもあったのでしょう。誇らしげに、うれしそうに語るのでした。

ラクダイ横丁の「どっぺり」のことを聞きに来て、合格の話を聞くのも妙な話ですが、もちろん、私にとってもうれしいことでありました。その後、居酒屋Hでは、いろんなことがあり、いろんな人と出会いました。

作曲家のK.H氏と会ったのもここでした。居酒屋Hのママさんの「せんせー、やってあげなさいよ!」の一声で、K.H氏は私の学校での講演を、快く引き受けなければならなくなったのでした。

S君の消息はいつも聞いておりました。某大手通信会社に入社し、記者としてあちこちかけまわっておりました。その時々に、「今、シドニーなの」「これ、ニューヨークで撮った写真」「結婚したのよ。ロンドンで、家族の写真」と、静かにほほえむのでした。

このごろ、ご無沙汰しているなあ。今晩あたり、たずねてみようか…。

2009年01月27日

星空に夢を育む

教材研究は、このように、人との出会いも生み出すような、楽しい仕事なのだということを申し上げたいわけですが、ずいぶん『ラクダイ横丁』からそれてしまいました。『ラクダイ横丁』の教材研究は、次に、オリオン座にうつりました。

いまのように、インターネットという便利なものがあれば楽なのですが、当時は、本を読むか、人に聞くかしか、方法はありません。この物語の主題に結びつく「オリオン」「三つ星」「500光年」は調べておかなければなりません。

冬の星座オリオンは、二つの台形を重ねた鼓のような形に見えます。上の台形は逆さまになっていますが、その左上の頂点が1等星のベテルギウス、下の台形の右下の頂点がこれも1等星のリゲルです。台形の重なりの部分が三つ星です。

昔の人はこの2つの台形の頂点からさらに星をつないで、巨人オリオンを見ました。三つ星はオリオンのベルトであり、ベテルギウスからは上に振りかざした棍棒を、そして左肩、ベラトリクスからは左手に持つ大きな楯を見たのです。リゲルは左足。

乱暴者のこの巨人、サソリの毒に殺されて、この二つ、オリオンもさそりも、ともに天に上げられ、正座となりました。オリオンが天空高く楯を突き出し、棍棒を振り上げるとき、東の空からサソリが上り、それに追われるように、オリオンは西の空に逃げていくのです。

%E3%83%84%E3%82%BF%E8%90%BD%E3%81%A1%E8%91%89%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

昔の人って、本当に夢がありますね。というより、人間は、昔も今も、星を見るのは大好きなのです。当社では、『太陽・月・星のこよみ』を販売しています。「財団法人 国際文化交友会 月光天文台」というところで出しているカレンダーです。

これがとびきりおもしろいのです。学校にも、理科室に掲示するのでしょうか、よくお買い求めいただきます。そのほか、毎年ご購入いただく方もおります。1,300円という値段のカレンダーなのに、やはり好きな人がたくさんいるのですね。

カレンダーの1日ごとに、祝祭日、旧暦、干支、九星、六曜、月の出入り、満月、新月、上弦、下弦などの月名、月齢、月の形の図、そして、天文事象、世界の記念日、行事と、1日、4㎝×5㎝のなかに盛りだくさんに書き込まれているのです。

表紙を1枚めくってはぎ取ると、その裏は「天気表・生物季節」になっており、1年間の天気と生物記録を書き込むことができるようになっています。これを貼っておき、丸に十の字に天気を書き込みます。1年間の天気表ができあがるのです。

このカレンダー、子どもたちにもたくさんお届けしているのですが、子どもたちが宇宙の神秘に酔いしれて、将来の大きな夢を育むことができたら、うれしいですね。

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
星空に夢を育む
きんいろのしずく きらきら
「どっぺり」のこと
オリオンがきれいです
山形県の明るい地域社会づくりと音楽文化の発展のために
明けまして おめでとうございます
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650