山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2009年02月03日

五百光年とは

『ラクダイ横丁』では、ヨシムラさんが「あの三つ星は、五百光年、つまり、あの星の光が、あそこから、ここまでとどくのに五百年もかかっているんだ」といっていますが、いろいろ調べてみると、500光年はベテルギウスのようです。ちなみに、リゲルは700光年、三つ星は1,300光年~1,500光年といわれています。

それはさておき、子どもたちに500光年をどう教えるかは、おもしろいことです。高学年になると、星の話なんかは、教師よりずっと詳しい子どもがいるものです。そういう子どもの活躍の場とするのが一番よいのですが、とても長い時間かかってとどいた光ということはとらえさせなければなりません。

ご存じの通り、光の速さは1秒間に30万キロメートル、「地球を7まわり半」といわれています。その光が1年かかって進む距離が1光年です。1秒で30万㎞ですから、30×60で、1分では1,800万㎞、1,800×60で、1時間では108,000万㎞、108,000×24で、1日では2,592,000万㎞となります。

もうここまでくれば、読むのも一苦労、その距離感はまったくわからないものになってしまいました。この1日2,592,000万㎞、これが1年、365日ですから、2,592,000×365で、946,080,000万㎞。これでまだ1光年です。

こんな計算を黒板の上でして見せることも、5年生の子どもにはよいのかもしれません。オリオンと地球は、考えられないくらい離れているのだということを、感じてもらえればよいのですから。これは、距離という見方ですが、光が届く時間という見方もあります。

オリオンで、今ぴかっと光ったその光が、地球に届くのはいつかという見方です。これは簡単です。500年後です。つまり、今日の今、見えている光は、500年前の光だということになります。これは子どもにとっては不思議な見方です。

%E4%B8%89%E6%97%A5%E6%9C%88%E3%81%A8%E9%87%91%E6%98%9F-1.jpg

500年前のオリオンを私たちは知りません。でも、500年前のこの地球という星のことはわかります。日本でいえばちょうど戦国時代、時代は少し後になりますが「天地人」、直江兼続は永禄3年(1560年)生まれです。その兼続が活躍した頃です。

ヨシムラさんの思いはこうなのです。「500年前の光、兼続が毎日の暮らしを続けていたころの光、それは、私のおじいさんの、おじいさん、そのまたおじいさん、そのおじいさん、もっともっと昔に暮らしていたおじいさんの光。それが今届いている。私とオリオンとの間にあるこの悠久の時間、それに比べたら、1年や2年」

読解の授業の教材研究は、かくのごとく、算数、数学も、理科も、社会科も、あらゆる学問の研究になるのです。先生という職業、お金をいただいて勉強できるのですね。

2009年02月06日

詩の言葉

校長をしていたY小学校から、卒業生にはなむけの言葉を書くように依頼が来ました。ありがたいことです。私が学校を去ってから4年も過ぎているので、卒業生にどのような言葉がもっともふさわしいのか、悩んだ末に、次の詩を贈ることにしました。


  自分の感受性くらい

  ぱさぱさに乾いてゆく心を
  ひとのせいにはするな
  みずから水やりを怠っておいて

  気難かしくなってきたのを
  友人のせいにはするな
  しなやかさを失ったのはどちらなのか

  苛立つのを
  近親のせいにはするな
  なにもかも下手だったのはわたくし

  初心消えかかるのを
  暮しのせいにはするな
  そもそもが ひよわな志にすぎなかった

  駄目なことの一切を
  時代のせいにはするな
  わずかに光る尊厳の放棄

  自分の感受性くらい
  自分で守れ
  ばかものよ


%E9%9B%AA%E5%8E%9F%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

ご存知、茨木のり子さんの詩です。去年の2月26日号、『倚りかからず』に書きましたが、山形ゆかりの詩人です。「人のせいにはするな」「近親のせいにはするな」「暮しのせいにはするな」「時代にせいにはするな」と厳しいお言葉。「ばかものよ」とまでいうか。

でもこれは、読み手に言っているのではありません。茨木さん、自分に言い聞かせているのです。自分を叱っているのです。そして読み手もまた、読んで自分を叱るのです。私も、この詩のおかげで、幾度となく、「ひとのせい」にしたくなる自分、「時代のせい」にしたくなる自分から逃れました。子どもたちにもいつか、そうなってほしいと思うのです。

2009年02月10日

詩の言葉 2

卒業生にはなむけといえば、工藤直子さんの詩を贈ったことがありました。


  あいたくて

  あいたくて
  だれかに あいたくて
  なにかに あいたくて
  生まれてきた──
  そんな気がするのだけれど

  それが だれなのか なになのか
  あえるのは いつなのか──
  おつかいの とちゅうで
  迷ってしまった子どもみたい
  とほうに くれている

  それでも 手のなかに
  みえないことづけを
  にぎりしめているような気がするから
  それを手わたさなくちゃ
  だから

  あいたくて


Y小中学校にお世話になっていたときのことです。卒業式が終わった校長室に、2人の卒業生がやってきて、「お世話になりました」といって、詩集を2冊。工藤直子さんの『のはらうた』ⅠとⅡでした。それで工藤直子さんが、ますます好きになりました。

%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%89%E3%83%AA%E3%81%AE%E5%A4%A2-1.jpg

パティシエになるといっていたSさんは、手のなかの「みえないことづけ」だったのでしょうか、洋菓子店につとめました。そして、にぎりしめていたもう一つの「みえないことづけ」だったのでしょうか、すてきな彼と結婚し、もうすぐ母親になります。

「みなさんは、『あいたくて だれかに あいたくて なにかに あいたくて 生まれてきた』のです。『それが だれなのか なになのか あえるのは いつなのか』今はわかりません。でも、にぎりしめている手を、そっとひらいてみてごらん。『みえないことづけ』があるでしょう。それで、『あいたくて』、手がむずむずするのです」

「その『ことづけ』がなんだかわかり、『あいたくて』がかなう、その日のために、今のうちに、心と体を、大きく、やさしくしておきましょう」とはなしました。

2009年02月16日

詩の言葉 3

詩の言葉は、短いなかで雄弁です。ずっと昔、先輩が詩を読む授業を見せてくれました。『にくのつなわたり』という、児童詩、子どもが書いた詩でした。


  にくのつなわたり

  かあちゃんが
  ぼくのちゃわんに、
  こっそり肉をいれたので、
  にいちゃんにゆずってやった。
  にいちゃんは
  とうちゃんにやった。
  とうちゃんはうるさそうに、
  かあちゃんへかえしたら、
  かあちゃんはこまった顔をしたので、
   ええ、にくのつなわたり、
   これにておわり
  と、ぼくが大きな声でいったら、
  みんなが大わらいした。
  かあちゃんがはずかしそうに
  わらいながら食べだした。


5・6年複式の教室で行われた先輩の授業は、それは見事なものでした。子どもたちは、この短い詩から、家族愛、家庭の温かさや、この4人家族の性格や人柄、年齢や服装、食事をしている部屋や座っている様子、食べている料理まで読みとっていました。

詩に限らないのですが、文章を読むということは、想像し、創造することです。この詩をお読みになったみなさんは、もう、この家の家族構成は分かりましたね。4人です。でも、5人だと強硬に主張する子どももいます。おばあちゃんがベッドで寝ているのだと。

%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%AF%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

それはそれでよいのです。読み手一人一人が創造することですから。この日の献立はすき焼きです。もちろん、焼き肉だという子どももいます。ステーキだという子どももいます。それでよいのです。いろいろな読みとり方があることを知ることが大事なのですから。

「かあちゃん」も「とうちゃん」も、本当は肉が大好きなのです。でも、「かあちゃん」は肉がきらいなのだという子どもがいます。ぼくのちゃわんに「こっそり」いれたから。「とうちゃん」も肉がきらいだという子どももいます。「うるさそうに」かえしたから。

このように、詩の言葉から、子どもたちは自分なりのストーリーを作っていきます。そのストーリーのつくり方を子どもたちに教えていくのです。私は、この詩で授業をするのが大好きなのです。

2009年02月20日

われら愛す 詩の言葉 4

部屋の色紙を取り替えました。T画伯の赤いかくまきの女の子の絵とともに、「雪はコンコンとふる 人間はその下に生きているのです」の言葉。芳賀秀次郎先生の言葉です。雪の少ない冬だったのに、色紙を取り替えた晩から、雪が降り続いています。

芳賀秀次郎先生はわが恩師です。国語をお習いしました。また、図書委員でしたのでそこでもご指導いただきました。その当時、図書委員には仙台の図書展示会に行くという恩典がありました。市内の女子高生と一緒に。

%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

芳賀先生のほかにだれといったのかも、もう思い出すことができません。展示会のことも少しも覚えていませんが、ついでの松島巡りは、今でもふと思い出すことがあります。透きとおるような海の青と緑の島々、船上に立つ芳賀先生のお姿を。風になびく女子高生の髪やスカートとともに。

教職について、F小学校で国語科を研究教科にすることになりました。芳賀先生はそのOB教員であり、年に1,2度お目にかかることもありました。芳賀先生が退職なされ、文筆活動に入られてから、ある日、『体操詩集の世界 村野四郎』を送っていただきました。

それからしばらくして、先生はお亡くなりになったのでした。先生に教わっていた高校時代も、時々お会いしていた教職時代も、私は、芳賀先生の「われら愛す」を知りませんでした。2007年、YBCのラジオドキュメント「われら愛す - 国家・国民歌についての考察」が文化庁芸術祭大賞を受賞するまでは。


  われら愛す
  胸せまる あつきおもひに
  この国を
  われら愛す


と始まる「われら愛す」。これは、「洋酒の壽屋(後のサントリー)は、講和条約発効一周年を記念して1953年(昭和28年)1月、大々的に新国民歌を募った」(生井弘明著『われら愛す - 憲法の心を歌った“幻の国歌”』)ものでした。フランスの愛国歌「ラ・マルセイエーズ」のような歌を作りたいという、佐治敬三の提案によるものでした。

この入選1編に、芳賀秀次郎先生の「われら愛す」が選ばれたのでした。大々的な発表会の後、壽屋鳥井社長は「巨費を惜しむことなく投じて」この歌の普及宣伝に力を入れたのですが、数年後には忘れ去られていったのでした。

今再びよみがえった「われら愛す」を聞きながら(上掲書にはCDがついている)、芳賀先生の詩の言葉を考えています。わたしたちは、だれにいわれるまでもなく、「この国を われら愛す」なのに、と。

2009年02月27日

日本の教育を守る

M小学校に行って来ました。このたびの新学習指導要領の柱の1つ、「言語活動と体験活動の重視」を正面から実践研究している元気いっぱいの学校です。今の子どもたちを巡る状況が話題になりましたので、考えていることを話させていいただきました。

今、もっとも深刻なことは、格差社会、子どもの貧困ということです。阿部彩著『子どもの貧困』に詳しいのですが、日本はひどい状態になっています。構造改革と規制緩和の中で、子どもから仲間が奪われ、学校が奪われ、地域が奪われています。

昨年の2月4日のブログにも書きましたが、小学校6年生の半分以上もが私立中の受験に走ります。教室に残った子どもたちの後ろ姿の写真が、教室の崩壊、学びの崩壊を語ります。受験競争に勝つことが人生に勝つことだと信じる社会が、子どもたちを分断します。

そして、その競争に参加し、勝つための経済力をもつことは親のつとめであると、マスコミは競争をあおります。挙げ句の果てに、競争に参加できないこと、勝つことができないことは、親がふがいないということであり、親の自己責任であると。

また、その意味で公立学校は常に「問題」です。そこにつとめる教員は問題教員なのです。だから、人事考課を徹底し、教員を競わせなければならないし、選択制にして、学校を競わせなければならない、バウチャー制も必要だなどというのです。

そうやって、学校をどんどん子どもから遠ざけ、地域の人々から遠ざけ、そして郷土愛を説くのです。国を愛する心を説くのです。子どもたちから仲間を奪っておいて、共生の大切さを説き、道徳教育の重要性を説くのです。

そんな教育改革は、東京では必要だとしても、山形ではそのまま実行できません。山形では、山形らしい教育を着実に積み重ねることで、この改革を実行していくのです。山形の子どもたちを確かに見つめて、地域の人々の声をしっかり聞いて。

内田樹氏は、「教育は惰性の強い制度である」(『街場の教育論』)から、いくら教育改革を打ち上げても、結局、今いる教職員と、今ある学校というシステムでしか改革は成されず、その結果は、改革を叫んだ人が生きている間には現れないといいます。

そうなのです。改革を行うのは今学校にいる先生方と、それに続く先生方なのです。先生方が、目の前の子どもとこれからの子どもと、学校が立つ地域と、地域の人々とともに行っていくのです。そういう、息の長いものが教育です。

%E4%BC%9A%E7%A4%BE%EF%BC%90%EF%BC%91-1.jpg

山形の教育を守ること、それは、これまでもそうであったように、日本の教育を守ることであります。そういう、山形教育用品の強い思いで、このブログを続けて参りましたが、私のブログは今日で終わります。長い間のおつきあい、ありがとうございました。
山形教育用品株式会社、これからもがんばります。よろしくお願いします。

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
日本の教育を守る
われら愛す 詩の言葉 4
詩の言葉 3
詩の言葉 2
詩の言葉
五百光年とは
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650