山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2010年07月16日

社長ブログ特別編 第一回

明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~

「はじめに」 イザベラ・バードとアルカディア

◇東洋の桃源郷
 「アルカディア」ということばは、山形県民にとって親しみがある。「桃源郷」や「理想郷」「美しい田園」「牧歌的な楽園」などと訳されて、「住みよい土地」「働きやすい地域」「微笑する大地」などの愛語になっている。山形県では第7次総合開発計画(1985年)を「新アルカディア構想」と名付け、活力ある県土づくりや地域計画のキャッチワードに用いている。また「山形~大阪」間の高速バス「アルカディア号」等の愛称にもなっている。
 そもそも「アルカディア」とは、元来ギリシャ南部のペレポネソス半島の山岳地方の地名である。それが、古来より西洋の多くの小説や詩歌に牧歌的理想郷の代名詞として描かれ、牧人の楽園と謳われてきたのである。
 その「アルカディア」を「山形の地」だと褒め称えたのが、イギリスの女性旅行家イザベラ・バードである。横浜から北海道への旅の途中、1878年(明11)7月、越後米沢街道を歩いて次のように記している。

米沢平野は、南に繁栄する米沢の町があり、北には湯治客の多い温泉場の赤湯があり、まったくのエデンの園である。「鋤で耕したというより鉛筆で描いたように」美しい。米、綿、とうもろこし、煙草、麻、藍、大豆、茄子、くるみ、水瓜、きゅうり、柿、杏、ざくろを豊富に栽培している。実り豊かに微笑する大地であり、アジアのアルカディア(桃源郷)である。
自力で栄えるこの豊沃な大地は、すべて、それを耕作している人びとの所有するところのものである。彼らは、葡萄、いちじく、ざくろの木の下に住み、圧迫のない自由な暮しをしている。これは圧政に苦しむアジアでは珍しい現象である。それでもやはり大黒が主神となっており、物質的利益が彼らの唯一の願いの対象となっている。美しさ、勤勉、安楽さに満ちた魅惑的な地域である。
<「日本奥地紀行」高梨健吉訳 平凡社 P152~153>

 筆者バードが旅した1878年(明11)7月は、大久保利通暗殺事件の直後であり、勤王方と幕府方が日本全土で争った戊申戦争からわずか10年、西郷隆盛の西南の役の翌年である。日本の政治情勢は、まだまだ落ち着いてはいなかった。文明開化は一部の都市で拡まりはじめたものの、地方特に東北や北海道はまだまだ江戸期と変わらない状況であった。
 バードは47歳、「ほんとうの日本の姿を見るために」と、まだ18歳の通訳者伊藤鶴吉だけを連れて、6月からの約100日間、未整備の道路を馬や徒歩で旅した。その時の旅行記録「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」を、ロンドンで旅行2年後の1880年(明13)に出版した。たちまち3刷りとなった。その頃のイギリスビィクトリア朝は、大英帝国として世界各地へ進出し、国民は海外の情勢や旅行の報告に興味関心が高まっていた。特に、当時の女性が海外で一人旅するのは稀であり、バードが描いた文明化されていない日本のようすが魅力的であったからである。
 この著書を初めて日本語に翻訳したのは、当時慶應義塾大学教授の高梨健吉氏(山形県川西町出身)である。1973年(昭48)「日本奥地紀行」として平凡社の東洋文庫であり、ロンドンでの出版から93年後である。日本人の読者は、明治初期の日本の姿を外国人女性が見聞した記録に評判が高まった。
 小生が「日本奥地紀行」に出会ったのは、翻訳まもない小学校教師駆け出しの頃である。当時の山形大学米地文夫先生から「明治期を語る貴重な本だ」と勧められた。小生は、バードの大胆な行動力と鋭い観察力、巧みな表現に感心した。即ち、明治初期の人々の住居、衣服、食べ物、風俗、道路や橋、植物や作物、自然環境等が克明に記録されている。その場で見聞し体験しながら、まるで実況中継しているかのような描写である。
 そして小生は、次のような素朴な疑問をもった。
◎バードが開国間もない東洋の日本を訪れたのは、なぜなのだろう?
◎明治初期において外国人女性の一人旅が、無事故で完遂できたのはなぜなのだろう?
◎最終目的地が蝦夷アイヌ村なのに、新潟から日本海の浜街道を通らずに山形に向かったのはなぜだろう?
◎アルカディアと讃えられた置賜の地は、他地域とどのような違いがあったのか?
 そのうちには、バードが辿った古い街道と峠に刻まれた足跡を訪ね、これらの疑問を解明したいとずっと思ってきた。しかし、その機会はとれず、40年の歳月が過ぎていた。

◇バードの足跡調査に挑戦
 2009年の4月、山形新聞記事「はるかなる道イザバラ・バード文学散歩の旅 山形路紀行200㎞」(企画「元気・まちネット」矢口正武代表:東京都)の誘いに胸がときめいた。前年も同様の企画があったが日程がとれず、悔しい思いをしていたのである。今回は「チャンスは逃すな」と、早速事業実施の山新観光(株)に申し込んだ。
 この山形路紀行には、山形のみならず東京、横浜、札幌、仙台等から30名が集った。文学作品の散歩として、昔の峠や古道の散策として、キリスト教布教の問題解決として等々、バードや昔の街道に興味をもち人生を楽しんでいる方々が参加していた。
 小生は、仲間と一緒に実際に峠や古道を歩いて、バードの紀行文は明治初期の国土の景観や自然、人々の生き様や生き方を知る上で貴重な資料であり、文学作品としてだけでなく民俗・歴史・地理資料として十分な価値があることを再認識した。
 また各地域の方々は、最近峠の石畳を掘り起こし、復元・保護し道端に案内板や標柱を建てている。またバードや街道に関する研究会を開いている。地域興しのひとつの役割を果たしていると感じた。自分の住む地域に愛着をもつことは、ふるさとの歴史や文化・自然環境を実際に調べ、自分のルーツやアイデンティティを確認していく過程を通して、日本人や自分、ふるさと郷土や地域のよさを誇りに感じ高まっていくのであろう。
 この旅行後に、バード自身のことや紀行文の内容に新たな疑問が湧出して、更なる興味・関心が出て疑問点を解決しようという意欲が高まった。更に、道路事情が大きく変貌している今日、バードの足跡を新旧の五万分の一地形図に再現しておきたい、との思いも強くなった。
 そこで、自分なりの7つの疑問点を解くために、山形県立図書館や山形大学附属博物館、横浜開港資料館、文献、地図等で調べ始め、各地の郷土史家やバード関係者を訪ねた。目で見る資料やバードの旅の様子を語る史料の発掘に努めたが、残念ながら当時の写真は少なく新しい発見は少なかった。しかし、これらの調査活動を通して、ひとつの課題解決で新たな疑問をもち、多様な追求となり多くの方々との出会いがあった。正しく「学び」の連続である。
 その結果、バードは旅を通して、自然や人々の社会生活を観察する卓越した博学と感性を身につけ旅慣れた「女傑」であること、異国に融け込もうとその土地の人々に温かく接し友愛の精神で国際協調を実践した「国際人」であること、そしてバードが来日しその後世界を駆けめぐったのはイギリス諜報部員「007」だったのでは、と思えてきた。
 現在の小生は、家族から飽きられる程のイザバラ・バードの虜になってしまった。バード追跡は、まだ一過程であり不備なことも多く、この段階での公開にはためらいもある。しかし、バードに関して私なりの考えと山形路の足跡を新旧の地形図で比較し、お読みいただいた方からご批正等を受けて、今後の追求に活かしていきたいと考えている。
 そこで、【明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~】と称してまとめてみた。

2010年07月21日

社長ブログ特別編 第二回

明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~


第1章 イザベラ・バード 旅行の「達人」・友愛の「国際人」

1 バードの記念碑と保護・継承

 バードは、米沢盆地を「アルカディア」と褒め称えただけでなく、県内外のまちや峠をも賞賛している。県内で特に好感をもたれた金山、川西、天童、上山の4市町では、郷土を誇りバードを讃える記念碑を建立している(写1~4)。

p1-1%EF%BD%9E4.jpg

 このように、記念碑や顕彰碑が建立されたのは、最近のことである。高梨氏の『日本奥地紀行』が発刊されて、日本人に広く紹介されバードの業績を高く評価したからである。なにせ、『日本奥地紀行』が翻訳されるまでのバードは、限られた研究者だけが知り、旅行95年後の年に初めて我々一般人の前に現れたのである。これらの記念碑の文面には、自分のまちを褒め称えたバードの英文と高梨氏の翻訳が引用されている。
 バードに関する地域住民の記録は、通ったであろう街道筋や宿泊地でも残念ながら現在のところまだ見つかっていない。当時、どこの土地でも初めて見る西洋人、バード見物のために人だかりとなった。突然現れあっという間に立ち去る外国人女性に、驚きと不思議さで唖然としていたのであろうが、心あるどなたかは日記等にその様子を記しているにちがいない。山形新聞等の地方新聞も、記事として採り上げていないが、必ず誰かがこのニュースを記したことだろう。近いうちに、古記録として発見されることを期待したい。

p1-5%EF%BD%9E6.jpg

 また県郷土館「文翔館」では、バードの県内での旅程地図を掲示している。南陽市上野の「ハイジアパーク南陽」では、1992年(平4)バードに関する記念コーナーを、国内で唯一設置した(写5)。このコーナーは、バードの人物像とバードが見た置賜像を、当時の時代背景とともに紹介している。直筆の手紙や実物の「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」が展示されている。地元の人々にとって郷土置賜の誇るべきルーツを発見し、地域アイデンティティの確認を通して郷土愛を育む機会になることを願う場としている。更に、「真の国際化とは?」「地方の時代とは?」を考える契機と考えている。今後は全国でのバード研究の「メッカ」となるよう、更なる資料の収集と展示の充実を期待したい。
 さて近年、各地でバードや街道に関する研究会や峠の敷石道や景観等の文化遺産の保護活動が、行政主体だけでなく民間やNPO等で積極的におこなわれている。そのきっかけは、次の5点にあるものと考える。
①1978年(昭53)から始まった文化庁「歴史の道調査事業」で、街道が再認識されたこと。県内では越後街道の黒沢峠での敷石の存在が明らかになり、地域民が中心となり萱野峠や黒沢峠の敷石道を発掘・保護する組織を結成するなど、地域民や関係者の熱意が高まった。「ここ掘れ和ん話ん探検隊」「敷石惚れ掘れ探検隊」「黒沢峠敷石道保存会」「宇津峠歩こう会」「上山まちづくりの会」等の活躍がある。
②街道の復元整備や街道を活かした地域づくりを目指した各種大会を開催していること。「イザベラ・バード記念フォーラム」(ハイジアパーク南陽:1992,1994)や「山形文化フォーラム-バードの足跡-置賜の人々と日々の暮らし」(飯豊町:2004)、「全国街道交流会議」(上山市:2004)、「羽州街道交流会」(金山町:2007)、「バードフォーラム」(ハイジアパーク南陽:2010)があった。また「越後米沢街道十三峠交流会」「六十里越街道交流会」「とうほく街道会議」など各地に研究会があり、NPO「元気・まちネット」(矢口正武代表)の企画役割も大きい。
③景観や環境を重んじる「まちづくり」や「みちづくり」の啓発活動が進んできたこと。例えば金山町での「街並み景観づくり100年運動」(1983~)は、着実な成果をあげている。更に、各地区振興会や協議会が、峠や街道、歴史的遺産の案内板や道標を設置している。
④「日本奥地紀行」の翻訳によって、バードの価値ある業績が認識されたこと。更に近年の相次ぐ「全巻」翻訳出版によって、バード研究が新たな視点から脚光をあびている。
⑤健康保持、生涯学習の機会、自分探しの旅等として、古街道や峠道を歩く活動が増えていること。更に、前述の東京「元気・まちネット」の組織が、「はるかなる道イザバラ・バード文学散歩の旅」のように、貴重な歴史の残る山形路を更に広めようと、観光業者が諸団体と提携して誘客・啓発に努めている。
 このように、バードや街道、文化遺産の研究・保護・継承は確実に行われており、将来にわたって継続・発展していくことを願いたいものである。

2010年07月23日

社長ブログ特別編 第三回

明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~


第1章 イザベラ・バード 旅行の「達人」・友愛の「国際人」

2 バードは小柄な体格

 2009年(平成21)6月に開催された「イザベラ・バード文学散歩の旅 山形路紀行」のシンボル旗は、バード50歳の肖像である(写1)。フリー百科事典「Wikipedia」のもので、バードが離日して3年後の1881年、ジョン・ビショップとの結婚直前のものである。旅行家・探検家にふさわしく、凛々しく見える。p2-1-1.jpg
 バードのイメージは、高梨健吉訳の「日本奥地紀行」初版の写真が一般的である(写2)。英国王立地理学会特別会員として、上品な貴婦人のポートレートである。しかし、晩年の姿とは言え多くの国の未踏地を馬や徒歩で駆けめぐった人には見えない体格である。
 バードの実際の体格や容姿は、どうだったのだろう? 小生は、バードは元々小柄な体格だったと推察する。その理由は、次の4つの資料からである。
①「日本奥地紀行」の第26信の「大館」での「蓑笠姿」の絵が物語っている(図1)。原注に「蓑と笠と全身の姿はわたし自身をスケッチしたものであるが、顔は日本の若い女性に似せてある」とあるからである。なお、この図は、2000年(平成12)刊行の「日本奥地紀行」第2版(高梨健吉訳・平凡社ライブラリー)のカバーデザインに使用されている。
②紀行文の随所で、馬の乗り降りや歩行のようすが身軽な立ち居振る舞いと読みとれる。特に、雨天時の悪路や急峻な峠道での馬の操り、洪水の中小さな川舟での渡りなどでは、地元民さえ難儀しているのに難なく踏破していくのである。持病とされる脊椎の痛みは、たまに起きるが大きな障害にはなっていない。
③バードが日本で撮られた写真は、1896年(明29)7月、来日5回目65歳、横浜ファルサーリ商会のものだけである(写3)。この写真は、現在も日光金谷ホテルに掲額されており、細身である。写1・2・3を比較すると、1904年(明37)72歳で生涯を閉じる晩年になって、少し太り気味になったのだろうか。

p2-2%EF%BD%9E4.jpg

④1890年11月のトルコのエルズルム(写6)や1895年3月中国の汕頭(すわとう)での写真である(写5)<注1>。馬上や写真機と一緒に撮っているバードの体格は、馬の大きさや写真機の三脚の高さ、周囲の男性の体格からみても小柄であったと言える。三脚の大きさから見て、身長は150㎝程度だったのではなかろうか。これらの写真は、残念ながら日本での写真ではないが、バードの実際の旅の服装や様子を知る上で貴重なものである。

p2-5%EF%BD%9E9.jpg

 写真や挿絵は、紀行文にとって重要な要素である。バードはスケッチを得意としており、日本の紀行文でも、多くの挿絵を採り入れてきた。バード自身が写真機を愛用するのは、1892年(明25)からである。工芸学校で写真技術を学ぶなどして、旅行写真のパイオニア的と評価されている。その頃は、自分がやってきたスケッチの有用性を、次のように言明している。

「今までに写真ほど私を夢中にさせたものはなし」「お金のかからないスケッチは、旅行記には欠かせません。私が撮った写真を使うつもりはありません」
<O・チェックランド著 川勝貴美訳 「イザベラ・バード 旅の生涯」 P224>

 しかし、その後「イザベラ・バード極東の旅1・2」では、自分が撮影した多くの写真を活用し臨場感を出している<注2>。日本では東京・岐阜の孤児院や中禅寺湖を撮っている。これまでの上記のような考え方は、写真のリアリティと便利さの魅力には勝てなかったのだろう。
 このように、バードに関する写真6枚を関係書籍から見つけ出したが、不明なこともある。例えば、写4と写6はチェックランドの同じ著書で同じ1890年の説明なのに、体格・容姿等が全く別人のようである。写6は写1とも似ているが、掲載か説明のまちがいなのだろうか。これからの分析が必要である。

<注1> O・チェックランド著 川勝貴美訳 「イザベラ・バード 旅の生涯」 日本経済評論社 1995 P214、P248
<注2> イザベラ・バード著 金坂清則編訳 「イザベラ・バード極東の旅1・2」 平凡社東洋文庫 2005

2010年07月28日

社長ブログ特別編 第四回

明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~


第1章 イザベラ・バード 旅行の「達人」・友愛の「国際人」

3 「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」の邦訳本は5冊

 「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」(原題:日本の未踏の地)の最初の邦訳本は、1973年(昭48)10月、高梨健吉氏の「日本奥地紀行」(平凡社東洋文庫)である。それは、「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」のロンドンでの初版から93年後の年にようやく一般の日本人の陽の目を浴び絶賛された。2000年代に入ってから、この「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」の邦訳本は、次のように相次いで各社から出版されている。

1973年(昭48)10月 「日本奥地紀行」 高梨健吉訳 平凡社東洋文庫
2000年(平12)2月 「日本奥地紀行」 高梨健吉訳 平凡社ライブラリー
2002年(平14)8月 「バード日本紀行」 楠家重敏・橋本かほる・宮崎路子訳 雄松堂出版
2006年(平18) 山形大学名誉教授大津高訳(岩波文庫で出版企画、現在中断中) <注1>
2008年(平20)1月 「日本の未踏路 完全補遺」 高畑美代子訳 中央公論事業出版
2008年(平20)4月 「イザベラ・バードの日本紀行(上・下)」 時岡敬子訳 講談社学術文庫

 これらは全てバードの同じ「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」(写1)を邦訳しているのに、内容を全て載せているか、削除箇所があるか等内容に違いがある。
 2000年(平12)の「日本奥地紀行」は、1973年(昭48)と同じ書名と訳者、内容であり、平凡社ライブラリーとして新たに装丁されたもので変わりない。p3-1%EF%BD%9E2.jpg
 それに比べて、2002年の楠家重敏らの「バード日本紀行」と2008年の時岡敬子の「イザベラ・バードの日本紀行(上・下)」は、高梨の「日本奥地紀行」の約2倍の内容となっている。また2008年高畑美代子の「日本の未踏路 完全補遺」は、「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」の初版本には掲載されてあるものの、高梨の「日本奥地紀行」に含まれていない部分を補遺し、それらの省略・削除の箇所を指摘したものである(写2)。
 これらの違いは「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」原本の1880年(明13)刊行「初版本二巻」本を邦訳したものなのか、5年後に刊行した「省略本一巻」本を邦訳したものかによるのである。版元は同じマレー社である。
 これらは、何を意味しどんな影響があったのであろうか? それは、高梨が邦訳した「日本奥地紀行」は、「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」の原本の初版本ではなく、1885年(明18)にマレー社の省略本一巻を翻訳したものなのである。高梨は凡例のp1に「普及版(1885年)の全訳」と記載している。なお1885年(明18)のロンドンでの省略本には、扉に「新版・省略」との表示がみられたが、1888年(明21)の三版の省略本には「省略」の表示は消えている。当時のロンドンでの出版界では、「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」と言えば、これらの省略本を指すまでになっていたという。
 バードに頼まれマレー社の支援で「イザベラ・バードの生涯」を執筆したアンナ・ストッダートは、「旅行と冒険の本として廉価で一般への普及を目的にし、商品にしたかったのは未開で素朴なアイヌの人々」と説明している<注2>。p3-3-1.jpg
 それにもかかわらず1900年(明23)には、ロンドンのジョージ・ニューンズ社が、原著版の2巻をまとめて「新編UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」として出版している。著者名は、バード名ではなく結婚後のビショップを使っており、前書きを修正し挿絵だけでなく写真をも取り入れている。これらの経緯も、今後の吟味が必要である。
 そもそも初版本は、ロンドンとニューヨークで発売一ヶ月で3刷するほどのベストセラーであった。それにもかかわらず、マレー社はその初版から5年後と8年後に内容を半分も削除した「省略本」を刊行している。邦訳の先達者高梨健吉氏は、これらの事情を把握した上で省略本を翻訳したのかは、今のところ明らかでない。
 ところで、初版本から削除・省略された部分(高梨「日本奥地紀行」で省略、時岡「イザベラ・バードの日本紀行」で記載)は、どの箇所で、何なのだろうか?
 次の5点が主な事項である。
①東京~神戸~京都~宇治~奈良~伊勢~草津~京都~大阪~神戸の10月後半からの旅行全文
②キリスト教伝道拠点地での伝導の問題と医療伝道活動について
③バードのキリスト教観や日本の宗教の実態について
④明治政府の新しい諸制度(医療・紡績工場・絹糸・演劇等)について
⑤明治政府やサトウの情報から得た覚書(食品・食料・産業統計・政治組織等)
 山形県に関しては、次のことである。
◇第23信(上山にて)
流れ灌頂、イギリスについての質問(言論の自由の範囲)、絹糸と養蚕、蔵の役割と工法、富の神の像(大黒)
◇第24信 7/16(金山にて)
坂巻の橋の説明、山形の製糸工場、医師資格、喫煙、農村や県の統治、納税方法の改正、鉱物の権利
◇第25信 7/21(神宮寺にて)
石の縄(蛇籠・竹蛇籠)、脚気
 このように、未踏地の東北や北海道のアイヌ村を優先し東京以西は削除している。また、キリスト教宣教や医療伝道活動については避けている。それは20年前のマレイ氏の出版姿勢、即ちアメリカ紀行の時と同じなのだろうか。バードが新潟を訪れた主な目的は「バーム医師の行った医療伝道活動についてなにがしかを学ぶこと」であり<注3>、新潟や函館の宣教師宅での宿泊は和やかに懇談しているのである。それらの記述内容がバードが英国の宣教協会(CMS)の「現地教会組織方針」に批判している、と思われるのを避けるためだったのだろう。
 いずれにせよ、マレー社は普及版「旅行と冒険」の本とするために、バードの英国国教会における立場を考慮し、新しい日本の姿、西洋産業や文化を採り入れている様子や日本国の統計資料、を削除した。マレー社の出版事情と言うより、日英同盟締結や絹・生糸の貿易相手国として、日本に関する情報を国策として制限したと考えるのは行きすぎだろうか。
 諜報部員「007」バードの使命は、日本の情報特に未知なる奥地の実態を詳細に集めることだったのである。130年経った今日、全文が邦訳され真のバードの姿が見えつつあると言える。

<注1> 「河北新報」 2006.10.6記事 山形県立図書館所有の「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」初版本訳 2006
<注2> アンナ・ストッダート 「イザベラ・バードの生涯」 1995
<注3> イザベラ・バード著 時岡敬子訳 「イザベラ・バードの日本紀行」 講談社文庫 2008.4 P253

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
社長ブログ特別編 第四回
社長ブログ特別編 第三回
社長ブログ特別編 第二回
社長ブログ特別編 第一回
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650