山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2010年09月08日

社長ブログ特別編 第十回

明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~   渋谷 光夫


第1章 イザベラ・バード 旅行の「達人」・友愛の「国際人」

9 治安のよさと旅成功の六要因

p-8-1.jpg バードが横浜港に着いたのは、47歳の1878年(明11)5月である。4月にイギリスを出発し、ニューヨーク・サンフランシスコ・上海を経由している。サンフランシスコからは、22日間の航海であった。
 横浜ではオリエンタルホテルに二泊しただけで、汽車で東京に向かい、英国公使館やローマ字を考え出したヘボン博士宅に滞在し、精力的に情報を収集し周到な計画を練っている。
 東北地方の未踏地や北海道のアイヌ村を訪ねる旅の構想はいつ頃できたのであろうか? バードは、次のように記している。

東北地方について知っている外国人はほとんどいないようです。また政府のある部局はわたしが問い合わせると旅程表をくれましたが、踏破したいと考えているルートのうち140マイル〔約224㎞〕分は〔情報不充分〕という理由で空白のままです。ハリー卿がにこやかにおっしゃるには『情報は行って自分で集めなければならないようですね。そのほうがかえっておもしろいじゃありませんか』。ああ! でもどうやって?
<時岡敬子訳 「イザベラ・バードの日本紀行(上)」 講談社 P84>

 バードは、旅の計画中、在日のイギリス人に日本での旅は「東北と北海道」であることを語り、指導助言を得ようとした。ヘプバーン博士は「この旅行はすべきでない、津軽海峡すら行けないだろう」という考えで、ほとんどの人々も友好的な関心を引き起こしたが、蚤の大群と粗末な馬が旅の障害になると「反対」であった。
 しかし、イギリス領事代理のウィルキンソン氏は、「内陸旅行計画はかなりむちゃではあるものの、女性がひとりで旅してもまったく安全」と「賛成」した。パークス公使と夫人も「親切であり、内陸を旅するという最大の計画について心から励ましている」と、旅支度の準備を協力している。
 当時、外国人の内地旅行には厳しい制限があったが、パークス公使の力によりバードは「制限なしの通行証」を手に入れた。踏破したいルートは「東北と北海道」と固まったようだが、その計画ルートについては明示されていない。予定と実際の旅がどう変わったか興味のあるところである。
 日本での女性一人の旅は、イギリス公使館のハリーやウィルキンソン氏が述べているように、本当に治安は安全だったのだろうか? バードは、次のように記している。

ヨーロッパの国の多くでは、またたぶんイギリスでもどこかの地方では、女性がたったひとりでよその国の服装をして旅すれば、危険な目に遭うとまではいかなくとも、無礼に扱われたり、侮辱されたり、値段をふっかれたりするでしょう。でもここではただの一度として不作法な扱いを受けたことも、法外な値段をふっかけられたこともないのです。それに野次馬が集まったとしても、不作法ではありません。
<時岡敬子訳 「イザベラ・バードの日本紀行(上)」 講談社 P228>

この家の女性たちはわたしが暑がっているのを知ると、気をきかせてうちわを取り出し、丸一時間わたしをあおいでくれました。代金を聞くと、それはいらないと答え、まったく受け取ろうとしません。これまで外国人を一度も見たことがない、本にわたしの「尊い名前」を書いてもらったからには、お金を受け取って自分たちを貶めるわけにはいかないというのです。
<時岡敬子訳 「イザベラ・バードの日本紀行(上)」 講談社 P312~313>

わたしは本州奥地と蝦夷の1200マイル(約1920㎞)を危険な目に遭うこともなくまったく安全に旅した。日本ほど女性がひとりで旅しても危険や無礼な行為とまったく無縁でいられる国はないと思う。
<時岡敬子訳 「イザベラ・バードの日本紀行(上)」 講談社 P484>

 このように、未踏の地でも日本の治安のよさと安全性は、世界でも突出していることに感嘆している。治安の安定と日本人の思いやりの美風は健在であり、バードは賛嘆している。
 さて、旅行支度はどのようなものだったのだろうか? 第9信の「粕壁」に記している<注3>。

・◎柳行李2個(紙で内張り・防水カバー) ・◎折り畳み椅子 ・◎ゴム製浴槽
・◎折り畳み式ベット(軽い棒にキャンパス地、高さ76㎝、2分で組み立て)
・人力車用の空気枕 ・シーツ ・毛布一枚 ・適度な量の着替、部屋着 ・蝋燭
・メキシコ式鞍と馬勒 ・ブラントンの大判日本地図 ・アジア協会紀要数冊
・サトウの英和辞典
<食料> ・リービッヒ製エキス少々 ・レーズン4ポンド ・チョコレート少々・ブランデイ少々

 このうち◎印4点は、パークス公使夫人が準備してくださった。新潟では蚤除けの蚊帳を加え、ビスケット一缶をファイソン夫人から、チョコレートとキニーネがバーム博士から贈られている。しかし、荷物の重さは粕壁での当初の50㎏から29㎏にまで減らしている。荷物をできるだけ少なくし、食料は現地調達方式でというこれまでの旅経験から得た教訓を、活かしているのである<注4>。なお、望遠鏡はハンドバッグに入れていたのだろう。
 また宿泊や輸送・通信体制は、どうだったのだろうか? 明治8年の内国通運会社の発足により、宿駅や人馬継立の輸送手段、定額等の宿泊規定ができて、全国どこでも安心して旅行ができ、郵便や電信網が全国にわたり着実に整備されつつあった。バードは、新潟と函館で妹らの手紙を確実に受け取っている。
 更に、通訳者伊藤は訪れた地の警察署に必ず立ち寄っているし、バードを見学する群衆などの時には警察官が警備している。これらのことから、バードの旅に関して明治政府の陰ながらの協力・支援があり、英国と明治政府との連携の強さがあったと考えられる。
 このように、未踏地の旅を成功に導いた要因を、小生なりに考えると次の6点である。
①最少限の装備と食料、そして通訳一名のみの同行者
②事前の価値ある情報を収集し、現地での的確な交渉と判断
③その土地の人々や生活・習慣を尊重し、自分の考えの控えめな主張
④整備された郵便と駅逓制度の普及とその活用
⑤通訳者伊藤の主人バードへの接し方と周囲に対するきめ細やかな配慮
⑥大英帝国の巨大な力を基にした日本政府と警察の監督保護や陸運の宿駅制度
 なお、バードが晩年になってから、「旅成功の秘訣」のインタビューを受けている。命を賭けた中国奥地やペルシャの旅をも含めた食料や寝具・衣類等、具体的な記録であり、バードの生き方を考える上でも貴重である<注5>。

<注1・2>イザベラ・バード著 時岡敬子訳 「イザベラ・バードの日本紀行」 講談社学術文庫(上) 2008.4 P48,P82
<注3・4>イザベラ・バード著 時岡敬子訳 「イザベラ・バードの日本紀行」 講談社学術文庫(上) 2008.4 P114,P287
<注5>イザベラ・バード 金坂清則編訳 「イザベラ・バード極東の旅2」 平凡社東洋文庫 2005.10 P114

2010年09月15日

社長ブログ特別編 第十一回

明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~   渋谷 光夫


第1章 イザベラ・バード 旅行の「達人」・友愛の「国際人」

10 山形県内の旅程は7泊それとも8泊?

 バードが東北と北海道を旅したのは、3ヶ月と10日余りである。宿泊所が明らかなのは、横浜のオリエンタルホテルと東京での英国公使館とヘボン博士宅(ヘボン式ローマ字考案者)、日光の金谷邸(現金谷ホテル)、新潟でのファイソン邸(教会伝道会)、函館でのデニソン邸(教会伝道会)である。旧本陣とか大きな宿屋、現存している建物から福島県大内宿の「美濃屋」(阿部家)のように判明しているものもあるが、大半は不明である。
 バードは、宿泊した宿屋の名前をなぜ明記しなかかったのだろうか? あれだけ詳細に記録を採っているのに、宿屋名を書かないのは不可解である。1875年(明8.11)「外国人が宿泊できるのは旅籠渡世の者」の規制を受けて宿泊した一般の宿屋が規則違反の迷惑を避けてたとすれば、宿場町や温泉町での大きな宿屋名は記しても良いはずである。ただし、この規程は「旅館でなく民家でもよし」と1878年(明11.9)には改正されいる。
 バードが宿屋名を書かない訳は、出版にあたって手紙を書いた日付と場所がわかれば宿屋を記録する必要性がなかったからだろうか。それとも宿屋の部屋や接遇の様子を、ありのまま詳細に記しているので、個人情報の保護の観点から意図的に避けたのだろうか。
 ところで、このバードが宿泊した所を記載していないことでは、山形県内における行程に「ズレ」が出ており、日程と宿泊地に「謎」が残る。即ち、「小松で日曜日を過ごした」とあり、次の日曜日21日には「神宮寺で日曜日を過ごしました」とある。小松での日曜日からの一週間に、9泊したことになっている。2泊多く、宿泊地が不確実なのである。
 バードは、日曜日を頑なに「安息日」としており、旅行中でも休憩・休息の日である。父エドワードは「安息日」を守る信念が強く、バードも幼年時から受け継いでいる。
 この紀行文では、宿泊地がどこであるかや日程のズレは、文学上大きな問題ではない。しかし、紀行文中で2泊多い「謎」を解明するために、次の記述を参考として考えてみる。

◆「お祭りらしく、どの家にも提灯と旗があり、おおぜいの人々がお寺の境内に群がっています」(P323)
 上山の石﨑神社のお祭りであろう。当時は旧暦6/15が祭礼日であったが、新暦では7/14の月曜日にあたる。
◆「同じようにすばらしい道路を3日旅して60マイル(96キロ)来ました」(P328)
 96キロは前日の夏刈から金山間になる。夏刈~赤湯~上山の旧米沢街道は、県令三島通庸が新道整備中で、完成直前の坂巻川の常盤橋を褒め称えている。山形から北の天童~楯岡~新庄~金山間は旧羽州街道大名の参勤交代路であり、神町や東根には松並木があり、 バードにとってこのような道は日光街道以来である。
◆「翌日の旅も前と同じ立派な道路を通って、23マイル(約37キロ)を超すきょうの旅」(P333)
 上山から楯岡間の距離にあたる。
◆「新庄では…蚊に刺されないようベッドに入るしかありませんでした」(P334)
◆「上等の道路は終わってしまい、前のように難儀な旅がはじまりました。けさ新庄を発ったわたしたちは険しい尾根を越え、たいへん美しくて変わった盆地に出ました」(P334)

 上等の道路は新庄までとなり、P328の記述と矛盾してくる。盆地は金山を指すのであろうが、上台峠は険しい尾根ではない。
◆「金山に着いたのは正午という早い時刻だったもので、一両日ここに滞在するつもりです。…鶏を調達してきてくれました! …ふた晩休憩できるきれいで静かで衛生的な宿屋は…ここに泊まらざるをえなくなりました」(P334~335)
 正午に着くには、新庄からの3里が妥当。金山での2泊するつもりとは願望であって、実際は1泊だったのではないかと思われる。
◆「7月18日、虫に刺された跡があんまり熱をもって痛むので、昨夜わたしは喜んで新庄の日本人医師に往診してもらいました。…わたしはノソキ医師を夕食に招待しました」(P333,338)
 7月18日とあるので金山と思えたが、昨夜とあるので診察と夕食接待は新庄でのことであろう。新庄と金山での時間系列が混在している。
◆「宿の亭主と戸長つまり村長が夕方わたしを正式に訪ねてきました」(P338)
 金山にて。
◆「金山の戸長と長く語らったあと、朝とても早く…6時40分に出発しましたが…」(P344)
◆「主寝峠とサカツ峠を越え、12時間かけて踏破した距離は15マイル(約14キロ)」 (P345)
◆「翌朝見事な杉並木の下の湿地を9マイル…湯沢に着きました」(P347)
◆「横手で毎週木曜日、去勢牛…夕食にステーキを…ところが着いてみると、肉は売りきれ、卵はひとつもなく…」(P352)
◆「神宮寺に着くと、…そこで日曜日を過ごしました。…日曜日の朝5時に…」(P361)
<時岡敬子訳 「イザベラバードの日本紀行」 講談社>

 バードは、平地を馬で連日7~9里も進む。宇津峠や雄勝峠では6里が精一杯である。釜澤克彦氏<注1>や金沢正脩氏<注2>も、日程と宿泊地を特定できないとしている。これらのことや距離数を考慮し、私なりに次のように推測した。

p9-1.jpg

 このように、釜澤氏と金沢氏は小松は1泊で、14日を移動日と考えている。筆者の案は金山は1泊で21日の日曜日を移動日と考えた。バードは、横手での宿屋が好ましくないため連泊を避けようと、日曜日に旅をしたと書けないので、このような混在した記述になったと考える。
 「安息日」に旅の移動をしたと書けないキリスト教徒としての事情によるのだろう。あるいは、バードの記憶違いか、日記のつけ間違いによるものなのかは定かではない。
 バードの旅が始まって、既に一ヶ月過ぎている。47歳、旅の達人でも、連日約30~40㎞の馬での道中である。虫さされなどで医者の治療が必要になる程に、疲れも出てきたのだろう。

<注1>釜澤克彦 「イザベラ・バードを歩く-『日本奥地紀行』130年後の記憶」 彩流社  2009.6 P48
<注2>金沢正脩 「イザベラ・バード『日本奥地紀行』を歩く」 JTBパブリッシング 2010.1 P5

2010年09月22日

社長ブログ特別編 第十二回

明治の「007」イザベラ・バードと「バード・ウオッチング」~「山形路」の街道足跡を辿る~   渋谷 光夫


第1章 イザベラ・バード 旅行の「達人」・友愛の「国際人」

11 5回の来日とその後

 バードは、1878年(明11)に離日した後に、1894年2月から1896年12月の間に日本を5回も訪れ都合11ヶ月滞在しているという<注1>。また熊本城の写真を撮り、英国教会伝道協会(CMS)の女性宣教師ハンナ・リデルに会っているはずなのに、その行程が解明されていない<注2>。
 小生は4回の来日時を確認できたが、残り1回は未確認である。また、下記からも読み取れるように、注目すべきは日本から朝鮮と中国へ渡っていることである。
p10-1.jpg
来日1回目<1894年(明27.2)・63歳>
  カナダ~横浜、神戸~朝鮮、満州、天津、北京
来日2回目<1894年(明27.12)~95年(明28.1)・63歳>
  ウラジオストック~長崎、大阪、京都~朝鮮、上海、香港
来日3回目<1895年(明28.7~12)・64歳>
  香港~長崎、大阪、東京、伊香保温泉、日光金谷ホテル~朝鮮、上海
来日4回目<1896年(明29.7~10)・65歳>
  上海~横浜、日光金谷ホテル、日光湯元温泉~朝鮮~翌年1月英国へ

 1894~96年(明27~29)は、日清戦争(1894.7~1895.4)の直前・中・直後である。戦争という非常時に、日本を訪れたのはなぜなのだろう? そして離日後は必ず朝鮮と中国へ渡っている訳は何なのだろうか?
 小生は、バードの1878年の最初の来日目的は、旅行作家・探検家として開国間もない日本国内の情報収集を装った初任諜報者「007」であったが、その後の2~6回目の来日は、イギリスの重要諜報者「007」としての役割だったのではないかと推測している。
 なぜなら、憲法発布(1889)、条約改正(1894・日英通商航海条約)、三国干渉(1895・仏独露)、日英同盟(1902・締結、1905・継続更新、1911・継続更新)、日清戦争(1894)、日露戦争(1904)等に関しての情報は、各国の外交を左右する的確な情勢分析が必要だった。そこでバードは、日本の各界の重鎮や政府役人との交流で情報を入手するのに適役だったと考えるからである。
 これらの来日時の著書は、今のところ発表されていない。しかし、「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」(2巻本・1878)の新版を、1900年にジョージ・ニューンズ社から出版している。これまでのジョン・マレー社から版元を替えて、序文と写真14点を新しく収録している。ビショップ博士と1881年3月結婚し、その5年後に夫は病死したが、イザベラ・L・ビショップの名前を使っている。
 京都大学大学院の金坂清則氏が「イザベラ・バード極東の旅1・2」(平凡社・2005)として編訳している。その中の「新版序文」で、バードは旧版の11年前と比較して、日本が変化していることと変わらないものを、次のように記している。

◇この光り輝き覇気に満ちた帝国[大日本]は、新奇な試みを次々に試すようなことはせず、賢明で先見の明のある革命期[明治維新]の政治家たちが30年前に定めた通りの方針に則って着実に進んできた。このことは疑いの余地がない。彼らの一部は今もなおこの国の運命を左右している。この20年の間、革命も、混乱も急激な反動もなく、新奇な試みを次々試すこともほとんどなかった。一歩一歩足場をしっかり固めて次の段階に進んできたので、すばらしく堅実な結果がうまれているのである。
◇すべてのものの真の進歩の礎となる教育改革が、思慮深くまた注意深く実施されてきた。特筆されるのは小学校と中等学校の教員のより万全な養成と京都帝国大学の設立である。
◇道路は等級に区分されてきたし、拡幅もされてきた。
◇鉄道建設も精力的に推し進められてきた。…日本の貿易は…社会の秩序は…。
◇[日清]戦争で中国に勝って以来、強い好戦的な気運が一般大衆を捕らえているし、政府は陸軍を倍増することによって不慮の事態に備えている。また、今や英国海軍に次ぐまでになっている海軍はいずれも最新の構造と装備を備えた多数の魚雷艇や駆逐艦・巡洋艦・戦艦によって急速に増強されてきており…。
◇国内の新聞は大きな力をもってきた。…以上述べたことは、20年の間に生じた変化のうちで特に目立つものである。
◇変わらないままのものもある。…熱烈で自己犠牲を厭わない愛国心、国家の長[天皇]への普遍性、祖先崇拝、家族愛、魅力的な礼儀正しさ、中・下層の人々の日常生活における神仏混淆的慣習…。
◇知識階級の青年はほとんどすべてが不可知論者である。…キリスト教が広がる見通しは、…明るくない。
<金坂清則編訳 「イザベラ・バード極東の旅2」 平凡社 P93~98>

そして、旅の記録を改訂せずに再度出版する旨を、次のように述べている。

◇主要都市でも、このような変化(建物や街路)が現れ始めてはいるものの、思ったほどではない。農村地域では、…交通機関が発達し、教育が高度化し、新聞が普及したとはいえ、人々の暮らしに生じた変化はごくわずかである。…これが、「人がよく訪れるところ」から隔たった日本の姿を非常に正しく伝えていると信じながら。
<金坂清則編訳 「極東の旅2」 P98>

 金坂清則氏は、「イザベラ・バード極東の旅1・2」(平凡社・2005)で、「この新版刊行がバードにとってたいへん重要な意味を有する」とし、極東の旅の成果としての旅行記は、「朝鮮奥地紀行」と「中国奥地紀行」の二部作でなく「UNBEATEN TRACKS IN JAPAN」の新版を加えて三部作であると捉えている<注3>。
 また、版元をこれまでのジョン・マレー社からジョージ・ニューンズ社に替えてまで出版する必要感は、何だったのだろうか。英国ではバードの内容に対して、ブラキストンとケプロンの批判があったにせよ、序文と写真14点を新掲載しただけなのである。
 マレー社は、バードが政治や軍事、宗教に関することを記述することを以前から嫌っていた。ジョージ・ニューンズ社が版元を引き受けたのは、写真掲載の新しい要素もあるが、新版はマレー社の省略された「普及版」の復活ではなく、「初版本」の復活であること、そして新版序文に、わずか数行であるが政治、軍事、宗教を記載したことと関わっていると小生は考える。
 なおバードは、これら5回の来日時にも、毎日記録を録っていたと思われる。何せバードは、毎日日記をつけるのが習慣なのである。恐らく諜報内容を、手紙として本国へ送っていたのではなかろうか。バードの手紙は、今もロンドンのジョン・マレー社とエデンバラのスコットランド国立博物館の2カ所に保管されているという。2~5回の来日での手紙が必ず存在し、バードの役割が明らかになると確信している。
小生の今回のバードウオッチングはここまでとし、朝鮮や中国、マレーシア、インド、トルコ、ペルシャ等については、将来のウオッチングとしたい。
 次章では、1878年の「山形路」を、現在と比較しながらウオッチングしていこう。

<注1・2・3>金坂清則編訳 「イザベラ・バード極東の旅2」 平凡社東洋文庫 2005 P93,
P297~299,P376~377

 社長ブログ特別編は、今回をもって一旦終了します。

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
社長ブログ特別編 第十二回
社長ブログ特別編 第十一回
社長ブログ特別編 第十回
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650