山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2012年08月08日

社員研修報告

会社の社員研修で、「お伊勢参り」をしてきました。第62回式年遷宮の前年にあたり、また、本社社屋に神棚が備わった(前に、当欄で記しました)今年。ありがたい機会でした。

ise01.jpg私にとっては初めての、内宮での「特別参拝」です。式年遷宮に寄付をさせていただいた(わずかですが)社員十数名。真夏の猛暑のなか、男性は背広姿でネクタイを締め、女性は正装に近い服装で威儀を正しました。お祓いを受け、神職に先導されて玉石を踏みしめ「外玉垣南御門内」に進み出て、「御垣内参拝(みかきうちさんぱい)」。寸前までは、あれもこれもお願いして、などと欲張っていました。しかし結局、その場では何も祈念せず、頭も心も唯々「無」の状態になって、ひたすら拝礼していたように思います。気持ちが高揚していたのか、不思議に記憶が定かでありません。ただし暑さのせいでないことは確かです。

伊勢神宮のみならず、古来から人々の心の拠り所となってきた神社仏閣などには、目には見えない「何か」が存在している、ともいわれます。幼子が見様見真似でお参りしている姿などを見ていると、その「何か」の存在は幼子たちにも分かっているのかな、と思えます。もしかすると、幼子だけには、その存在が見えているのかもしれません。

「今の日本では、信仰心が薄れてしまっている。信仰心すなわち、人知の及ばない見えないものを恐れ敬うことである。言い換えれば、畏怖畏敬の念。これを大切にしない日本の将来は、危うい」。以前お聞きしたある考え方の骨子です。頷ける考え方だと思っています。「お天道様が見てるから…。神様がお見通しだから…」が日の目を見なくなったのは、あの“三丁目の夕日”の時代を過ぎた頃からでしょうか。私自身も、信仰心を大切にしないまま、生きてきたのだろうかと考えてしまいます。

痛ましい、いたたまれない、憤りを感ぜずにいられない様々な出来事が連発している日本。子・孫世代の心に、畏怖畏敬の念をぜひとも宿らせたいと、今更ながら考えている私ではあります。でも、まずは自分からでしょうか。(平24.8.8)

2012年08月10日

社員研修報告 その2

社員研修の2日目は自由行動日です。私は、関ヶ原古戦場に行くと決めていました。新幹線に乗って数秒間で通過したことしかなかったからです。同行してくれた仲間2人と、JR名古屋駅から1時間弱。炎天下の関ヶ原駅は小さな駅でした。

ise02.jpg駅前では、地元小・中・高の皆さんが案内ボランティアの活動中でした。中学生のF君が途中までの案内役を勤めてくださり、国道21号線(中山道)近くを歩くこと5、6分。東首塚に到着。戦死者の霊にお参りしました。F君の話、「僕の友人宅で家を新築しようと工事したら、地中から人骨が出てきました。戦で亡くなった方のだそうです」。我々3名は、言葉が出ず、「へ~!!」。

家康の最終陣地跡から、国道365号線(北国街道・伊勢街道)沿いに緩斜面の畑道を上ること、直線距離で7、800メートル。ゆっくり歩いて15分もかからずに、最終決戦地跡に到着。小早川の寝返り後ほぼ勝敗がつき、三成の本陣めがけて進む東軍と守る西軍が激戦を繰り広げた地。三成本陣の笹尾山まで、直線距離300メートル程度です。関ヶ原一帯が一望できる笹尾山に登り(登り3分)、三成気分を味わいました。

現地に行って感じました、「なんと狭い区域なのか!!」と。ここに、東西合わせて15万人を超す武者や馬が集結し、戦ができたのかと思ってしまいました。地図上で目算すると、東首塚を中心に半径1.5㎞の円を描くと、ほぼ全域が含まれてしまう程の古戦場なのです。中山道・北国街道・伊勢街道の交差点にあった関ヶ原。ここでの半日の戦が「天下分け目」で、後の歴史が決定づけられたことが、不可解にも思えるほどの狭い区域でした。

ise03.jpg帰路の電車内で考えました。もし、西軍が勝っていたら、その後の歴史はどうなったのだろうか、と。暑さでもうろうとする頭でさらに考えました。人間の歴史は、人が迷った後の最終の決断によって大きく変わり、狭い場所で僅かな時間に起きた出来事の結果で決定づけられたのだ、と。自分に当てはめてみても、ほんのちょっとした結果の違いによって、そしてその時々の瞬間に行った決断によって、人生の方向性が定まり、今の自分がいるんだ、と。

「ま、ここまでの結果は良し」としておきましょう。今更「たら・れば」を言っても何も変わりませんし、むしろ、迷った後の決断の積み重ねによって、最も良い半生を歩むことができたと思い込んだ方が、幸せでいられるでしょうから。そこまで考えて、名古屋までの居眠りに入りました。(平24.8.10)

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
社員研修報告 その2
社員研修報告
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650