山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2014年02月07日

素人なんだから

ここ数日間真冬日が続く中、今朝も近所の小学生が元気な声であいさつをしてくれ、駆け足で登校していきました。寒さが吹き飛ぶ気持ちになります。

先日、ある中学校で、来年度新入生の保護者の皆様方とお会いする機会がありました。子どもさんを中学校に入学させることに不安をお持ちの皆様に、一面から見れば、という前提で、失礼を承知でお話し申し上げたことがあります。
『親も先生も子育ての素人。でも、子育てに失敗はない』です。
何と失礼な言い回しでしょうか。でも、伝えたい気持ちは以下の通りでした。

~子どもを授かれば親だけれど、事前に子育ての練習をしたわけでなく、親は間違いなく、子育ての素人。2人目、3人目でも、2回目、3回目の経験に過ぎず、しかも、1人目に通用していたことが2人目には通用しないことも多い。「こうした方が良かったかな」とか、「余計なことを言ってしまったな」とか、何年経っても、「うまくいかないな」と思ってばかりいるのが現実。もちろん、30歳代の子ども3人を持つ私も、同様。
box2.jpg学校の先生も同じかと思う。今担任をしている子ども達は、入学時初めて自分の生徒になり、2年生になっても、その育ちについては、2年目の経験に過ぎない。授業や活動を通して、僅かな時間しか関わることができないし、うまくいかない毎日の繰り返しではないでしょうか。
だから、親も先生も、「良い親・良い先生」になるためには、ずーっと勉強や努力を続けなければならない。
でも、素人なんだから、と腹を決め、子育て(指導)を巡って心配し、悩み、良い方向に向かって改善しようとしている限り、「子育てに失敗」ということは絶対にない。そう断言できるのではないか。
むしろ、素人であることを逆手にとって、一人で抱えず、「素人同士」がタッグマッチを組んで一緒に仲良く子育てに当たればよい。背中の重みを分かち合えばよい。素人同士の組み合わせは、「親と先生」だけではない、「親同士」もあるし、「先生同士」も勿論。「自分の子どもだから、自分の学級の生徒だから、自分が何とかしなければ…」も大切だけれど、可能な限りさらけ出し合って、知恵を絞り合って…。~

知識経験と熱意をもって指導にあたっている先生方を前にして、子どもさんを最も大切に思い慈しんでいらっしゃる保護者の皆様に、お許しを請いながらそんなことを申し上げました。
社会のいろんな様相の中で、子ども達を取り巻く大人みんなが仲良く、心に余裕を持って、成長を見守り続けたいな。近所の小学生の登校姿を見送りながら、改めてそう思った今朝でした。(平26.2.7)

2014年02月19日

心が通じる

先日、大学の先生の研究室にお邪魔してきました。ふと目をやった研究机の上には、大事そうに置かれた写真。穏やかな表情のワンくんとネコちゃんが並んでこっちを向いています。すでに両名とも天寿を全うしたとのこと。仕事の話を中断して、ワンニャン談義になりました。

享年推定10歳のワンくんは、ノラ出身。先生のご自宅近くに出没していたそうです。近所に保育園もあり、保健所関係の収容車出動依頼も出されていたとのこと。先生は自宅の用心棒にしようと考え、餌付けを試みたそうです。その筋から自動扉付きの檻を借り、肉だのソーセージだので身柄確保を試みること何十日。しかし、上手にご馳走をいただいて忍び足で去るために、自動扉は反応なし。しばらくして、ようやく家屋近くで美味いものを食べるようになったけれど、人が近寄ると警戒してすぐに逃げ去る毎日。

およそ300日が経過したある日のこと。ふと見ると、玄関の中に入っておすわりをしていたワンくん。ぶるぶる震えながらも、先生が手にした首輪をおとなしくかけてもらったとのこと。先生とワンくんが親子の契りを結んだ感動的な日。以来約7年間、家族の一員として、同じノラ出身のネコちゃんと仲良く暮らしたそうです。ただし、とっても人好きに育ち、よそ様が来宅しても全く発声しないので、用心棒の役目はからっきし果たさなかったそうです。

人と動物は、言葉を交わさなくても心は通じるようです。一方で、人同士は不可思議です。言葉によって、かえって気持ちが離れてしまったり、心に傷を負ったり負わせたりしてしまいます。大人も子どもも。

q-u.jpgテレビのニュースで『Q-U』が紹介されていました。教育委員会が予算化をし、全ての小中学校で実施している市町村が増えているようです。この『Q-U』を開発された河村茂雄先生が、以前に述べていらっしゃいます。
「教師の日常観察と経験に基づく勘には限界がある。その限界を補う方法を駆使して実践をすることが教育の専門家として必要だ。医師が治療をする前に、検査をするのと同じだ。『Q-U』の活用は、より的確なアセスメントに基づいて教育実践しようという主張が込められている」
そういう要旨です。子ども達の心を深く理解して支援・指導しようと奮闘されている学校の先生方。『Q-U』を活用されて、実践の質をさらに高めようと努力されているんだな、とニュースを見ながら思いました。

ところで、訪問した大学の先生とは、ワンくん・ネコちゃんのお陰で心が通じ(?)、仕事の話は円滑にできました。(平26.2.19)

2017年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
心が通じる
素人なんだから
アーカイブ
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650