山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2015年02月02日

顔をお見せして

弊社の第60期も1ヶ月を経過しました。社内プロジェクトチームが、60年を記念する取組について検討しています。会社全体をさらに元気にし、業績に結びつくアイディアが示されるだろうと、楽しみにしているところです。

カーラジオを聞き流しながら運転していたとき、ある保険会社さんのCMにひきつけられました。
“代理店を通して、人と人との直接的なやり取りを大切にしながら、お客様との信頼関係を築きあげる”ことを、会社のポリシーにしている、という内容です。この短時間のCMと、弊社の小誌に最近投稿された文章が、私の心の中で重なったのでした。文章は、弊社の営業担当係長が書いたもので、本人からは事後了承をもらう前提で、一部を転載してみます。

『通販等で手軽に物を買うことができる今日、私が通販を利用する理由の一つは“安い”です。そんな私が、近所の酒屋にはじめて行った時の話です。店主は明るく笑顔で<酒蔵・酒米・品名・味>等を一生懸命話してくれました。勧められたお酒がどれもおいしそうに見えました。私としては高価な地酒を買いましたが、「次もこの店で買おう」と思いながら店を出ました。安くはない買い物をしたはずなのに得をした気持ちになりました。商品の良さもありますが、店内でのやり取りを含め納得して買うことができました。そんな気持ちにさせる営業マンになりたいと強く思った出来事でした。(後略)』

ダイレクトに物品販売をする会社は、弊社のような販売会社にとっては強力な競争相手ではあります。しかも、平成13年に小学校で発生した残忍な事件以来、校舎のセキュリティは確実に厳しくなりました。さらには、先生方が職員室にはいないで、教室などで子供さんたちと一緒に過ごす時間や、会議などをされてる時間がますます多くなってきたのも現実です。これらのことは、まさに“フェイスtoフェイス”で営業活動をしている弊社の担当者にとっては、仕事の難しさに結びついているのは、間違いありません。

honfax%40yk-yohin.co.jp_20150202_164200_001%20%28141x200%29.jpgしかしそれでも、前述の彼は体験を土台にして、先生方からの厚い信頼を得られるよう、日々の営業活動を積み重ねているのだろう。そして彼だけでなく、すべての社員が同じことを考え、皆様から喜んでいただける仕事をしようと具体的行動をおこしているのだろう。そんな風に考えながら、心地よくハンドルを握り続けたところでした。

先生方におかれましては、何とか時間を割いていただいて、弊社担当者のご説明等に耳を傾けていただきますよう、第60期も引き続きよろしくお願いいたします。(平27.2.2)

2015年02月16日

変化に対応する

今春の花粉予想の報道に愕然としました。平年の1.5倍、昨年の3倍だそうです。数字を見ただけで、目はゴロゴロ、鼻はグスグスになってくるようです。

今の時期、当社では、年度初め向けの商品研究会が全社規模で開催されます。すでに3回、この後2回。さらに支店ごとに何回も。ドリル・テキスト・テスト・教材等々、それぞれの特長を熟知し、先生方にしっかりお伝えできるようにするスキルアップのための研究会です。

先日の研究会も、活気溢れていました。分科会では、テスト問題の改善点の洗い出し、学習指導要領との照合、活用法などについての突っ込んだ話し合い。その後の全体会では、職員室を想定してのロール・プレイングまで登場。授業研究会や生徒指導研修会に臨んでいる学校の先生方の真剣な表情と、営業担当者の真顔が、私の目には同じように映っていました。

crw_9330_jfr%20%28146x220%29.jpg以前、当社の営業部門のエキスパート社員(すでに退職)が、「指導主事のつもりで仕事に当たれ!!」と後輩を鼓舞していました。学校現場の先生方以上に勉強して、わかりやすく丁寧に説明できるようになれ! あたかも、指導主事の先生方のように…、という意味です。現実には難しいかもしれません。でも、その心意気を大切にしている社員の姿勢が伺え、営業マンのプロ意識を強く感じた研究会でした。

そういえば、紹介が遅れました。年末に、全社のPC端末がすべて更新され、業務システムが改善されたのでした。結構な費用でしたが、社長の決断により、業務のスピードアップと安全性の向上が図られることとなったのです。しかし新たな問題も生じました。流れに乗れないでいるがため、業務遂行が速まっていない節が、一部にあるのです。先日も、私の横で社長が、ツールバーのことでウナッていました。

たまたま入室してきた女性社員に質問。いとも簡単に解決しました。たぶん、その社員をはじめ圧倒的大多数の社員は、状況の変化に対応する能力が身についており、研修・研究をすることによって、資質がますます高まるのでしょう。商品研究会の成果が期待できそうです。頼もしいです。
なお、社長は初めから、私には質問しませんでした。理由は明らかです。

毎年二月下旬、当社の定時株主総会が開催されます。この度の総会議案書送付も、先日終了しました。準備が整いつつあります。より多くの株主の皆様からご出席いただき、会社の活力を増強する温かいご意見を頂戴できればと思っております。(平27.2.16)


2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
変化に対応する
顔をお見せして
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650