山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2015年08月19日

お花の根元を縛りました

「仏壇や墓前に供えるお花は、様々な色・種類を揃え、その根元をしっかり縛って花瓶等に入れると良い」。お盆前に、菩提寺の住職様がおっしゃいました。その意味はこうでした。
”家族一人一人が個性のある存在で、それぞれが大切な一本の花である。その全部が根元でしっかりと一緒になっている姿を先祖にお見せすることが大切だ”。
全く知らなかった我が家。慌てて、ひもで強く縛って供えました。

住職様はさらにお話しになりました。「お墓や仏壇へ供え物をして先祖供養することは勿論大切。もっと大切なのは、墓石や位牌を前にして、今生きている者が今後どうしていくかの誓いを立てること」と。人生の終盤に差し掛かり、毎日の晩酌を一番の楽しみに生きている私には、重い課題です。「健康保持に努め、穏やかに毎日を送ります」が、精一杯の誓いでありました。

60-1.jpgお盆明けすぐに、弊社の全社研修旅行が行われました。以前、アメリカ西海岸などに行っていたこともあるこの旅行。ある時期から支店ごとの旅行に変わり、全社社員揃ってというのは、かなり久しぶりなのです。約70名、2台のバスに乗り込んで着いた豪華ホテル。ここからが、研修旅行のメイン、社長講話です。社長自らがまとめ上げた『会社の履歴書』(カラーグラビア付き、B5判全57ページ、8月1日発行、非売品、社外秘)をもとに、「会社の歴史60年」について熱く語ってもらいました。目的は自ずと明らかです。会社の過去を辿ることによって、会社の未来を探る。即ち、温故知新です。講話をもとに、これからどうしていくかの手がかりを、皆が掴んだのではないかと私は思っています。

60-2.jpg研修旅行もう一つの目的は、社員の融和。浴衣姿で座敷に集まり、お膳を前に“飲ミュニケーション”。“新年の宴”の際も全社員が集合して御神酒をいただきますが、如何せん椅子・テーブル仕立てで、その後それぞれが帰宅してしまいます。でも、この旅行は違います。車座になって飲み、語り、あちらこちらで笑いあってる状況。時間を忘れて深夜まで過ごし、布団を並べて眠り、お互いの“今”を改めて知り合えたようで、良かったです。

近年、畳の上での宴会が減りました。それはそれで時代の流れでしょう。しかし、この度の会の意義は大きかったと考えます。70の花の根元が、なお一層しっかりと結ばれ、新たな誓いも立てられたと思うからです。(平27.8.19)

2015年08月31日

チョークと黒板の時代から

前々回ご紹介した、幼稚園・保育園の先生方対象の「ワンダー元気セミナー」は、大変なご好評をいただきました。また、この夏休み期間に、「小学校器楽指導・アンサンブル講習会」、「ICT教育機器展示会2015インYAMAGATA」、「音コミュニケーション・ワークショップ」など、弊社が主催・後援した各種研修会、展示会も成功裏に終了しました。ご支援、ご指導くださいました山形県教育委員会様、山形市教育委員会様をはじめ小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の校長会様とPTA連合会様、また、公務ご多忙にもかかわらず先生方をご派遣くださいました各教育委員会様、各校園の理事長様・校園長様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

CIMG8759.JPG一販売会社の弊社が主催した催し物に、予想をはるかに上回る多くの先生方がご参加くださったことは、会社として大変有り難く、今後への自信につながったのは、間違いありません。これからも引き続き、先生方のお役に立てる事業を企画して参りますので、なお一層のご指導・ご協力をお願い申し上げます。また、日頃お取引をいただいている20近いメーカー各社から、最新の機器・楽器類を展示・説明いただいた上、運営全般へのご支援を賜ったのも、大変心強いことだったと考えております。ありがとうございました。

CIMG8767.JPG「最低限、チョークと黒板・鉛筆とノートさえあれば学校の授業は成立する」と、私は考えてきました。もっと言えば、先生と子ども達との間に生の会話と触れ合いがあってこそ、教育は成り立つのであって、教育機器はあくまでそれを補完するツールに過ぎないはずです。しかし、「ICT教育機器展示会」では、改めて時代の流れを強く感じたところでした。会場では、多数の先生方が自分のタブレット類を用いて音声・映像を記録したり、メモを打ち込んだりしているのです。そして、機器類の活用法などについて突っ込んだ質問をなげかけている先生方の姿がめだったのです。すでに最新の機器類を使いこなして教育の質を高めている先生方が、数多くいらっしゃるのを知った展示会でした。

これからの学校教育がさらにどう変容し、それに当社がどう対応していけば良いのか、私にはなかなか見えてきません。ただいえるのは、私も含め社員みんなが、時代の流れにしっかり乗って、教育現場のお手伝いをする“腕”を磨き続けるのが大切だ、ということです。(平27.8.31)

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
チョークと黒板の時代から
お花の根元を縛りました
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650