山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2017年03月24日

「いのち」のありがたみ

 春分の 日の余りある 陽の光 (橋本典子)

今年の春分は3月20日でした。すっかり日が長くなり、山形市の日の入りも午後6時近くになりました。外からは春の陽気に促されて、子ども達の元気に遊ぶ声が聞こえてきます。

201703241%20%28220x165%29.jpg今年度も残すところ5日です。まもなく新年度を迎えます。幼稚園や小学校、中学校に入園、入学予定の子ども達にとっては、その日を指折り数えて待っていることと思います。そんな子ども達に、新生活に入る節目として、ぜひ「いのち」の大切さを感じて欲しいなと思い、次の作文を紹介します。新生活を迎える子ども達にはちょっとふさわしくないかもしれませんが、悲しみを乗り越えた「希望」を感じさせてくれます。
この作文は、当社山形教育用品も毎年発行に協力している、山形県教職員組合編集発行の『山形の子ども 第44集』に載っていたものです。ちょうど1月前の2月末に発行されたもので、湯気が出るくらいのできたてです。
白鷹町立鮎貝小学校2年生の大木としや君の「おそうしき」という題名の作品です。

「ぼくの大すきなじいちゃんが、とつぜんなくなりました。おそうしきをする前に、じいちゃんのほねをひろいました。じいちゃんのほねは、くだけていました。もうぼろぼろにこわれていました。ほねを一本人にわたしてから、よこにいどうして、その人からぼくにわたって、はこの中に入れました。じいちゃんのほねを見ていたら、いろいろな思い出がうかんできました。ぼくが五さいのころまでねこをかっていて、じいちゃんがいつもそのねこをだいていたこと。こううんきのうごかし方を教えてくれたこと。畑のたねまきをいっしょにしたこと…。ぼくは、じいちゃんが大すきでした。

 その後、バスでナウエルホールに行き、おそうしきがはじまりました。ぼくは、長い間、ずっとしせいを正してすわっていました。四十九日かかって天国に行くとお母さんに教えてもらいました。『じいちゃん、ぼくのべんきょうやサッカーを天国で見ていてね。』と心の中で言いました。おそうしきがおわり、じいちゃんが旅立ちました。そして、きちゅうほうようをして、のうこつとおねんぶつをしました。それから、なたもちをしてだんばらいをしました。

 ぼくは、じいちゃんがいなくなって、心細くなっています。でも、学校にはちゃんと行こうと思っています。ぼくは、じいちゃんがだいじにしていた畑をもらったので、そこにいつもじいちゃんがいると思っています。」 

※文中にある「なたもち」とは白鷹町に伝わる風習で、納骨後に一升の餅を鉈(なた)で切り、塩をつけて食べる習慣だそうです。

お葬式の作文ですが、淡々とした文章には、決して暗さを感じさせない、むしろ、「これからもがんばっていくぞ」という明るい決意が伝わってくるようです。特に、最後の文には泣かされます。

「いのち」の大切さとよく言われますが、言葉としてはわかっても、なかなか実感できるものではありません。としや君のように身内の者の死や葬儀、あるいは赤ちゃん誕生などの実体験がなければ、本当の理解には結びつかないものです。きっととしや君は、おじいちゃんの骨を拾う行為に命のありがたみ、尊厳さを感じたんだろうと思います。

201703242%20%28220x165%29.jpgしかしながら、としや君のような体験はめったにあるわけではありません。山形県でも、「いのち」や人とのつながりの大切さ、子ども達の感性を育むためのさまざまな取り組みがなされています。
平成21年に(財)山形県教育公務員弘済会が、子ども達にいい本に出会ってもらおうという趣旨で「わくわく♪絵本便」をスタートさせました。山形県教育委員会でも、平成24年度から 「いのちの教育」推進の一環として、生命尊重や生きがい・生き方にかかわる絵本を県内各小中学校、特別支援学校で巡回する「さんさん『いのち』の絵本巡回展」を実施してきました。わたしたち山形教育用品も巡回のお手伝いをさせていただきました。

今、どこの自治体でも「学力向上」が錦の御旗になっています。もちろん、子ども達に文科省が説明している「学力」を確実につけていくことは極めて大事なことです。同時に、命が粗末にされている風潮、陰湿ないじめが後を絶たない現実を考えれば、としや君のような作文や絵本、読み物などの読書教材を活用した「いのちの学び」のいっそうの展開を望みたいところです。(2017.3.24)

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
「いのち」のありがたみ
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650