山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2018年07月30日

大人になることは、ときめきや憧れがなくなること?

 一点の 偽りもなく 青田あり (西東三鬼)

冒頭の俳句の「青田(あおた)」のほかにも、「青田風(あおたかぜ)」「青田波(あおたなみ)」「青田面(あおたのも)」といった季語がありました。田圃の稲が青々と成長している様子です。素敵な言葉だと思います。暑い夏空の下、青々とした稲が風に吹かれる光景には一服の涼を感じます。
001%20%28230x130%29.jpg今年は空梅雨じゃないかと思えるほど雨が少ない6、7月でした。梅雨が明けたと言われても、もう6月初めから乾燥した暑い日が続いています。しかし、西日本では7月初めの豪雨で220名以上の方々が亡くなっています。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。(ちょうどその時、某首相も東京は「赤坂自民亭」やらで宴会を楽しんでいたそうですが…)

さて、当方もちょうどその時、私用で東京に行っていました。東京まで3時間弱の旅です。「東京に行ってくる」と言うと、昔はステータスの高さを感じるものがありました。吉幾三の『俺ら東京さ行ぐだ』の気分です。中学校の修学旅行でディーゼルカーに乗って、初めて東京に行った時は東京のすべてに感激しました。まさしく、「おのぼりさん」そのものです。列車も「おもいで号」という名前で、昭和を感じさせるものでした。東京まで6~7時間ぐらいの旅でした。その時はそれほど長いとは感じませんでしたが、今の倍の時間です。それを考えれば、山形新幹線はミニ新幹線といえども快適です。

便利になったとはいえ、今は昔胸ときめかせたほどの東京への憧れは、もうそれほどありません。「また、東京か」といった感じです。
「マイ・ペース」というフォークソンググループの歌に『東京』があります。サビの部分の「東京へはもう何度も行きましたね 君の住む美し都 東京へはもう何度も行きましたね 君が咲く 花の都」は秀逸だと思います。「『美し都』『花の都』東京」。この頃、そんな東京への憧れもなくなってきている自分が寂しく感じられます。

大人になること、便利になることは、距離感が縮まること、ときめきや憧れがなくなることじゃないかなと思います。幼い時分、家族で七日町に行くことが楽しみでした。バスに揺られてわずか30分ぐらいの距離でしたが、ずいぶんと遠く感じられたものです。修学旅行で松島や福島に行くことは異国に行ったような気分でした。でも今は、車で1時間の距離でも短く感じます。中高の時、自転車であっちこっちと遠出をしました。山形って広いなと思いました。通行人も多く、街全体に活気がありました。今は、寂しい町だなと思うほど小さく感じます。
現実には、昔も今も距離も広さも変わりはしません。自分の気持ち、心の問題なのでしょう。遠いところ、なかなか近づけない存在に人はときめき、憧れを抱くのではないでしょうか。いろんなことに憧れを持つことがなくなってきたことがちょっと悲しいです。大人になったからというより、年を取ったからなのかなと考えてしまいます。

002%20%28230x130%29.jpgところで、東京銀座のホテルの部屋から田圃が見えました。驚きました。田圃と行っても、隣のビル屋上の一枚の田で稲作をしている光景です。しかし、驚きました。「東京の中心地銀座のど真ん中に田圃か!」数十m先には歌舞伎座が見えるではありませんか。しばらく、見入ってしまいました。
ときめきや憧れはだんだんとなくなってきても、新しい発見はあるものです。そんな小さなことを大事にしたいなと思います。
「田一枚 植えて立ち去る 柳かな」の芭蕉の心とは違うかもしれませんが、今年も憧れだった東京に立ち寄ることができたという思いで帰形したところです。(2018.7.30)

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近のエントリー
大人になることは、ときめきや憧れがなくなること?
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650