山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2018年10月26日

「つながり」と「間」

 白露や 茨の刺(はり)に ひとつづつ (与謝蕪村)

002%20%28118x210%29.jpg二十四節気の一つ、「霜降」の季節です。あの暑かった今年の夏が懐かしいぐらい肌寒い朝夕です。今朝の気温は4.8℃でした。何とも寒い!
会社ではクールビズが終了して一月。ネクタイの時期となりました。女性にはご理解いただけないでしょうが、首を布帯で締めるということは極めて苦しい行為だと思います。背筋がぴんと張って活力がみなぎると言う人もいますが、わたしは昔から苦手です。
若い頃は、いつも体育着を着て出勤し、休み時間はもちろん、授業中も体育着、全校教職員写真撮影も体育着でした。グラウンドや体育館で子ども達と遊んでばかりいて、よく教務主任や教頭から「学年主任は休み時間は職員室にいないとダメだ」と怒られました。子どもと遊んで何でダメなの? 多分、連絡や報告もあるのかもしれません。よくわかりません。その後も、ひたすら遊んでいました。

さて、あいかわらず学校における「いじめ」問題が深刻です。連日、マスコミで取り上げられます。未成熟な子どもだけでなく、社会人である大人の世界でも、パワハラ、セクハラ、アカハラ、マタハラ等々、日常茶飯のハラスメントです。他をいじめたいというのは生物的な本能で、それをどうコントロールするかが大事だとも言います。

001%20%28118x210%29.jpg9月に開催された「第57回県少年の主張大会」で、天童市立第三中学校3年の岩淵礼姫(あやめ)さんが最優秀になりました。「人生を駆け抜ける」という題名で、自分が受けたいじめの体験といじめ根絶への主張、願いです。こんなことを訴えています。
「今苦しくて悔しくて、もうこんな人生捨ててしまいたい。そう、思っているかもしれない。わたしもそうだった。でも、死んで何になる。あなたが死んでしまったら、どれだけたくさんの人が悲しむか考えて欲しい。あなたのたった一つの尊い命を捨てないで欲しい。
『生きていてよかった』そう思える日が必ず来るから、全力で生きて。逃げていいんだよ。人生は自分の努力次第でどうにでもなるから、今は自分の命を大切にして欲しい」(山形新聞より一部抜粋)
「限界まで追い込まれた」体験を持つ岩淵さんの訴えには、ワイドショーの薄っぺらなコメントとは違って心動かされます。

003%20%28135x210%29.jpg今年ベストセラーになっている新書に『友だち幻想』(菅野 仁 著)があります。菅野さんの考えには共感するところがたくさんあります。
 一部紹介すると、
「共同体的な凝集された親しさという関係から離れて、もう少し人と人との距離感を丁寧に見つめ直したり、気の合わない人とでも一緒にいる作法というものをきちんと考えたほうがよいと思うのです」

「学校というのは、とにかく『みんな仲良く』で、『いつも心が触れ合って、みんなで一つだ』という。まさにここで私は『幻想』という言葉を使ってみたいのですが、『一年生になったら』という歌に象徴されるような『友だち幻想』というものが強調されるような場所のような気がします。けれど私たちはそろそろ、そうした発想から解放されなければならないと思っているのです」

「『自分のことを百パーセント丸ごと受け入れてくれる人がこの世の中のどこかにいて、いつかきっと出会えるはずだ』という考えは、はっきり言って幻想です」

「過剰な期待を持つのをやめて、どんなに親しくなっても他者なんだということを意識した上での信頼感のようなものを作っていかなくてはならないのです」

自分以外のすべての人間は「異質性を持った他者なのである」という前提に立って、他者との間の取り方、距離感を図りながら、賢く「共在」していくことの大切さを教えられたような気がします。(2018/10/26)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近のエントリー
「つながり」と「間」
アーカイブ
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650