山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2018年12月25日

年の瀬に思う

 大空の あくなく晴れし 師走かな (久保田万太郎)

久保田万太郎は東京浅草生まれです。冬の東京の晴れた空は、まさにこの句のようにどこまでも果てしなく澄んだ青空なんでしょう。どんよりと曇った鉛色の空の下に暮らす日本海側人にとっては気の重くなる季節の始まりです。今年の冬はエルニーニョが発生して暖冬との予想ですが、雪が少なくなることを切に期待したいです。

0041225%20%28118x210%29.jpgさて、この年末にたくさんの喪中欠礼のお葉書をいただきました。数えたら40通を超えています。ほとんどがお父様、お母様のご逝去によるものです。新聞には毎日、80歳以上の方々の訃報がたくさん載っています。
年の瀬、また一つ年を重ねるにあたり、日本の人口問題、高齢化社会について考えてみました。

日本の昨年1年間の死亡数は134万人、反対に出生数は94万人です。その差40万人。単純に考えると、1年間で40万もの人口が減った計算になります。日本の総人口のピークはちょうど10年前、平成20年で1億2千808万人でした。その後減少に転じ、今年の11月には1億2千645万人です。10年間で163万人も減少しています。鹿児島県の人口に匹敵する数字です。山形県でも、この10年間でちょうど10万人の人口が減少しています。
今から80年後、西暦2100年には日本の人口は6000万人を下回るそうです。今の半分、驚きです。
昭和49年に、国は「日本人口会議」で「日本人口爆発によって様々な問題が発生するから、子どもは2人まで」という大会宣言を採択しています。
『人口爆発』なんて言葉がすんなり受け入れられたのです。今は昔、そんな時代もあったのです。もう、これは今話題の「外国人労働者」をたくさん受け入れるしかないのでしょうかね。

日本の高齢者の割合も総人口の3割近くを占めます。この場合の高齢者とは65歳以上をさします。この割合は世界でも類を見ない、極めて高い数字です。世界一だそうです。
若かった頃、自分が高齢者になるなどととは考えもしませんでした。二十歳になる時は、何かしら浮かれた想いがありました。四十になった時には、おじさんになっちゃったとため息を漏らしました。六十になった時には、さすがに沈黙しかありませんでした。そして、来年はいよいよ高齢者の仲間入りです。

%E3%83%94%E3%83%A9%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%B9%EF%BC%90%EF%BC%911225%20%28140x210%29.jpg『論語』に「子曰く、吾(われ)十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順(したが)う、七十にして心の欲する所に従えども、矩(のり)を踰(こ)えず(私は十五才で学問を志し、三十才で学問の基礎ができて自立でき、四十才になり迷うことがなくなった。五十才には天から与えられた使命を知り、六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、七十才で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった)」と有名な言葉があります。
まだまだ、人間できていないなあと自戒するばかりです。さすが、儒教の始祖と呼ばれる孔子が自らの生き方を語った言葉です。でも、「惑って」ばかりいるということは、まだ四十にも達していない、まだ気持ちは高齢でないなどと、自分勝手な解釈をしてしまいます。

年末にあたり、とりとめのない話になりました。年が明ければ、一つ年を重ねるわ、会社にとって大切な子どもの数は減るわで、将来の展望は暗いとは言わないまでも、薄暗い状況です。
今回は、冒頭の句のような爽やかな内容とはほど遠いものとなりました。
みなさんには幸多くよい年となりますよう心よりお祈り申し上げます。(2018.12.25)

2019年06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最近のエントリー
年の瀬に思う
アーカイブ
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650