山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

« 入院と子どもの泣き声  | 社長ブログトップ |  どこに行ったの? 「結城よしを」の歌碑 »

東京タワーは元気に立っていました

 秋天に 東京タワーといふ背骨 (大高翔)

先月25日に気象庁が発表した3ヶ月予報によると、7月の北日本はエルニーニョ現象の影響で特に雨が多く気温も低いとされました。それを聞いて頭をよぎったのが、平成5年(1993)の平成米騒動です。今から26年も前の出来事ですが、あの時の騒動はよく覚えています。
0010725%20%28220x124%29.jpgその年、梅雨前線が長期間日本に停滞し、日照不足と長雨の影響で米の収穫量が著しく下がり、作況指数は「74」という異常な事態となりました。全国の米不足と価格高騰は深刻で、タイや中国、アメリカから、いわゆる「外米」を緊急輸入しました。
宮城の友人が「山形はまだいいほうだろう」と、家族と車で米の買い出しに来ました。10kgの米を4袋ばかり積んで、うれしそうに帰っていきました。一人で4袋は買えないので、手分けして買った記憶があります。お陰で生きながらえたとまでは言われなくとも、大いに感謝された覚えがあります。
長期予報を聞いて、そのことを思い出しました。予報どおり、東京の7月の日照時間は平年の1割、気温も低く肌寒い毎日だそうです。『喉元過ぎれば熱さ忘るる』『天災は忘れた頃にやってくる』。米の備蓄まではいかなくても、日頃から『備えあれば憂いなし』の意識が大切ですね。

さて、今月初めに私用で東京に行きました。新幹線を降りたとたん、蒸し暑い空気がまとわりつく思いがしました。どんよりとした空と粘り着く湿気を含んだ空気は、まさに梅雨を感じさせます。
用事が済んだ後、時間があったので東京タワーに行ってきました。東京タワーは、今年で竣工61年目を迎えたそうです。自分の年齢とさほど変わりありません(ちょっとサバを読んでいます)。
東京タワーまでの交通アクセスはよくありません。地下鉄三田線で芝公園駅まで行き、公園の反対側まで15分近く歩かなくてはいけません。蒸し暑い中、荷物を持っての歩きはかなり疲れます。しかも、近道をしようと芝公園を斜めに進んだら小高い丘に遮られ、階段を登り降りしたら余計に時間がかかってしまいました(この丘、「芝丸山古墳」という東京都の指定遺跡だそうです。びっくり!)。
0020725%20%28165x220%29.jpgようやくたどり着いた東京タワーは、寂しいぐらい人がいません。アジア系の外国人と老人クラブのお年寄り、10名ぐらいの修学旅行の中学生。ガラガラです。1階にあるレストランも50人ほどしかいませんでした。現代では、高さ333メートルに魅力を感じないのかもしれません。展望台から下に見える景色にもそれほど感動はありません。夢や憧れは、高ければ高いほど魅力的なのと同じなんでしょうね。上の展望台まで登れば印象も別なのでしょうが、見学料金が2,800円となると二の足を踏んでしまいます。
どんよりと雲に覆われた空の下の景色は、灰色にかすんでよどんでいます。ここに来たのは今から50年前、中学校の修学旅行の時だったな。あの時は夜の見学で夜景がきれいだった。瀬戸物でできたタワーのお土産を買ったな。そんな記憶がよみがえりました。よどんだ景色に「昭和」を感じました。スカイツリーが「平成」なら、東京タワーはやっぱり「昭和」です。

懐かしさとともに東京タワーを後にしました。見納めに振りかえると、東京タワーは50年前と変わらず、凜としてそこに立っていました。それに負けじと、自分も足取り軽く見せながら帰り道につきました。どれ、明日からまたがんばらねば。(2019.7.25)

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
星空を見て思う
『瑠璃色の地球』は今…
『解体新書』と『冬の鷹』
どこに行ったの? 「結城よしを」の歌碑
東京タワーは元気に立っていました
入院と子どもの泣き声
仏壇に水を供える…子どもの作文から
「令和」時代到来 山形市中心市街地の未来は…
旅立ちの季節
たまには歩いてみませんか
アーカイブ
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650