山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年03月03日

よろしくお願いします

新任のご挨拶を申し上げます。去る2月の第64期定時株主総会において、代表取締役社長に選任されました阿部善和(あべよしかず)と申します。役員、社員と共に、精一杯務めてまいりますので、これからも山形教育用品に対しまして、温かなご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。
また、長年にわたり会社の発展にご尽力いただき、2月をもって退任されました、飯野恭伸前社長には、深く感謝と敬意を表したいと思います。誠にありがとうございました。

突然ですが卒業式の話をします。私は、昨年の3月まで、教員として中学校に勤務していました。大学を卒業して、初めて教壇に立った年に3年生を受け持ちました。無我夢中で過ごした1年間。うれしいことや悲しいことなど多くのことを生徒と共に経験しました。その1年間の最後の日、教員としての初めての卒業式は今でも忘れられません。式の最後に歌う卒業生合唱に完全にやられました。ほとんどの生徒が泣きながら歌う中、拳で溢れる涙を拭きながら全力で歌う男子生徒の姿に強く感動し、私も涙をこらえることができませんでした。

昨年は教員生活最後の卒業式。校長として、卒業生一人ひとりに卒業証書を手渡しながら、私も一緒に卒業だなと思うと感慨深いものがありました。式の終盤に、卒業生からの呼びかけと歌の披露が在校生と保護者に向けてあります。感動の場面ですが、教職員席からは残念ながら卒業生の後ろ姿しか見えません。ある意味主役のもう一人である卒業担任は席を立って中央で卒業生を見ますが、校長はおとなしくしていなければならないと思い、一昨年は席から動きませんでした。しかし、昨年は最後なので、図々しくも卒業担任と一緒に中央で見ました。最後に卒業生の顔を見られて満足と終わるはずでした。しかし、予想しないことが起きました。呼びかけの最中、突然「校長先生も私たちと一緒に卒業ですね。ありがとうございました」というサプライズがあり、一気に涙腺が崩壊し、人目をはばからず大泣きしました。

今回は載せませんでしたが、その間の卒業式も、すべてが感動的で、思い出深いものばかりです。

3月、代表取締役社長として勤務を始めたとたん、全国の小中学校、高等学校、特別支援学校が、春休みまで一斉に臨時休校になるという前代未聞の状況になっています。卒業学年の児童生徒と担任の先生方は、あと2週間と数日に迫った卒業式に向けて、大切な時間を過ごすはずだったと思います。卒業式に向けて準備してきたこと、クラスでのお別れ会、仲間や先生方ともっと話したかったこと…。「なぜ自分たちの時だけ」と悔しい気持ちで一杯だと思います。

在校生や保護者のいない卒業式になるかもしれません。歌も十分に歌えない卒業式になるかもしれません。せめて、一生に一度しかない卒業式が、仲間や先生と会える最後の卒業式が、一人ひとりの胸に刻まれる想い出深い卒業式になることを心から願っています。(2020.3.3)

2020年03月11日

忘れられない日 3.11

3月11日は忘れられない日です。あれから9年経ちます。

3年前の平成29年3月11日。朝6時40分頃。県庁に向かう車の中でラジオ(NHK第1放送)から流れる東日本大震災に関連する番組。その中で、ある1冊の本が紹介されました。「16歳の語り部」という本です。震災当時、東松島市立大曲小学校の5年生だった3人が、高校生になったときに、封印していた震災の体験をようやく語り出した内容を綴った本です。

震災発生から報道される内容は、そのほとんどが大人の目線からのものでした。しかし、同じように心の傷を受けた子ども達の目線からの報道はほとんどありませんでした。「復興に懸命にがんばっている大人の邪魔になるから」「話題にすることで、家族を亡くした悲しみを再び呼び起こしてしまうのではないか」などの気遣いから、自分の思いや苦しみを語ることはやめようと心に誓い、長く自分の心に蓋をしてきた子どもは多かったのではないでしょうか。

この本の3人も、心に蓋をし、じっと沈黙を守ってきたのでした。高校生になって、堂々と震災体験を語り、少しでも今後の防災に役立てられればと活動する他の高校生との出会いを通じて、「体験を話してもいいんだ」と心を解放し、それを契機に体験を語り始めたのでした。

私が、この本の中で一番衝撃を受けたのは、著者の一人、雁部那由多さんの体験です。地震発生後、いったん家にもどったのですが、すぐに家族とともに大曲小学校へ避難しました。3階の図書館に避難したのですが、ガラス片などで血だらけになった内履きを履き替えるため、置きっ放しにしていた新品の靴を取りに、一人で昇降口に行った時です。どす黒い大きな波が、横から押し寄せました。目の前を大人が5人流されていきました。その中の一人の男性が雁部さんに向かって手を伸ばしてきました。届くかもしれない距離。しかし、「この手をつかんだら、自分も死んでしまう」と直感し、目をそらし、口をグッとかみしめ、振り向き、階段をかけあがりました。この辛い体験を、雁部さんは誰にも語ることができず、高校生になるまでしまい込んでいたのです。

昨日(3月10日)インターネットに20歳の大学生になった雁部さんの記事を見つけました。本を出版してから、あの手を伸ばして流されて行った男性の遺族と会ったことが書かれてありました。本を偶然手に取った遺族が、「うちの人ではないですか」と雁部さんに連絡をとり、服装や状況が一致したそうです。遺族の言葉に雁部さんは驚きを隠せませんでした。「きっとあなたが最後に見たんですよね」「(このことを)語ってくれてありがとう」という感謝の言葉だったのです。贖罪の気持ちを持ちながら体験を語り続けてきた自分の心が、その言葉によって少しだけ軽くなったそうです。

昨年は、偶然にも振替休日。大雨の中、災害ボランティアで活動した「亘理町」と「岩沼市」で3月11日を迎えました。今年は山形市で3月11日を迎えます。私にとって3月11日は、9年前から、生き方を考える大切な日となっています。(2020.3.11)

2020年08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のエントリー
忘れられない日 3.11
よろしくお願いします
アーカイブ
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650