山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年05月08日

五月晴れの朝日連峰

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が出された今年のゴールデンウィーク。ステイホームが全国的に浸透し、ここ山形でも、例年とまったく違う閑散としたゴールデンウィークとなったようです。

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E5%86%99%E7%9C%9F%EF%BC%88%E7%B5%B5%EF%BC%8920200508.JPGさて、教育用品本社の応接室に一枚の絵が飾られています。前からあったのですが、意識しなかったので存在さえも気づきませんでした。4月中旬。「あれ? 大朝日岳と小朝日岳の絵?」と急に絵が目に飛び込んできました。絵に関する説明らしき物が見当たらないので、勝手に朝日連峰と思っています。実は、9年前のあることをきっかけに、朝日連峰をとても強く意識して見るようになりました。

平成24年。村山教育事務所に勤務した年です。村山教育事務所管内に新規採用された教員の「初任者研修」の一つに、小朝日岳登山がありました(8月上旬、朝日少年自然の家での2泊3日の合宿研修があるのですが、2日目にこの登山がありました)。山形県人なら一回は朝日連峰に登ってみたいと思っていましたが、機会がなくあきらめかけていた時に巡ってきたチャンスです。当時54歳だった私は、年齢から登山はパスされていたのですが、指導者の一人として無理矢理参加させてもらいました。
登山当日、6時頃、自然の家のバスで古寺鉱泉まで行き、そこから登山開始です。急な山道を登りっぱなしという感じで、昼前にようやく小朝日岳山頂に到着しました。さすがに奥深い山で、どこをどう登っていったのか今もって不明です。唯一わかったランドマークは、山と山の間から見えた山形自動車道の白く光る橋脚だけです。また、山頂で昼食を取った時、大朝日岳が結構近くに見えたことをはっきり覚えています。帰りは、同じ道を下ったのですが、登り以上に急坂がきつく、かなり体力を消耗したので、古寺鉱泉に到着した時は結構ヘロヘロでした。

それ以来、晴れた日に朝日連峰が見えると、「あれが大朝日かな? だとすると、あれが小朝日? いや違うかな?」と意識して朝日連峰を見るようになりました。いろいろな場所から角度を変えて眺めては、勝手に「小朝日はあそこだ」と決め、数秒後には「あんなに低かったのかな? やっぱり違うな!」と繰り返している次第です。

今年の連休も快晴の日が多く、朝日連峰の白い山脈が見えると、いてもたってもいられなくなり、「3密」を避ける工夫をして出かけました(工夫:交通手段=愛車(自転車)。人のいない所を行く=裏道、畑、田んぼを行く。眺める場所=誰もいない堤防)。今は、サクランボやりんごの白い花が満開でとてもきれいです。私のお気に入りの場所「最上川の右岸堤防」の上を走りながら、新緑の中、青い空にひときわ映える白い朝日連峰を満喫しました。1年の中で、今しか味わえない最高の景色です。(2020.5.8)

2020年05月19日

知らなかった…簡単に見られるISS

字数の関係でタイトルに「ISS」と使ってしまいましたが、本当は「国際宇宙ステーション」と書きたかったのです。「ISS」は「国際宇宙ステーション」=「International Space Station」の略語です。

5月17日の夜7時50分頃。スーパーに買い物に行って、自宅から少し離れた私の駐車場に車を駐めて歩き始めたときです。突然の「こんばんわ」の声。「チコちゃん」に怒られそうな感じで、無防備にぼーっと歩いていたので、不意を突かれた形になり、なかり驚いてしまいました。声の主は、駐車場向かいのSさんの敷地の暗闇にいます。少し目が慣れてくると人影がわかるようになり、電灯が消された玄関先にSさん家族が座っているのが確認できました。

「こんばんわ」と私も挨拶を返しましたが、夜に、意図的に電灯を消して真っ暗にして、家族全員が玄関の階段に座っているという状況に興味をもたないほうが不思議です。当然、「何をなさっているのですか?」と尋ねてみました。すると「国際宇宙ステーションが今から通過するので見ているんです」という、これまた意表を突く答えが返ってきました。

「南西の方角から見えてくるらしいです」という言葉に続いて「あれかな?」というSさんの指さす方向を見上げてみると、金星のように明るく輝く丸い物体が、結構な速さで、天空の中心部分に向かって移動するのが見えました。予想外の大きさ、速さ、はっきり見える等々で、私のテンションも上がり、全速力で自宅に戻りました。家族にふれ回り、あわてて双眼鏡を持って再び外に飛び出しました。

時間にして約3分。南西の空から、天空の中心部を通過し、北東の空に消えて行きました。天空付近を通過するときが一番大きく輝いていました。双眼鏡で見ても、星のような点にしか見えませんでしたが、初めて見た国際宇宙ステーションは、想像以上にはっきりと見え、大変満足な天体観測?になりました。

探究型学習開始。国際宇宙ステーションについていろいろ調べて見ました。
地上約400km上空を、時速27,700kmで移動します(ISSは秒速7.7km。ライフル銃の弾の初速度が秒速2.5~3km。弾より倍以上速い!)。地球を約90分で1周するので、1日で約16周します。このように、国際宇宙ステーションは常に地球を回っているので、2週間から1ヶ月おきぐらいに、数日から1週間ぐらい日本で見ることができます。今回見逃した方はあと見られないと言うことではなくて(数年に1回しか見られない彗星などと違う)、これからも定期的に見られると言うことです。

インターネットで「国際宇宙ステーション 見える」で検索すると、次に見られる日時や方角が紹介されています。興味のある方はぜひ、次の星空の時に見てはいかがでしょうか。(2020.5.18)

2020年08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のエントリー
知らなかった…簡単に見られるISS
五月晴れの朝日連峰
アーカイブ
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650