山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年06月01日

衣替え

6月1日というと最初に思い出されるのは「衣替え」です。「衣更え」「更衣」とも表されますが、古くは平安時代から始まった日本の文化の一つです。
今は、地球温暖化の影響もあり、5月から夏の服装へ移行することも多く(クールビズも5月から始まっています)、6月1日を契機に服を替えることは少なくなったのではないでしょうか。

その「衣替え」が、特に「6月1日の衣替え」が今も残っているのが学校です。学校といっても、制服がある小学校は一部なので、中学校と高校のみといってもいいのではないでしょうか。この頃は、5月でも暑い日が多く、気持ち的にはすでに夏なのですが、白い制服姿の生徒たちを見かけると、「いよいよ本格的な夏が始まるのだなあ」と改めて感じます。

DSC0196420200601.JPG時代とともに服装に関する考え方もどんどん変わり、流行はあると思いますが、それに縛られることなく、自分の好きなものを自分らしく着る社会になってきたように思います。
その流れからすると、当然、学校の制服もなくなり私服に変わっていくだろうと思っていましたが、意外に学校の制服は根強く残っています。はっきりした理由はわかりません(かなり前に、私服登校の日を設けた中学校の話です。最初、生徒は喜んだのですが、次第に着ていく服に困り、制服の方が他人の目を気にすることなく安心だということで私服登校の日は廃止されたそうです)。

制服といっても、私が中学校、高校の頃に比べれば自由度は大きくなっています。高校の夏服ですが、ポロシャツ着用可能な学校が多くなっているようです。色も、白に限らず、紺、黒、グレーなどの地味な色なら可能なようです。中学校でも、2年前にポロシャツを導入した学校があります。また、「衣替え」の時期も、暑かろうが寒かろうが6月1日から一斉に夏の制服に切り替える昔と違い、前後1週間程度の移行期間を設けている学校がほとんどです。

変化の激しい現代社会の中で、少しばかりの自由が加わりながら、中学校と高校の制服は今も生き続けています。そのお陰で、「衣替え」という季節を感じる文化を忘れずにいることができます。もし、中学校と高校の制服が無くなったら、「衣替え」の言葉も廃れて、日常から消えてしまうのでしょうか。そう考えると、衣類の一種としての「単なる制服」ではなく、日本古来の文化の一つ「衣替え」を守っている「文化の継承者」のようにも思えてきます。(2020.6.1)

2020年06月22日

あなたは熊ですか?

時は6月21日、午後2時30分。場所は東根市の北東にある堂の前公園。沼を一周する遊歩道(1周500m)をウオーキングしている時です。沼の一番奥、遊歩道と山に向かって斜面になっているところの間に、人の背丈の1.5倍ほどの高さまでツツジの木が群生しているところがあります。その茂みの前を通過しているときです。
「む!!!」。ツツジの茂みが揺れています。「バキバキ」と枝が折れる音がします。一緒に歩いている配偶者にアイコンタクトを送り、茂みが揺れているところを指差しました。茂みの揺れと「バキバキ」という音は続いています。「何かいる!」。声を出さず、足音を立てないように、走らず、でも早足でその場を離れました。時々振り返りながら安全を確認し、沼のちょうど反対側の駐車場まできてから、しばらくその茂みを見ていました。その時、ちょうど茂みの前を歩いている男性が突然びっくりしたように立ち止まり、茂みの様子を見ながら静かにその場を離れていきました。私たちだけではない。確かに何かいる! その後数分間、茂みを見ていましたが、正体は何なのか結局不明のままです。「バキバキ」の音からして小動物ではなさそうです。堂の前公園は以前から熊の目撃情報があり、いたるところに「熊出没注意」の看板が立っています。本当に熊だったら、ちょっと危なかった!

DSC_0847%20%28002%292020.JPG思い出した熊の話をもう一つ。
今から10年ほど前、山辺町の山中、鳥海小・中中学校に勤務していたときです。晩秋の頃、グラウンド脇の山道に熊の糞を発見しました。すぐ町役場に連絡をしたところ、「熊注意」の蛍光カラーの「のぼり旗」が多数設置され、見通しをよくするため校地に隣接する雑木は、一週間ぐらいかけて全てきれいに伐採してくれました。さらに猟友会の方が熊を捕獲する罠を校地から100mくらい離れた山中に設置してくれました。
学校としての対策は、班で登校する小学校の児童には、班長に「熊よけベル」他は「熊よけ鈴」を、個々に登校する中学校の生徒には全員「熊よけベル」を配布しました。
毎朝、登校班を迎えるために歩いていた私は、車から降りるとすぐにサッカー審判用の強力ホイッスルを力一杯吹きながら学校を出発し、途中の町道では大きな「熊よけベル」を鳴らしながら歩きました。
また、小学生が下校する時はまだ明るいのですが、中学生が下校する時は日が暮れて真っ暗です。そこで、しばらくの間、学校を取り囲む漆黒の山と森林に向かって、グラウンドのスピーカーから大音量で『タイム・トゥ・セイ・グッバイ(イギリスの歌手サラ・ブライトマンで有名)』を流し、熊にも帰宅を促しました(?)。結局、学校の近くで熊を見たことはなく、また、熊を見たという情報もなく、糞だけが唯一の根拠で、雪が降るまで大騒ぎをしました。

今年は、熊出没のニュースや熊注意の県警からのメールがとても多いです。人家近くの里山でも多くの熊が目撃されています。今後、熊が出そうなところに出かける場合は、熊よけベル(鈴)を持参したいと思います。皆さんも十分注意してください。(2020.6.22)

2020年08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のエントリー
あなたは熊ですか?
衣替え
アーカイブ
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650