山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

« 知らなかった…簡単に見られるISS  | 社長ブログトップ |  あなたは熊ですか? »

衣替え

6月1日というと最初に思い出されるのは「衣替え」です。「衣更え」「更衣」とも表されますが、古くは平安時代から始まった日本の文化の一つです。
今は、地球温暖化の影響もあり、5月から夏の服装へ移行することも多く(クールビズも5月から始まっています)、6月1日を契機に服を替えることは少なくなったのではないでしょうか。

その「衣替え」が、特に「6月1日の衣替え」が今も残っているのが学校です。学校といっても、制服がある小学校は一部なので、中学校と高校のみといってもいいのではないでしょうか。この頃は、5月でも暑い日が多く、気持ち的にはすでに夏なのですが、白い制服姿の生徒たちを見かけると、「いよいよ本格的な夏が始まるのだなあ」と改めて感じます。

DSC0196420200601.JPG時代とともに服装に関する考え方もどんどん変わり、流行はあると思いますが、それに縛られることなく、自分の好きなものを自分らしく着る社会になってきたように思います。
その流れからすると、当然、学校の制服もなくなり私服に変わっていくだろうと思っていましたが、意外に学校の制服は根強く残っています。はっきりした理由はわかりません(かなり前に、私服登校の日を設けた中学校の話です。最初、生徒は喜んだのですが、次第に着ていく服に困り、制服の方が他人の目を気にすることなく安心だということで私服登校の日は廃止されたそうです)。

制服といっても、私が中学校、高校の頃に比べれば自由度は大きくなっています。高校の夏服ですが、ポロシャツ着用可能な学校が多くなっているようです。色も、白に限らず、紺、黒、グレーなどの地味な色なら可能なようです。中学校でも、2年前にポロシャツを導入した学校があります。また、「衣替え」の時期も、暑かろうが寒かろうが6月1日から一斉に夏の制服に切り替える昔と違い、前後1週間程度の移行期間を設けている学校がほとんどです。

変化の激しい現代社会の中で、少しばかりの自由が加わりながら、中学校と高校の制服は今も生き続けています。そのお陰で、「衣替え」という季節を感じる文化を忘れずにいることができます。もし、中学校と高校の制服が無くなったら、「衣替え」の言葉も廃れて、日常から消えてしまうのでしょうか。そう考えると、衣類の一種としての「単なる制服」ではなく、日本古来の文化の一つ「衣替え」を守っている「文化の継承者」のようにも思えてきます。(2020.6.1)

2020年08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のエントリー
体にしみついたラジオ体操
初めての入院
サマータイム
七夕と花山の星空
あなたは熊ですか?
衣替え
知らなかった…簡単に見られるISS
五月晴れの朝日連峰
YAMAGATA2020の桜
今日から新年度
アーカイブ
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650