山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年07月01日

七夕と花山の星空

暦年でいうところの1年の半分が過ぎ、いよいよ後半の7月です。本格的な梅雨空とムッとする蒸し暑さが続き、私にとっては苦手な季節です。7月という言葉から思い浮かぶのは「七夕」です。また、それに関連して「天の川」や「織姫と彦星」など星空に関したことも思い浮かびます。
 
まず、「織姫と彦星」に関して余計な話を一つ。仙台をホームタウンとするサッカーJ1クラブ「ベガルタ仙台」のベガルタは、仙台名物の七夕にちなみ、「織姫」と「彦星」とされる星の名前、「ベガ (Vega)」と「アルタイル (Altair)」を合わせた造語です。
ベガルタ仙台の前身は東北電力サッカー部で、創部3年目の1991年から東北社会人サッカーリーグにおいて3年連続2位となり、1994年にプロサッカークラブ「ブランメル仙台」を立ち上げました。ちなみに、3年連続優勝したチームはモンテディオ山形の前進であるNEC山形サッカー部でした。

今回のメインの星空にもどります。今、全く雲のない、透き通った夜空を見上げても、見える星の数はとても少ないと思います。ご存じの通り人工の明かりが増えた影響です。金星はもちろん、北極星や北斗七星ははっきり見えますが、私が子供の頃は見える星の数はもっと多かったと思います。また、天の中心部分の星は見えますが、地上に近い端の部分に星を見ることはできず、星空が狭くなったような(?)感じがします。

DSC_0910003.JPG20年以上前の話になりますが、当時勤務していた山形七中の2年生は、毎年5月、宮城県の栗駒山近くの「国立花山少年自然の家」での2泊3日の宿泊学習が恒例でした。花山少年自然の家は、奥羽山脈の山奥にあり、人里から遠く離れた本格的な自然の家です。1日目の夜のプログラムは定番の「夜間ハイキング」です。夜間ハイキングは真っ暗なコース(山道)を懐中電灯は持たずに行動するため、どうしても足下だけに注意がいきます。そのため、空を見上げる余裕などありません。コースを回り終わった班から中央広場で他の班の到着を待ちますが、暗闇で怖いので隣同士で話はしますが上を見ることはありません。全部の班が到着し、静かになったところを見計らって、「上を見てごらん」と声をかけると、「ウワー」という大歓声が上がります。山形市では見ることができない、降ってくるような星空に生徒は驚きます。恐ろしいほどの数の星が花山の天空を埋め尽くしています。天の中心はもちろん、自然の家の周りの木々にくっつくように端っこまで星が見え、「まるで宇宙にいるような星空」を体験した瞬間でした(残念ながら、山形県からの、花山少年自然の家の利用は年々減少し、現在はほんの数校だけとのことです)。

9年前に同じ体験をしました。東日本大震災が発生した直後、県内のほとんどが停電になった真っ暗な夜のことです。時々雪が降ってくる曇り空でしたが、帰宅許可が出た夜7時、鳥海小・中中学校の昇降口を出た時、偶然にも雪雲が切れ、「こんなに星ってあるのか!」という星空を見ました。人工の明かりが消えると、原始の星空が、すぐに現れるんだと思いました。

山形市内では、花山の星空みたいに、降ってくるような星空は見られませんが、たまには「七夕」の夜、星をのんびりと眺めるのもいいかもしれません。(2020.7.1)

2020年07月14日

サマータイム

7月と言えば夏休み。しかし、今年はコロナウイルスのため、学校の夏休みは遙か彼方です。
さて、夏至から半月が過ぎましたが、今も朝の4時頃から夕方の7時頃まで明るく、1年で最も長く屋外活動ができる時期です。また、早起きして何か「ひと仕事」するにはもってこいの季節でもあります。そんなことを考えているうち、アメリカで体験したサマータイムを思い出しました。

まず、雑学から。かつて日本でもサマータイムが導入されていました。GHQ政権下の1948年から4年間、電力不足を補うことなどを理由に始められましたが、多くの国民の反対で廃止されました。最近では、東京オリンピックの猛暑対策で、サマータイムが一時話題になりました。

PICT0110202001.JPGアメリカのサマータイムは、資源節約を目的に第二世界大戦中に復活し、現在に至っています。実施期間は、3月第2日曜日から11月第1日曜日まで(今年は3月8日から11月1日まで)です。サマータイムというと、なんとなく真夏の3ヶ月間ぐらいの期間というイメージですが、約8ヶ月間という結構長い期間実施しています。私が研修で訪問した2003年は、今より少し短い期間で、4月第1日曜日から10月第4日曜日まででした。訪問した時期はサマータイムが終盤の10月中旬。訪問先はロサンゼルスの南、IT関係企業が多く集まる新興都市のアーバイン市です。
印象に残っている一つ目。サマータイム(標準時間より1時間早い)なので、まだ真っ暗な朝5時。なんと、ホテルの真横を走る片側7車線のサンディエゴ・フリーウェイの登り車線が、ベッドライトをつけた車で大渋滞していたことです。しばし、驚きと疑問を感じながら大渋滞を眺めていました。大渋滞の理由は、多くの企業の始業時刻が早朝の6時頃だということです。アメリカは国土が広大なため4つの時間帯があります。やはり経済の中心はニューヨークで、一番東側の時間帯です。ロサンゼルスは一番西側の時間帯で、3時間の時差があります。例えば、ニューヨークの本社の始業時刻が9時とします。ロサンゼルの支社がそれに合わせれば、6時の始業時刻になってしまうのです。こんなに秋深くまでサマータイムを引っ張らなければ、出勤する時は、もう少し明るいだろうにと思ってしまいました。
二つ目は、10月26日午前2時にサマータイムが終了したときです。日本なら、前日から「サマータイムが終了します」「時計を1時間戻してください」と、テレビや新聞を通して何回も、うるさいほど注意喚起するだろうと思われます。しかし、何もありませんでした。騒ぐわけでもなく、ホテルのフロント係が「時計の調整はしましたか?」と言ってくれるわけでもなく、前日と変わりない、普通の一日の様に標準時間の生活が始まっていることに驚きました。そんな中、ホッとするものをバスの車窓から見つけました。それは、大きなビルの壁に設置してある、まだサマータイムのままの巨大時計です。時計なんですが、「あっ。忘れてました…」と言っているようでした。

もし、日本でもサマータイムが導入されたらどうでしょう。1時間早く帰宅し、夕方の時間を有効に使う「ゆとりのある生活」になるでしょうか? 働き方改革の真っ最中に、まさか「明るい分もっと部活動をしよう!」はさすがにないと思いますが…。(2020.7.14)

2020年07月21日

初めての入院

個人情報なので詳細には触れませんが、人生で初めて入院しました。たった3日間だけですが、「制約される生活は想像以上に大変。あと、いいです!」と言うのが率直な感想です。
それでも「入院から学ぶものがあった」と強がって見せるのは元教師のサガなのか…。

学んだこと(その1)「車椅子」
指の治療の局部麻酔は何回か経験がありますが、下半身全部が麻痺する様な麻酔は初めてでした。病室にもどるときの移動方法は車椅子です。看護師さんに押されて「ドナドナドーナドーナ~♪」と売られていく子牛のごとく進む車椅子に乗りながら、「あれ? 俺って、今まで車椅子乗ったことがないかも…」「まずいなぁ」と急に暗い気持ちになりました。
というのも、私自身、街で車椅子を押したり、持ち上げたりという経験があったので、「自分は車椅子に乗ったことがある」と勝手に脳にインプットしていたからです。さも車椅子乗車の経験があるかのように、「車椅子を利用する人の身になって考えてみよう」と社会科の授業でヘラヘラ言いました。車椅子を使って生徒に乗車体験させたときも、「実際に体験することが大事なんだ」とヘラヘラ言いました。「やばいなぁ~。偉そうに言ってしまった…」と深く反省しています。
無理やり話題を「学んだこと」に戻して、実際に車椅子に乗ってみての「気づき」を述べます。
気づき1:意外とアイポイントが低い(立っている人がプロバスケットの選手に見える感じ)
気づき2:意外と不安定(力の加減を間違えると車椅子ごと倒れそう)
気づき3:廊下が狭く感じる(人や物の間を通過するときぶつかりそう)
気づき4:乗り降りが大変(足が麻痺しているので、ベッドへの移動は危なかった)
気づき5:重量級患者は重労働(私を押してくれた看護師さんが大変そうだった。全身の力を込めて押して、ようやく動き出す。狭い場所での方向転換はとても難儀で、ゴミ箱やコンセントにぶつかりながら何回も切り返して、ようやく脱出)

学んだこと(その2)「食器の工夫」
DSC_06362020.JPG入院の楽しみは食事しかないと言っても過言ではありません。ご飯のどんぶりと味噌汁のお椀は保温のため二重構造になっていて、分厚い蓋がついています。ベッドの傍らで、無人島にいるかのごとく、孤独に食べている最中はとても暇なので、蓋を眺めるしかありませんでした。「おっ!」、小さくですが、蓋の一部分がぶっ欠けていることを発見しました。でも、私は気にしません。次の食事の時も、どんぶりの蓋の一部分がぶっ欠けていました。「連続かよ…」、でも、私は気にしません。しかし、そのぶっ欠けが私に向かって「俺はぶっ欠けじゃねぇよ。もっとよく見ろ!」と呼びかけてきます。しょうがないので、じっと見ると、人為的な二等辺三角形のぶっ欠けであることに気づきました。お椀の蓋にも同じようなぶっ欠けがあります。「なるほど!」、私は気づきました。説明します。
よくあること:食堂や旅館で汁椀の蓋がなかなか取れなくて苦戦したこと。病院で、それは困ります。これは、「ぶっ欠け」ではなく、蓋を取りやすくするための由緒正しい「空気溝」だったのです。

私の病室には、他に5名の患者さんがいました。看護師さんとの会話などから、みんな大変な不安(私もそうでしたが、むしろ恐怖の方が正しいかも)で一杯一杯な状態であることが伝わってきました。皆さんの早い回復と退院を願っています。(2020.7.21)

2020年08月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近のエントリー
初めての入院
サマータイム
七夕と花山の星空
アーカイブ
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650