山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年08月03日

体にしみついたラジオ体操

夏休みに入ると、どこの子供会も、まるで法律で定められている儀式のごとくラジオ体操を行います。例年なら、早朝6時30分に公園や広場に鳴り響く、小さなラジオの能力の限界を超えたフルボリュームの苦しそうなラジオ体操の音楽。今年は、まだ、聞いていません(今年はコロナの影響で、8月に入っても子供たちは普通に学校に通っています)。

私が子供の頃から、すでに子供会のラジオ体操はありました。私は寝坊助で、朝6時30分から始まるラジオ体操は苦痛でした。「なんで世の中にラジオ体操なんてあるんだろう」と恨みました。何回か遅刻、または欠席をしました。そのため、ラジオ体操の最終日、ご褒美の品をもらうとき、後ろめたい気持ちでご褒美のノート(今と違い、毎年毎年、地味な大学ノート2冊でした。しかも表紙に「参加賞」とゴム印が押してあります)をもらったことを思い出します。

DSC_0918%20%28002%292020.JPG時は流れ、20数年後、私の長男が4歳になったとき、まだ子供会に入会する年齢ではありませんでしたが、近くの小学校で行われていたラジオ体操に親子で参加しました。自由参加なのですが、家族旅行の時以外は毎回参加しました(親になると少しは立派になるもんだ…)。
長男が小学校に入学すると、私は子供会の役員を引き受けたので、ただ参加すればいいという立場から運営する側になり、ひと夏に4~5回くらい、当番(ラジオ持参、カードへのはんこ押し等)が回ってきました。私が所属していた子供会は、「超」が付くぐらい熱心でやる気のある保護者集団で、1年中大変楽しく充実した活動をしていました。そのためラジオ体操の実施期間も長く、3週間弱はやっていました。また、参加人数も多く、子供はもちろん、保護者、祖父母、近隣の住民など、多いときは100人くらい集まりました。

長男が小学校に入学した年から、長女が小学校を卒業する年までの11年間、子供会の役員を続けました。そのため、夏休みだけですが、自由参加の3年間+11年間=14年間、ラジオ体操を続けたので、ラジオ体操が体に染みついてしまいました。今でも、ラジオ体操の音楽さえ流れれば、順番を間違えずに、第1も第2も体操することができます。

若い頃は、ラジオ体操は「への役にも立たない」かったるい存在でした。しかし、55歳を過ぎた頃から、ラジオ体操は「気を抜くと怪我をする」甘く見てはいけない存在になりました。実によく考えてある体操だと、年を食ってから、しみじみ思います。全身の様々な部分をくまなく動かす工夫、年齢に関係なく誰でも無理なくストレッチする工夫、この体操を毎日行ったら健康寿命は確実に延びるだろうと勝手に持ち上げてしまうほどです。
でも、老齢の私にとって体操の「ジャンプ」は危険です。下手すると肉離れを起こしそうで怖いです。そのため、会社でラジオ体操をするときは、慎重にジャンプのまねをしていました。そんな時、偶然ですが「危険なジャンプ」を克服する技を開眼しました。腕をまっすぐ体側にくっつけて姿勢正しくジャンプするのではなく、「グー」を握った腕を肘から曲げて胸にくっつけ、ジャンプする瞬間は肘を軽く開き、降りるときは肘を閉める、まるで幼児がお遊戯をしているようにジャンプすると意外に安全に飛べます。よかったら試してみてください。(2020.8.3)

2020年08月17日

今年もやって来た暑い夏

今年は、例年になく梅雨明けが遅れ、山形県もようやく8月2日に「梅雨明けしたとみられる宣言」がありました。
7月は、「ずっと雨が降っていたんじゃないか」と錯覚するほど、晴れ間の少ない月でした。当然、梅雨特有の、肌にまとわりつく様な湿気の多い不快な暑さが続きました。「早く梅雨明けしてほしい」と、その時は思いましたが、梅雨が明けた途端、最高気温が35度前後の日が急に増え、「今までの暑さはほんの序の口。日本の夏をなめんなよ!」と言わんばかりの猛暑が続き、気楽に梅雨明けを願うのではなかったと、今更後悔しています。

今、地球温暖化のせいなのか、強烈な暑さの日が当たり前のように続きます。昔はもっと涼しかった? いや、暑い日は確かにありましたが、猛暑がこんなに毎日続くようなことはなかったと思います。また、日中暑くても夜はちゃんと涼しくなり、朝方は肌掛け布団ぐらいないと寒いくらいだったと記憶しています(私の「個人的な感想」です…)。

DSC_0923copy.jpg皆さんご存じの通り、山形市は74年間、日本の最高気温記録(1933年7月25日・40.8℃)を保持していました。1933年当時、私はまだ生まれてませんので当然記憶はありませんが、1978年8月3日(私が大学1年の時)に酒田市で40.1℃を記録した時のことは覚えています。その頃は、まだ日本で40℃を超えることはまれで、東北地方では1933年の山形市以来の40℃超えの記録でした。その日の山形市の最高気温は37.7℃でしたが、それでも燃えるような高温を経験したのは初めてだったので強烈に覚えています。暑さのあまり、蝉が何匹か落ちてきて、仰向けになった状態でもがきながら鳴いている姿に驚きました。また、夜になっても気温は下がらず、ドライサウナの中にいるような熱風の息苦しさが朝まで続きました。
翌年の1979年8月27日、山形市の最高気温は36.8℃でした。それほどたいした気温ではありませんが、その日は山形市北部の某鉄工所でアルバイトをしていました。工場の窓は全て開放されていましたが、溶鉱炉から溶岩のように真っ赤に流れ落ちてくる鉄と36.8℃の熱風のダブル攻撃の中で、次から次に運ばれてくる鋳型のバリ取りを黙々と続けました。作業着は、汗のためバケツで水をかぶった様な状態でした(以前聞いたことがあった通りに、水飲み場に塩が常備してありました。私は「そんなに塩分を取って大丈夫?」と思い塩はなめませんでした)。

今でもはっきり覚えている大学生の時の二つの暑さ。当時はめったにない「最高気温37.7℃と36.8℃」だったので記憶に残っていますが、今は猛暑日は当たり前になり、記憶に残るほど特別なことではなくなっています。昨年8月15日、鼠ヶ関で40.4℃を記録しました。すっかり忘れていました。昨年のことなのに、しかも40℃を超したのに、ネットで調べて「ようやく思い出す」程度です。ここ10年くらい、最高気温が37℃や38℃と報道されても、「ふつう~」と言う感じで受け流しています。このまま温暖化が続けば、10年後の天気予報では「今日は40℃を超す『超(チョウ)猛暑日』になるでしょう」という表現が日常茶飯事になるのでしょうか…。 

残暑が続きます。お体にご自愛ください。(2020.8.17)

2021年01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近のエントリー
今年もやって来た暑い夏
体にしみついたラジオ体操
アーカイブ
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650