山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年09月02日

September

9月になりました。英語で言うならセプテンバー。この「セプテンバー」から、個人的に一番先に連想するのは、アメリカのファンク(今は死語か?)グループ「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」の『セプテンバー』という曲です。1978年に発売された曲なので、かなり古いのですが、今でもテレビやラジオなどから流れてくることがあるので一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。巨人の阿部慎之助がバッターボックスに入るときの応援ソングに使われたり(実は私は知らなかった…)、映画『ナイトミュージアム』のエンディングテーマにも使われました。
私は、この『セプテンバー』が大好きなので、今もYouTubeで見たりすると止まらなくなってしまいます。楽しみ方は、本家の「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」の演奏を何本か見た後、いろいろな人が演奏しているのを見て、更に、この曲に合わせて踊るダンスパフォーマンスを見るという『セプテンバー』フルコースです。しばし、自分の年齢を忘れて、20歳になります。

さて、セプテンバーをネットで検索すると、結構「September11」という言葉が出てきます。皆さんご存じの通り、2001年9月11日にアメリカで起きた「同時多発テロ」のことです。
当時、私は県庁に勤務しており、いつもより少し早い午後10時過ぎに自宅に着きました。リビングのテレビに映っているのは、ビルの真ん中くらいから炎をあげている「ニューヨーク世界貿易センタービル(ツインタワー)」でした。はじめは、映画かドラマと思ったのですが、テレビ画面の「LIVE」を見て、とんでもないことが起こっているんだと事の重大さを理解しました。

DSC_0930copy.JPGこの件に関して個人的な思い出(?)を二つ書きます。
一つ目。「いつかニューヨークに行って見たい!」と思っていた私にとって、2本並んでそびえる世界貿易センタービルはニューヨークの象徴でした。大学時代に見た映画『ニューヨーク1997』で主人公のカート・ラッセルが人質救出のためグライダーで着地したのがこのビルでしたし、ニューヨークの摩天楼の中でも一際高くそびえているのがこのビルでした。「今から旅行で訪れても、もう見ることはできないんだ」「早く行けばよかった」と不謹慎にも残念に思ったことです。
二つ目。当時、天童の我が家は「毎日新聞」をとっていました。翌朝、9月12日のトップ記事は「国内初の狂牛病の疑い」でした。しかし、県庁に配達された毎日新聞のトップ記事は「同時多発テロ」で、燃えさかる世界貿易センタービルの写真が大きく掲載されていました。配達地区によって、印刷される「版」が違うことは知っていましたが、「狂牛病」と「同時多発テロ」の違いは、天童市と山形市の違い、「ド田舎」と「プチ都会」の差となって、私に精神的な落ち込みを与えました。唯一の救いは、河北町から来ている同僚のお宅も毎日新聞で、トップ記事が「狂牛病」だったのですが同僚は沈黙を守っていました。その後、私が「狂牛病」と「同時多発テロ」の違いを職場に触れ回ったことに安心したのか、「谷地も狂牛病でした…」とカミングアウトしたことでした。

9月は急激に夕暮れが早くなります。暑さは和らぐ分、なんかさみしい気持ちになります。いよいよ秋です。今年は、「天高く馬肥ゆる秋」を言い訳にしない、「スポーツの秋」にしたいと、今は心に誓っています。(2020.9.1)

2020年09月15日

自転車通勤レポート1

4月から自転車通勤を始めて約半年が過ぎようとしています。4月1日のブログでも予告しましたので、自転車通勤の様子を報告したいと思います(第1弾)。

はじめに、自転車通勤を実践した日ですが、車が必要な日と雨の日以外は結構なペースで実践しています。4月は12日、5月は13日、6月は10日、7月は1日、8月は6日。天候が順調だった6月第1週は月から金まで毎日自転車通勤でした(7月はドクターストップのため約1ヶ月ママチャリすら厳禁でした。8月は夏休みと監査のため自転車通勤の機会が減少しました)。
通勤コースですが、天童市内の大半は、JRの線路の東側を並行する、ほとんど車が通らない市道を通ります(天童南駅付近から免許センター通りの清池跨線橋まで)。天童市と山形市の境界である傾斜のきつい天山橋(立谷川)を越えると、果樹園脇の農道に逸(そ)れ、漆山踏切を東から西へ渡り、漆山駅前を通過します(それから先のルートは後日お知らせします)。

《自転車通勤に係る探究型学習1…プチ開かずの踏切》
自転車通勤二日目に「プチ開かずの踏切」に遭遇しました。
漆山踏切(漆山駅のすぐ北側)を渡る直前、「上り列車」が来たため警報器が鳴り遮断機が下りました。私は遮断機のすぐ目の前で列車通過を待ちました。しかし、列車が通過し終わっても遮断機は上がりません。「連続して『つばさ』でも来るのかな?」と漆山駅の方を見ると、今にもホームに停車しそうな「上り列車」の遙か彼方に、「下り列車」の姿を見つけました。その「下り列車」がホームに到着しても遮断機は上がりません。乗客が乗り降りしている時も遮断機は上がりません。ホームに到着して1分後、「下り列車」が発車し、のろのろと踏切を通過すると、ようやく遮断機が上がりました。結果的に、「上り列車」と「下り列車」の両方が踏切を通過する4分間ちょいの時間、足止めを食らいました。朝の4分は結構もったいないです。
DSC_0941copy.JPGそこで探究型学習(?)開始です。
【設定した課題】…「プチ開かずの踏切」を避けるにはどうすればいいか。
【課題解決の方法】…私が踏切に到着する時刻を様々変えてみる(原始的な、頭脳は使わず体を使った試行錯誤)&観察&ネット等による調べ学習。
【分かったこと】
①時刻表通りなら、8時16分頃に「上り列車」が踏切を通過し、すぐに遮断機は上がる。
②時刻表通りなら、8時19~20分に漆山駅で上りと下りの列車交換が行われる。
③時刻表通りなら、8時18分頃に「下り列車」が漆山駅に近づくと遮断機は下がる。「下り列車」が踏切を通過するまで上がらない(ホーム停車中も含め2~3分は遮断機は下がりっぱなし)。
④チャンスタイム:8時16分過ぎの1~2分間は踏切を渡れる。それを逃すと上記③となる。
⑤自転車通勤二日目に遭遇した4分間ちょいの「プチ開かずの踏切」は、たまたま「上り列車」が遅れたため、「下り列車」が漆山駅に近づく時間と重なってしまい、偶然に起こったようだ。

試行錯誤の結果、今は漆山踏切到着時刻8時16分を目標にし、毎回、順調に踏切を渡っています。まさに、体力勝負ともいえる探究型学習の賜です。(2020.9.15)

2021年01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近のエントリー
自転車通勤レポート1
September
アーカイブ
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650