山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年10月01日

「K」との遭遇

「あれは何だ! 犬?→でかすぎる→やぎ?(「崖の上のヤギ以来、ペットとして脚光を浴びている)→リードがついていないし放し飼いはありえない→あっ! カモシカだ!!」
令和2年9月20日午後5時。天童市街地の真ん中にそびえる舞鶴山の山頂駐車場入り口付近の道路上で、ついに(!)初めてカモシカと遭遇しました。

私のジョギングコースの一つに、舞鶴山山頂「おおけやき」のところの展望台を折り返すというのがあります。展望台に行くまでいろいろなコースを選択できるのですが、大抵は、ヤマザワ天童中央店近くの「天童公園登口」から登りはじめ、自動車が通れる道を、建勲神社、文学の碑(イザベラバードの文学碑もある)、山頂駐車場を経由して展望台に向かうコースを利用します。
舞鶴山の各コースは、坂道なので適度な運動負荷があり、かなり利用しますが、5月下旬から9月下旬まで利用しません。理由は「ヤブ蚊」です。きつい坂道をチンタラ走っていると、どこからともなくやって来て、数匹まとわりついて離れません。それがいやで暑い季節は避けています。

ようやく涼しくなってきたので、「ヤブ蚊」の引退を確認するため、久しぶりに走ってみました。文学の碑近くのトイレから山頂駐車場までの坂道(ジョギング爺〔ジジイ〕にとっては「心臓破りの坂」)を登り切ろうとしたとき、駐車場からバーベキュー広場へ、ゆっくり移動しているカモシカと遭遇しました。カモシカとの距離、約10m。

DSC_0957copy.JPG舞鶴山は、山頂駐車場も愛宕沼親水空間も、大型犬から小型犬までたくさんの犬が散歩をしている、「犬の銀座(ちょっと古い表現か?)」です。この日も、山頂駐車場付近には多くの人と犬がいたにも関わらず、道路には作業中のおじさんがいたにも関わらず、人目を気にせず、あまりにもゆったりと「犬の銀座」を歩いているカモシカを見て「一瞬、散歩中の犬」と錯覚しても不思議ではありません。その証拠(?)に、カモシカが目の前にいることをしゃべりたくてしょうがない私は、作業中のおじさんに「あれって、カモシカですよね…」と声をかけると、「このジジイ、何を言っているんだ。こんなところにカモシカなどいるわけないだろう。犬に決まっているだろう!」という感じで、反応は冷たく、しばらく無言でした。時間にして5秒、カモシカの移動距離にして6m。ようやく作業中のおじさんは「カモシカだなぁ」と独り言のように小さい声で反応してくれました。

カモシカの角は小さく若々しい感じがしたので、子どもから大人へ成長したばかりのカモシカと思われます。大きさは、ゴールデンレトリバーの1.5倍くらい、色は濃くも薄くもない茶色でした。目と目が合いましたが、お互い単なる通行人という感じでスルーされました。
舞鶴山でカモシカを見たという話は15年くらい前から聞いていました。番(つがい)と子どもの3匹がいるらしいという話も聞きました。「市街地にあっても、山は山。舞鶴山にカモシカがいてもおかしくはない」と思っていましたが、いざ本当に遭遇してみると、「やっぱりいたんだ」とテンションがあがり、話さずにはいられません。なので今回早速取り上げてみたのでした。
※追伸 スマホ(カメラ)を持たずに走ったのでカモシカの写真なし。代わりに、昔の人間将棋広場から文学の碑近くの斜面に大群生しているヒガンバナの写真を載せました。(2020.10.1)

2020年10月15日

熊野神社のお祭

かつて10月10日(東京オリンピックの開会式が行われた日)は祝日「体育の日」でした。2000年以降は固定日ではない10月第二月曜日となり、さらに今年から名称が「スポーツの日」に変更されました。

その10月10日の前日、10月9日は天童市久野本にある「熊野神社のお祭り」の日です。東京オリンピックの開会式を10月10日にしたのは、統計資料から晴れの日が多いから決めたと聞いています。従って、「熊野神社のお祭り」も晴れの日が多かったと記憶しています。
また、「明日も学校かぁー」という平日開催のお祭りは気分的にイマイチでしたが、「熊野神社のお祭り」だけは、必ず次の日は「体育の日」で休みだったので思い存分遊び回りました。小学校高学年や中学生になると、夕食後、またお祭りに出かけ、夜8時頃までフラフラしていました。

「熊野神社のお祭り」には多くの出店(でみせ)が並びます。一般的な神社の出店は、参道の両側に一列に並んでいるというイメージですが、「熊野神社のお祭り」の出店は迷路のような「激しい密」の状態が特色です。正方形に近い境内に、二重三重と出店が並び、境内のすべての場所が出店のテントで埋め尽くされるといっても過言ではありません。それを目当てに、多くの人が集まり、出店と出店の間の狭い通路はまともに歩けないほど「にぎやか」な状況で、小中学校の頃は、これがまた心のウキウキ感を刺激しました。

DSC_0964copy.JPG今は、お祭りで売っているようなものは1年中コンビニで買えますし、大型店は常に「にぎわい」を見せています。そのため、神社のお祭りといっても、山門に大きなのぼり旗が立っているので「お祭り」とわかりますが、出店などはまったくない、寂しい「お祭り」はめずらしくありません。
私が住んでいる地区の「加茂神社のお祭り」も同様で、出店はゼロです。熊野神社の神主である同級生が神事のために来てくれたとき、「熊野神社は相変わらずにぎやかだずね」と話しかけると、「いやいや。出店の数は結構減ってんのよう」とのことでした。
確かに、全盛期の比べれば出店の数も集まる人も少なくなっていますし、2000年から「祝日の前日」ではなくなりましたが、今でも、地元の住民だけでなく、日中から夕方にかけては小学生が、夕方から夜にかけては部活動が終わった中高校生が多く押し寄せ、相変わらずの「にぎわい」を維持しています。

残念なことに、今年はコロナのため出店は中止になってしまいました。夕方、神社に行って見ると、お参りに来る人もまばらで、巨木に囲まれた薄暗い境内は、寂しいよりは怖い感じでした。
コロナ収束後は、昔ながらの「にぎわい」を感じることができる数少ないお祭りとして、そして、私の子どもの頃の記憶をよみがえらせてくれる不変の景色として、「熊野神社のお祭り」が例年並みに復活することを祈っています。(2020.10.15)

追伸:写真はお祭り2日後の熊野神社の様子です。境内の真ん中に、社会科の授業でも教材として使わせてもらった国土地理院の「水準点(105.6m)」があります。

2021年01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近のエントリー
熊野神社のお祭
「K」との遭遇
アーカイブ
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650