山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2020年11月02日

自転車通勤レポート2

今回は、自転車通勤をより快適にするために買い換えた部品について報告したいと思います。

【ペダル編】
《高校生の時買った自転車》
「自転車通(つう)」のペダルには「トークリップ&ストラップ」という部品が取り付けてありました。ペダルと足をしっかり固定することでパワーロスをなくし、効率よく走るための部品です。「自転車通」を装って、私もつけていました(※トークリップ&ストラップとは、スリッパの前のつっかける部分がペダルについているといった感じの部品)。

DSC_0983copy.jpg《20代後半に買った自転車》
「ツール・ド・フランス」に魅せられて、ようやく普及し始めたビンディング式ペダル(その中でも格好つけてLOOKのペダル)を東京の自転車店から取り寄せました。スキーのビンディングのように、強く踏み込むと、シューズの底に取り付けた金具が「カチッ」とはまり、かかとを横にずらすと外れるという優れものです。乗り始めの頃は、「カッコイイ! グレッグ・レモンになったようだ」と大変自己満足をしていました(※グレッグ・レモン:アメリカ人初のツールドフランス総合優勝者。その後も2回総合優勝する)。
しかし、怖いことも徐々に経験し始めました。「立ちゴケ(交差点などでビンディングが外れず自爆〔転倒〕すること)」という業界用語があります。私も、「あれっ? 外れない」やブレーキをかけて停まったとき「やばい! 事前に外すのを忘れていた」という理由で「立ちゴケ」寸前の恐怖体験を何回かしました。

《50歳で買った自転車》
「立ちゴケ」の恐怖から、ビンディング式ペダルなど全く考えませんでした。買ったときついていた普通のペダルを今も使っています。

DSC_0984copy.JPG《最近》
ネットでたまたま見つけたビンディング式ペダルの記事=「とても楽です」「一度使ったらやめられません」などの甘い誘惑。「外しやすい」マウンテンバイク用のビンディングもあるという道具の進化。自転車通勤も慣れてきたし、通勤経路の大半は農道とJRの脇道だという言い訳。等々で、9月から、通勤で使用している自転車2台のうち、ロードレーサーのペダルをビンディング式ペダル(外れやすいマルチクリートタイプ)に変えました。
実際乗ってみての感想は「驚くほど調子いい! 楽にスピードに乗ってしまう!」です。『はめる』方は、まだ時々もたつきますが、『外す』方は、ちょっとかかとをずらすだけですぐに外れるので安心です。また、一時停止や交差点のかなり手前でビンディングを外すように心がけているので、今のところ「ヒヤッ」とする危ない場面には遭遇していません。ただ一回だけ、馬見ヶ崎の万歳橋のたもとで一時停止したとき「やばい! 外すのを忘れていた」と慌てて足をメチャクチャ動かしたら、「あれ? 外れた」という危機一髪の場面がありました。ネットの書き込みに「このマルチクリートは横にずらすだけでなく、『もがく』と外れます」というものがあり、「本当かなぁ?」と疑っていましたが、まさに『もがいた』ら外れたので、道具の進化はすごいと改めて思いました。

今回は個人的な趣味の話になってしまいました。(2020.11.2)

2020年11月12日

新聞配達

私は小学校6年生の1月から中学校2年生の9月までの1年8ヶ月間新聞配達をしていました。

やるきっかけは、友人が新聞配達を手伝い始めたことです(友人の兄が新聞配達をしていた)。夕刊配達だったので、学校から帰宅すると、遊び半分で、何人かの同級生と一緒に配達に付き合っていました。しばらくすると「本格的に配達をやってくれないか」と新聞販売所の店主から頼まれ、数名の同級生とともに夕刊配達(手伝いではなく一人ひとり配達地域が割り当てられた本格的なもの)を始めました。
1ヶ月後、同級生は次々と離脱していきましたが、私は配達先のいろいろな方から励ましの声をかけていただいていたことや、店主からの強い依頼もあり、断り切れずに続けました。
※小中学生の新聞配達は『労働基準法56条』により手続きを踏めば可能です。

部活動も始まるので中学校入学を機にやめようと思っていたのですが、「何人かの中学生も朝刊配達をしているのでやってくれないか」と店主に強く頼まれ、またまた断り切れずに朝刊にシフトを変えて新聞配達を続けました。
毎朝、5時に起床し、販売店に向かいました(1年8ヶ月で休んだのはボーイスカウトのキャンプの2日間だけでした)。約60軒分の新聞を数え、チラシを挟み込み(結構大変な作業です)、販売店を出発。配達を終えると直帰し、6時半前に帰宅。6時半からラジオの「基礎英語」を聴くという、自分で言うのも何ですが、絵に描いたような理想的な生活をしていました。

DSC_0975copy2.jpg新聞配達で一番辛かったのは、11月から12月末くらいまでの「雨」の日でした。
10月に入ると、朝刊配達の時間帯はギリギリセーフの明るさですが、11月になると結構暗くなり、12月になると朝刊なのに「夜間」配達のようになります。
本当に夜だと、9時頃まではほとんどの家は玄関や部屋の明かりがついていますが、朝は玄関の明かりがほとんどついてないので真っ暗です。そこに雨が降ると、まさに「暗黒の世界」となります(注:個人的な感想です)。
雨の日は、雨ガッパからしたたり落ちる雨粒がとても冷たく、自転車のハンドルを握る素手(雨で手袋が濡れると新聞をつかんだ時もっと濡れてしまうので素手でした)がかじかみました。
今は、雨の日の新聞は、1部ごと薄いポリ袋状態に包装されて配達されますが、私が中学生の頃はそんな物はありません。約60部の新聞全体を、厚めの大きなビニールで覆って、雨で濡れないようにして(新聞を守るようにして)移動し、新聞の束から1部を抜き取り、濡れないように素早くポストに入れる作業を、真っ暗な冷たい雨降りの中でやることは大変辛いことでした。
明確な目的があって新聞配達を続けたわけではありませんが、この貴重な体験は自分自身をとても強くしたと思っています(修学旅行で4日間休むことをきっかけに新聞配達を終了しました)。

今現在、毎朝、「ご苦労様」と心でつぶやいて新聞をポストから取り出しています。(2020.11.12)

2020年11月30日

自転車通勤レポート3

自転車通勤をより快適にするために買い換えた部品についての報告の第2弾です。

【サドル編】
「自転車乗り」なら、誰もが通過する「お尻痛」の問題。短時間なら問題ありませんが、長時間乗っていると、必ず「お尻痛」が起こります。一旦起こると、休憩等でだましても解消することはなく、頻繁に「立ちこぎ」をしてごまかすしかありません。

《タオル作戦》
高校2年生の夏に酒田市をベースにして庄内をツーリングをしました。天候との兼ね合いで、きついとわかって実行した二日間の強行日程。一日目は鳥海ブルーラインを鉾立(五合目)まで登り、象潟を経由して戻る。二日目は新潟県境に近い鼠ヶ関往復。その結果、鼠ヶ関からの帰路、由良坂あたりで「お尻痛」が我慢の限界を超えました。持っていたタオルをたたんでサドルにしき、だましだまし帰ったのですが、「タオル作戦」は全く効果なしでした。

《レーサーパンツ作戦》
自転車専用の服装に「レーサーパンツ」があります。ピチッとしたスパッツ(ハーフパンツが主)の股間部分に、スポンジ入りのパッドが縫い込んである代物です。初めて買ったのは、35年くらい前で、今と違い、パッド内側の直接肌に当たる部分の素材は「羊皮」でした。今は、通気が良い化学繊維素材で、パッドもスポンジだけでなく、ショックを吸収する「ゲル」 も入っています。
私のジジイ度が進んだ約10年前、2時間も乗っていると「お尻痛」が発生し、家にたどり着くまで大変だったので、人生2本目の「レーサーパンツ」を買いました(レースには出ません)。
『効果あり!』。100%解消されたわけではありませんが、半日くらいのツーリングでは、「お尻痛」に悩まされることはなくなりました。今年、新たに4枚追加購入し、自転車通勤の際も、かなりの頻度で「レーサーパンツ」を着用しています。

DSC_1000copy.jpg《知らなかった…サドルの進化》
今年の9月、東京の自転車販売店から届いた広告メールを開くと、「お尻の痛みが出にくいサドル」という画面がドーンと出てきました。そのサドルは、なんとサドルの中央部分に穴が開いているのです。この時、初めて「穴あきサドル」の存在を知りました。
調べてみると、かなり前から(10年以上か…)穴あきサドルは存在し、いろいろなメーカーが様々な穴あきサドルを作っていました(種類も多く、価格もピンキリです)。
9月、好天に恵まれた週に5日連続で自転車通勤したことがありました。レーサーパンツを着用していましたが、さすがに、ちょっとお尻に違和感を感じ、「やばいかな?」と思っていたそんな時に、この広告メールと出会ってしまったのです。早速、ネットで注文しました。
『穴あきサドル恐るべし!』。異次元の感覚。想像以上のフイット感。早く知っていれば…。今、「レーサーパンツ」と「穴あきサドル」で快適に自転車通勤しています。(2020.11.30)

2021年01月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近のエントリー
自転車通勤レポート3
新聞配達
自転車通勤レポート2
アーカイブ
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650