山形教育用品株式会社 - 豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。

山形教育用品株式会社 私たちは、豊かな郷土山形を愛する子どもたちのすこやかな成長を願っています。
現在の位置:トップ - 社長ブログ

2016年04月01日

よろしくお願いします

「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也」と暦便覧にあるそうです。清浄明潔、まさに「清明」の季節を迎えました。会社のすぐ近くを流れる馬見ヶ崎川原の草木の綠も、日に日に色濃くなっていくのを感じます。

初めてご挨拶申し上げます。去る2月の株主総会において、代表取締役社長に選任されました飯野恭伸(いいの やすのぶ)です。もとより、その任ではないと思っておりますが、役員、社員と共に手を携え、精一杯務めていきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。
また、長年にわたり、会社発展にご尽力いただき、2月をもって退任されました海老名会長、長塚社長には、深く感謝と敬意を表したいと思います。本当にありがとうございました。

1%20%28230x173%29.jpg山形教育用品は創業61年目を迎えました。創業当初から、「山形県教育の振興と発展に寄与する」ことを基本理念としてきた当社に席を置くこと、大変幸せなことと思っています。

教育用品とは、今から40年前、新採で最上地方の分校に勤務した頃からのつきあいになります。分校は毎年積雪が4メートル近くまでなる山間部にありました。夏でも4時頃になると、日差しが山の陰に隠れてしまうような谷あいでした。全校児童が33人でしたが、そんな少人数のへき地の学校に、毎週、教育用品の営業担当が来てくれました。注文数もわずかで、きっと大きな売り上げにはならなかったんだろうと思いますが、毎週欠かさず来校してくれることは大変ありがたかったものです。また、ストーブを囲んで、教育問題だけでなく、さまざまなことを談論することは、教員宿舎で一人暮らしする者にとっては大きな楽しみでした。

その頃から比べると、県内の学校数は三分の二にもなってしまいました。会社の営業担当が回る学校数も距離も少なくなりました。しかし、山形教育用品の使命は、回数はともかく県内全ての小中学校をくまなく回って注文をお聞きすることです。これからも、子ども達のため、先生方のため訪問させていただきたいと思います。

2%20%28230x173%29.jpg山形教育用品は「確かで、正直」な会社です。そのベースには、「信用」と「信頼」があります。「信用」はこれまでの実績や成果という、いわば過去の業績に対する「評価」です。「信頼」は将来の活動に対する「期待」です。子ども達の健やかな成長を願い、人と人とのつながり、会社と会社のつながりを深めていくことが、「信頼」を得ることになると思います。私たちは、これまでの「信用」を基に、これから将来にわたって、「信頼」される会社を目指していかなければなりません。
取り巻く状況は極めて厳しい中ではありますが、役員、そして、社員心一つにして「信頼」を積み重ね、確かで、正直な経営によって業績アップを目指していきたいと思います。
「任重くして道遠し」の心境です。皆様のお力添え、ご指導をいただきながら精一杯務めたいと思います。どうぞ、これからも山形教育用品に対しまして、温かなご支援、ご指導をよろしくお願いします。(2016.4.1)

2016年04月18日

読書を通して、子ども達に「生きる力」を

穀雨かな 世の一隅に 安らぎて (松本文子)

二十四節気の一つ「穀雨」の頃となりました。田んぼや畑の耕作準備が整い、それに合わせるように、柔らかな春の雨が降る頃とされ、この頃より変りやすい春の天気も安定し日差しも強まる季節になるそうです。

011%20%28220x161%29.jpg自宅から西に5分も歩くと、一面の田んぼが広がります。圃場整備が進んで、直線で区切った形のよい田んぼが遠くまで続いています。同じ長方形の形をした田んぼですが、夕暮れ時に歩くとなぜか日本の原風景を感じるような懐かしさを覚えます。
そんな田んぼも、まもなく田おこし、代かきが始まります。一雨降れば、まさに「穀雨」そのものです。子ども達にも、季節の移り変わりを通して伝えていきたい言葉の一つです。

さて、会社では春の商戦も一段落し、学校図書館用図書を紹介する「山形県学校図書展示会」の準備に入っています。県内5会場で開催される展示会は、今年で46回を数えます。まさに、当社の歴史と伝統を感じさせる事業です。
各会場、子ども達に読ませたい本やアクティブ・ラーニングに活用できる本、また、先生方の指導にお役に立つ本など、約一万冊の図書を厳選して展示します。さらに「YBC本の森たんけん」や「全国青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書も展示します。

実際に本を手にとって読んでみることは、極めて大事なことだと思います。本の大きさや文字の大きさ、色使い、紙の質など、すべて手にとってみなければ実感できるものではありません。それは、子ども達が実際に読む場面の指導に大きく影響します。

子ども達の読書傾向についての調査「学校読書調査」が、毎年、全国学校図書館協議会と毎日新聞社共同で実施されます。昨年度で61回を数える調査結果を見ると、意外に読書離れは進んでいないことが分かります。小中学生だけ見ると、一ヶ月の平均読書冊数は多少の増減はあるものの増加傾向にあります。問題は、一ヶ月間、一冊の本も読まなかった「不読者」の存在です。中学生は減少したものの、小学生、高校生は増加しています。高校生にいたっては、実に52%が一冊も読まない不読者です(文化庁の「国語に関する世論調査」によると、大人も同じような数字ですが…)。

007%20%28220x165%29.jpg今、本を読む子と読まない子の二極化が進んでいると言われます。「読書格差」という言葉もあります。これから自分の人生を切り拓く子ども達が生き方を学ぶ場は、家庭、学校、地域社会であることはもちろんですが、読書を通して「生きる力」を育むことも多いと思います。

わたしたち山形教育用品は、自分を見つめる、人や自然、社会とのかかわりを学ぶ、生きていくうえで大切なことを感じるといった、人が生きていくうえで大切にしなければならないことを、読書を通して学んで欲しいと願っています。
「山形県学校図書展示会」は、そのお役に立てる事業であると思います。ぜひ、学校の先生方のみならず、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんの来場をお待ちしています。ぜひ、いらしてください。
(2016.4.18)

2017年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のエントリー
読書を通して、子ども達に「生きる力」を
よろしくお願いします
アーカイブ
2017年09月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年02月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年04月
2010年03月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
2007年12月
お問い合わせ
山形教育用品株式会社
TEL.023-681-3636
FAX.023-681-3650

トップページ  個人情報保護方針  このサイトについて COPYRIGHTS (C) 2007 山形教育用品株式会社 ALL RIGHTS RESERVED.
TEL.023-681-3636 FAX.023-681-3650